旅行

東京から佐賀への格安な行き方を徹底比較【飛行機でOK】

こんにちは、大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。

旅と鉄道と仮想通貨を愛していまして、小学6年生の頃から日本各地を旅しており、ヒッチハイクで北海道と東日本を一周した経験があります!

 

東京から佐賀への安い行き方を知りたい犬
東京から佐賀への安い行き方を知りたい犬
東京から佐賀への安くて早い行き方を知りたいワン…

 

今回の記事では、上記のような疑問にお答えしていきます。

佐賀はもちろん、長崎にも何回か行ったことがありますので、格安で行く方法を熟知しています!

結論言いますと、東京から佐賀までは「飛行機」で行くのが最もオススメで、交通費を片道数千円台にまで抑える方法も存在します!

本記事中でしっかり解説していきますので、是非最後までご覧くださいね!

東京から佐賀まで最もオススメなのは「飛行機」だ!

移動手段を選ぶ際は「安さ」「速さ」「快適さ」がポイントになりますが、その3点を総合的に評価すると、東京から佐賀までは「飛行機」が最もオススメです!

東京から佐賀までは「新幹線」で行くことも可能ですが、「所要時間」と「交通費」を考慮すると、圧倒的に「飛行機」の方が推せます。

東京〜佐賀 新幹線vs航空機(片道)

・新幹線 交通費:24,760円 所要時間:7時間前後

航空機 交通費:16,000円前後 所要時間:2時間前後

※新幹線は東京駅〜佐賀駅の最安値、航空機は成田空港〜佐賀空港の場合

両者を比較してみると、飛行機の方が新幹線よりも約8000円ほど安く、所要時間も5時間以上短縮することができます!

これで飛行機を利用するメリットはお分りいただけたかと思いますが、「航空券の価格を更に安く抑える裏ワザ」がありますので、そちらもご紹介していきますね。

東京から佐賀までは「格安航空(LCC)」がオススメ!

ANAやJALなどは「一般航空会社」と呼ばれていますが、それに対して「格安航空会社(LCC)」という会社も存在しています!

LCCを利用することで、ANAやJALなどの一般航空会社を利用するよりも、費用を大幅に抑える事が可能なんです!

東京から佐賀までの「一般航空」と「格安航空(LCC)」の値段をざっくりと比較して見ました。

東京から佐賀 一般vs格安

・一般航空:12,000円〜16,000円前後

・格安航空:7,000円前後

時期によっても変動はありますが、東京から佐賀までの「一般航空」と「格安航空」の価格差はだいたい「5,000円前後」となっています!

5,000円も安く行ければ、その分佐賀で美味しいグルメを堪能できるので、最高です。

東京から佐賀間は「春秋航空(Spring Japan)」という格安航空が就航していますので、そちらを利用するようにしましょう!

また、格安航空は羽田空港を発着していませんので、「成田空港」を利用する必要があります!

羽田を利用する場合よりは移動に手間がかかってしまいますが、東京駅から「1,000円」で成田空港までいける直通バスも出ていますので、そちらを利用すれば快適に成田まで行くことが可能です。

→東京〜成田空港間の高速バスをチェック

LCC(格安航空)が安い理由

一般航空と比較すると、格安航空(LCC)は圧倒的に安いです。

ただその安さ故に、

旅人
旅人
確かにLCCが安いのは理解できた。けどいくらなんでも安すぎないか…事故る確率とか高くなりそうだし、ちょっと不安だな…

上記のような疑問を抱く方も多いのではないでしょうか?

実際に自分がLCCの存在を知った時も、『これマジで利益大丈夫なの!?事故ったりしないよね!?』なんて思っていました。

結論、LCCにそのような心配は全くありません!

LCCは、一般航空会社が行なっていない「様々なコストカット策」を導入しているために、格安でチケット提供することができているんです!

格安航空のコストカット策

・席数を増やすことによって一度に輸送する人数を増やしている

・駐機時間を短くしている

・無料サービスを少なくしている

・人気の空港に就航するのを避けている

このような背景があるからこそ、LCCは格安で運行できているんです!

