旅行

東京から札幌までの格安な行き方を徹底解説【飛行機vs新幹線vsバス】

みなさんこんにちは、大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です!

旅と音楽と仮想通貨を愛していまして、一人旅歴は9年、ヒッチハイクで北海道と東日本をぐるっと1周した経験もあります!

 

ポメラニわん
ポメラニわん
東京から札幌までの一番安い行き方を教えて欲しいワン!

 

今回の記事では、上記のような疑問にお答えしていきます!

東京から北の大地の中心地「札幌」までの移動手段は山ほどありますが、その中でも費用に格安で行くことができる方法をご紹介します!

因みに、自分は北海道の自然・風景の虜になってしまい、高校2年生の冬に「JR北海道全線乗車」を達成しています\\\\٩( ‘ω’ )و ////

東京から北海道に行った回数は数十回に上り、札幌まで陸路・空路・航路など様々な手段で行った経験がある自分が、東京から札幌までの格安な行き方を解説します!

東京から札幌まで最もオススメな行き方は「飛行機」

結論から言いますと、東京から札幌までの格安な移動手段は「飛行機」になります!

…と言っても非常にありきたりな回答になってしまうので、飛行機がオススメな理由・根拠を解説しますね!

飛行機がオススメな理由

・何より早いので疲れない(約1時間半)

・中継地点の食費・宿泊費がかからないので、結果的に安くなる

飛行機を利用した場合、東京から札幌の場合は1時間半で到着することができますので、移動で疲れることはほとんどありません。

ですので、初日の朝起きて空港へゆき、札幌(新千歳空港)についてすぐ観光することができますので、1日の時間を有効活用することができます!

 

一方で、「新幹線」「在来線」「夜行バス」などを使った場合、飛行機と比較すると倍以上の移動時間がかかってしまいますので、到着した時点で圧倒的に疲労が蓄積してしまいます。

さらに、移動時間が長い分中継地点で食事を取り、場合によっては宿泊もしなければならなくなってしまいます。

移動中の食事・宿泊を楽しみたいのなら良いのですが、目的が「札幌や北海道」の場合、結果的に費用が高くなってしまいます。

ですのでやはり「飛行機」が最もオススメです!

ひろき
ひろき
飛行機を利用する際の「ちょっとしたコツ」について解説しますよ〜!

航空会社は「格安航空(LCC)」を利用するべし!

上記で「ある事を知っておくだけで、運賃が20〜30%引きになる可能性がある」と述べましたが、その”ある事”とは、「格安航空(LCC)を利用する」ということです!

私たちが一般的に利用する「ANA」「JAL」などの航空会社は「一般航空会社」と呼ばれています。

それに対して、「ジェットスター」「バニラ・エア」などは「格安航空会社(LCC)」と呼ばれていまして、一般航空会社よりも格安で利用することができます!

上記の画像は「エアトリ」という航空券予約サイトの予約画面です。

格安航空であれば上記のように、東京(成田)から札幌(新千歳)間がなんと5,000円台!

飲み会を2回ほど我慢すれば十分に札幌まで飛べてしまうんです!

因みに、東京(成田空港)から札幌(新千歳空港)間を運行しているLCCは、以下の3つになります。

東京から札幌のLCC

・ジェットスター(Jetstar)

・バニラ・エア

・春秋航空(スプリングジャパン)

格安航空(LCC)は羽田空港を離着陸していないので「成田空港」から搭乗する必要がありますが、東京から成田空港までは「1,000円」で利用できる直通バスもありますので、問題ないでしょう!

 

確かに格安航空は安いけど、事故とか起きやすいんじゃないのかな…不安だな…」と思う方もいると思いますが、安全性に関しては全く問題ありません!

格安航空(LCC)は「コスト削減のための様々な取り組み」を行なっているが故に、この破格さを実現できているのです!!(破格さの理由については、後述しています)

LCCは非常に安い分、満席になるのも早いので、フライトの予定が決まったらなるべく早く予約することをオススメします!

\浮いたお金でプチ贅沢/
▶︎エアトリで格安航空を予約【割引あり】

格安航空(LCC)が安い理由

トゲ太郎
トゲ太郎
LCCは安すぎて心配になるズラ…怖いズラぁ…
ひろき
ひろき
LCCは「様々なコストカット策」を導入しているから、一般航空よりも安いんだよ〜!安全性は全く問題ないよ!

格安航空(LCC)は一般航空と比較すると様々な「コストカット策」を導入していまして、そのおかげで格安で航空券を購入することができるんです!

LCCのコストカット

・人気の空港を避けている

・無料サービスを撤廃している

座席数を増やし、一度に輸送する人数を増やしている

・ネット予約に移行して人件費を削減している

・車内設備を簡素化している

上記のようなコストカットを導入しているため、一般航空と比較して割安な価格で利用することができるんです!

決して「事故る確率が高い」とかそういうのではありませんので、ご安心くださいっ!

これなら、格安航空が安いのも納得できます。

ひろき
ひろき
格安航空を使って浮いた分のお金で、現地で美味しいものでも食べよう!
トゲ太郎
トゲ太郎
賛成ズラっ!! 