一般航空比べると、「成田空港まで行かないといけない点」などが懸念されますが、サービスに関しては特に一般航空と大きな変化はありません。

もちろん、一般航空と同じように安全性は抜群ですので、心配せず安心して空の旅を楽しむことが可能です!

格安航空券予約なら「エアトリ」がオススメ!

東京から佐賀までの格安航空券予約は、航空券予約サイト「エアトリ」を利用するのがオススメです!

僕もエアトリを利用して航空券予約を行なっているのですが、エアトリには旅人には嬉しい「様々なメリット」が存在しているんです!

エアトリのメリット

・24時間365日、オンライン上ならいつでも航空券を予約することができる

行き先と日付を入力すれば、瞬時に「一般航空」と「格安航空」の価格差を把握することができる

入金前に限って、航空券のキャンセルを無料で行うことができる!

エアトリの最も大きなメリットは「入金前に限って航空券キャンセルが無料」という点。

旅行が好きな方は特にですが、「航空券予約しちゃったけど、日程変更するかもな、どうしよう…」という経験が一度はあるのではないでしょうか…?

そんな時も「エアトリ」なら入金前に限ってキャンセル料が無料。

格安航空(LCC)はその破格さ故に、予約が埋まってしまうのがかなり早いので、日程が決まった時点で仮予約できるのは非常に嬉しいですね!

\浮いたお金でプチ贅沢/
▶︎エアトリでLCCを予約【割引あり】

東京から佐賀までの移動手段一覧

上記でも解説した通り、東京から佐賀までの最もオススメな移動手段は「飛行機(格安航空)」で間違いありません。

ただ東京から佐賀の場合は、飛行機以外にもたくさんの移動手段があります!

東京から佐賀の移動手段一覧

①飛行機(格安航空)

②新幹線+在来線特急

③在来線(青春18きっぷ)

④夜行バス

⑤長距離フェリー

東京から佐賀への行き方② 新幹線+在来線特急

新幹線+特急の交通費・所要時間

・東京〜佐賀(乗車券):14,290円

・東京〜博多(指定席特急券):9,130円

・博多〜佐賀(指定席特急券):1,340円

交通費合計:24,760円

所要時間合計:約5時間30分

東京から佐賀県までは、「新幹線+在来線特急」を利用することも可能です。

東京から九州の博多までは「東海道・山陽新幹線」が通っているので一本で行くことができ、博多からは在来線特急の「みどり号」が佐賀まで通っています!

合計費用は「約2万5千円」となっており、飛行機と比較すると圧倒的に割高ですね…

新幹線の場合は「空港に行く必要がない」などのメリットがありますが、所要時間と交通費を見てみると、やはり格安航空で行くのが最も良さそうです。

ただ、東京から佐賀はキロ数がありますので、以下のような割引を適用することも可能です。

新幹線+特急の割引

「往復割引」→片道601km以上でかつ往復利用の場合、行き帰りそれぞれ運賃が1割引になる。

「学生割引」→学生で片道101km以上の場合、運賃が2割引になる。

東京から佐賀までのキロ数は「1200km以上」ありますので、上記のような割引を適用することも可能ですが、適用したとしても片道2万円前後が良いところです。

結論、東京佐賀間の新幹線+特急移動はあまりオススメすることができません…

日本旅行の「ホテル&JR往復」が激安!

鉄オタ
鉄オタ
うーん、高いけど新幹線好きだし陸路で佐賀まで行きたい…どうにかして安く行く方法ないの…?

上記のような方に朗報でして、東京から佐賀まで新幹線を使って「激安」で行く方法が存在します!

それは、日本旅行の「JR+宿泊パック」を利用することです!

JR+宿泊パックって?

「往復JR+ホテル」の料金がセットになったツアーパックのこと。

ツアーパックといっても、「往復JR+ホテル」のプランを購入して各自で行くような形なので、行程の縛りなどはなく、最初から最後まで完全に自由行動です。

ツアーというと「添乗員が誘導して…」「決まった観光地に行って…」というのを想像しますが、全くそんなことはありません!

上記のように、東京から佐賀間の往復JR+宿泊プランの最安値は「36,600円〜(時期によって変動)」となっており、かなりの破格さです。

東京から佐賀間の新幹線+特急の片道費用が「約2万5千円」なのを考えると、往復利用だけで十分元が取れてしまうんです!

・ツアーパックは21日前に予約する必要があります。

・時期によって価格が変動する可能性があります。

ツアーパックは前もって予約を行う必要がありますが、それでもコストパフォーマンスは抜群です。

新幹線で行きたい方は圧倒的に「JR往復+宿泊ツアーパック」を利用するのをオススメします!

\格安で新幹線移動するなら/
▶︎日本旅行の「JR往復+宿泊パック」を予約

東京から佐賀への行き方③ 在来線(青春18きっぷ)

青春18きっぷって?

・JR各社が季節限定(春・夏・秋)で発売するフリーきっぷのこと。

・5回分(5日分)綴りで発売され、お値段は11,850円。

・1回分につき丸1日、全国JR全線の普通列車・快速列車が乗り放題になるので、実質1日「2,370円」で乗り放題!

青春18きっぷは、多くの鉄道ファンや旅人から愛されるフリーきっぷです!

1回分につき1日、つまり1日実質「2,370円」で全国の普通列車・快速列車が乗り放題になるんです!

ただし青春18きっぷは「5回分で1枚」で発売されていますので、1日分単位のバラで購入する場合は「オークション」や「金券ショップ」で購入すると良いですよ!

ひろき
ひろき
金券ショップだと値段が張ってしまうので、Twitterで「青春18きっぷ 1回分」などでエゴサして直接売り手を見つけるのも効果的ですよ!僕はそうしてます!

青春18きっぷの1回分(1日分)は始発から終電まで有効ですので、1回分をフル活用するためには、上記のように東京を始発で出発し、1日中ローカル線を乗り継ぎまくるのが有効的です!

東京を始発で出発して終電まで乗り継げば、その日のうちに九州の「小倉」あたりまで行くことが可能。

残念ながら佐賀まで「青春18きっぷ」のみで1日で行くことは不可能ですが、2日間(つまり2回分約5,000円)もあれば十分に佐賀まで行くことができます!

宿泊費を含めると、青春18きっぷを用いれば佐賀まで「1万円」ほどで行くことが可能です。

18きっぷは途中下車も可能ですので、東京から佐賀の間にある「京都」「大阪」「博多」などで観光しつつ、佐賀まで行くこともできますよ〜!

⬇︎青春18きっぷに関してはコチラ⬇︎

青春18きっぷの買い方や使い方、2018年の最新情報を徹底解説します!大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 今年で一人旅歴は9年目になります。 今回の記事で...

東京から佐賀への行き方④ 夜行バス

夜行バスの交通費・所要時間

東京〜博多(夜行バス):9,000円〜13,000円前後(時期によって変動)

博多〜佐賀(在来特急):2,450円(乗車券・指定席特急券込)

交通費合計:13,000円前後

所要時間合計:約17時間

東京から佐賀までは「夜行バス」で移動することも可能です。

ただし東京から佐賀県までの直通夜行バスはありませんので、東京から「博多」までの夜行バスに乗車し、そこから特急列車で佐賀まで移動する形になります!

東京から博多までは夜行バスで「16時間」ほどかかり、圧倒的に疲労が蓄積します。

僕も広島〜東京間を夜行バス移動したことが経験があるのですが、揺れと狭さでほとんど寝ることができませんでした。

ですので、あくまでも夜行バスは「飛行機の補完的な役割」として考えるべきですね。

飛行機が満席になってしまった場合などの手段として考えるのが良いかと思います!

東京から佐賀への行き方⑤ 長距離フェリー

あまり知られていないかと思いますが、東京から九州間は「長距離フェリー」で移動することも可能です!

東京から北九州までは「オーシャン東九フェリー」という長距離フェリーが就航しているんです。

オーシャン東九フェリーって?

・東京〜徳島〜北九州を結んでいる長距離フェリー。

・東京から北九州までの所要時間は約36時間ほど。

・片道の交通費は、最も安い2等洋室で「18,000円」ほど。

移動時間・所要時間共に飛行機には劣っていますが、面白さ・ユニークさで言ったらフェリーでの移動は非常にオススメできます!

僕個人では「新日本海フェリー」「太平洋フェリー」に乗車経験がありますが、普段から陸地にいる私たちにとって航路での移動はなかなかに新鮮です!

ただしオーシャン東九フェリーは「北九州」までの就航ですので、佐賀まではそこからJRでさらに移動する必要があります。

約36時間の長時間移動だけあって、船内設備も非常に充実しているんです!

船内設備

・売店

・エントランスホール

・リラクゼーションスペース

・大浴場(オーシャンビュー)

・展望デッキ

お風呂もしっかり完備しているので、快適に2日間弱過ごすことが可能です。

太平洋をのんびり眺めながら海を旅するのも、なかなかに新鮮ですので、フェリーも是非検討してみて下さいね!

→オーシャン東九フェリーをチェック

東京から佐賀への行き方番外編 ヒッチハイク

ヒッチハイクのメリット

・行動力、決断力が身につく。

・色々な人と知り合うことができる。

・交通費がほとんどかからない。

特に学生さんに関しては、ヒッチハイクを通して色々な人と出会うことができますし、貴重な経験ができるかと思います。

僕自身、高校2年生の頃にヒッチハイクを初め、大学2年生の夏にはヒッチハイクで「東日本&北海道一周」を達成しています!

ヒッチハイクでは「自衛隊」「警察官」「社長」など様々な人に乗せてもらい、色々なお話を聞くことができました。

貴重な経験になるかと思いますので、是非検討してみて下さい!

ちなみに僕は「北海道&東日本一周ヒッチハイク旅」を2週間弱ほどで達成することができたので、東京から佐賀までは急ぎであれば2日間ほどで行けるかと思います!

⬇︎金欠大学生がヒッチハイクをすべき理由はコチラ⬇︎

金欠暇人大学生がヒッチハイクをすべき6つの理由【ヒッチ歴5年の大学生が解説】みなさんこんにちは! 夏休みに入りましたが、大学生の皆さんはいかがお過ごしですか? 『飲み会やサークルの合宿などでお...

⬇︎ヒッチハイクをする際のオススメ宿泊スポットはコチラ⬇︎

【格安宿】ヒッチハイク中に格安で宿泊する7つの方法をご紹介!ヒッチハイクは、ほぼお金をかけずに移動することができるので、 『できれば宿泊費も抑えてヒッチハイクを楽しみたい!』 ...

【まとめ】東京から佐賀までは「飛行機」が最も良い

結論、やはり東京から佐賀間は「格安航空(LCC)」で移動するのが最も安くて早くてオススメです!

ただし格安な分予約が埋まるのが早いので、前もって予約をするようにしましょう!

格安航空の他、ユニークな移動手段を用いたい方は「オーシャン東九フェリー」「青春18きっぷ」「ヒッチハイク」なども是非検討してみて下さいね!

\浮いたお金でプチ贅沢/
▶︎エアトリでLCCを予約【割引あり】

⬇︎東京から鹿児島までの格安な行き方はコチラ⬇︎

東京から鹿児島まで格安で行く方法を徹底解説!【間違いなく飛行機】みなさんこんにちは、大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です! 旅と仮想通貨と音楽が好きで、小学6年生の頃...

⬇︎東京から博多(福岡)までの格安な行き方はコチラ⬇︎

【格安】東京から博多(福岡)の安い行き方を徹底解説!【飛行機でOK】こんにちは、大学生ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 小学生の頃から一人旅をはじめて、かれこれ今年で9年目...

⬇︎東京から長崎までの格安な行き方はコチラ⬇︎

【格安】東京から長崎までの格安な行き方を解説!【飛行機vs新幹線】みなさんこんにちは、大学生旅×音楽×仮想通貨ブロガーのひろき(@guitar_journey_)ですっ! ...