\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリで格安航空を予約【割引あり】

東京から札幌までの行き方・移動手段一覧

「速さ」「安さ」「快適さ」の観点から総合的に判断すると、札幌まで最もオススメな移動手段は圧倒的に「飛行機」です。

ただ飛行機以外にも移動手段はたくさん存在していますので、それぞれ見ていきましょう!

東京から札幌への行き方

飛行機(成田or羽田〜札幌)

②新幹線+在来線特急(東北・北海道新幹線+特急)

③在来線(青函トンネル区間のみ新幹線利用)

④夜行バス+フェリー

⑥ヒッチハイク(青森〜函館間は別の移動手段)

東京から札幌までの行き方② 新幹線+在来線特急

飛行機と同じくオーソドックスな行き方は「新幹線+在来線特急」というルート。

飛行機で行くよりも時間と費用がかかるので、もはや格安でもなんでもありません()

完全に「鉄道が好きな人向け」のルートになりますね!

新幹線&特急の費用

・東京〜札幌間の乗車券:約14,000円

・東京〜新函館北斗の指定席特急券:約11,000円

・新函館北斗〜札幌までの指定席特急券:約1,500円

計:約26,500円

学生の方は、学割を利用することで運賃を2割引にすることが可能ですが、それでもせいぜい2万円代前半。

これなら圧倒的に格安航空(LCC)を利用した方がおトクですね〜…

新幹線+特急なら「日本旅行のツアーパック」が安い

俺は鉄道が好きだから新幹線で行きたいんだよぉおぉ!!」という方必見!

日本旅行の「ツアーパック」を利用すれば、札幌までの乗車券・特急券がかなり割安になります。

「JR往復+宿泊プラン」という形式で申し込む必要がありますが、東京〜札幌往復とホテル宿泊込みの最安値で「35,000円台(2019年2月時点)」とかなり破格。

新幹線+特急の往復で元が取れてしまうどころか、15,000円ほどお得なんです!

ツアーパック」という名称ですが、ガイドさんがついて観光案内がされるわけではありません!

新幹線で札幌まで行きたい方は、是非チェックしておきましょう!

\新幹線乗るなら/
▶︎日本旅行でツアーをチェック【格安】

東京から札幌までの行き方③ 在来線(青春18きっぷ)

東京から札幌間は、在来線を用いても移動することができます!

「在来線」というのは新幹線でもなく特急列車でもなく、私たちが普段通勤・通学などで利用する「普通列車・快速列車」ですので、正直疲れます()

自分みたいに鉄道が好きなオタ野郎は数時間のぶっ続け乗車は余裕なのですが、一般の方には堪えるでしょう。

硬い座席にすわりっぱなので、痔とお友達になる可能性もアリ。僕は中学生の頃から痔とお友達、いや大親友ですあ

 

とはいえ、各地をぶらぶら旅をしつつ札幌まで行きたい方にはオススメ。

普通に東京から札幌までの乗車券を買うと、一般航空の航空券を買うのと同じくらい高くなるので、ここではJRが発売する「青春18きっぷ」を使います!!!!!!!!!

ひろき
ひろき
この2つのおトクなきっぷはマジで最強。僕はこの2つを使って数十回は北海道に行きましたよ!!
トゲ太郎
トゲ太郎
興味津々ズラ!!! 

こちらが「青春18きっぷ」というもので、JRが期間限定(春・夏・冬)に発売するおトクなきっぷです!

あ、因みに青春してない非モテの方でも18歳じゃないおじさんとかでも使えます!!

概要をざっとまとめるとこんな感じになります!

18きっぷってなんやねん

・春夏冬の季節限定で発売されるきっぷ。

・5回分1枚(分割不可能)で販売され、お値段破格の1枚11,850円

・1枚につき1日、JR全線の普通列車・快速列車が乗り放題!!!(実質1日2,370円)

「JR全線」ですので、北海道やら本州やら関係なく、1日換算2,370円で普通列車乗り放題なんです!

(因みに金券ショップやオークションで、18きっぷをバラで購入することも可能です!)

ただし、青森〜函館間の「青函トンネル」間は特急列車しか走っていませんので、別途で特急列車に乗車することができる「青春18きっぷオプション券」を購入する必要があります!

東京から札幌までのルートをおさらいすると、以下のような感じになります。

東京から札幌「在来線」

【1日目】東京(始発)→(在来線)→青森(22時)→宿泊

【2日目】青森→(新幹線)→新函館北斗→(在来線)→札幌

在来線の費用

交通費:約10,000円(青春18きっぷ×2・北海道新幹線オプション券・青い森鉄道といわて銀河鉄道)

+α:宿泊費等

岩手県の盛岡駅〜青森駅までは「いわて銀河鉄道線・青い森鉄道線」という第三セクター(私鉄)を経由するので、その分の乗車券が別途必要となります!

盛岡〜青森の区間は自分が小学生くらいの頃は「JR東北本線」だったのですが、数年前に3セク化(私鉄化)してしまったので、お金がかかりますw

 

ほとんど在来線を利用して札幌まで向かいますので、それなりに時間がかかります。

ですので宿泊費等はかかってしまいますが、東北の風景を見つつぷらぷらしながら札幌に向かいたい方にはオススメです!!

ただし、青春18きっぷで北海道新幹線に乗るための「北海道新幹線オプション券」は、乗り継ぎに時間がかかってしまっていて「不便だ」という声も多いです。

実際、乗り換えで3時間とか普通に待たされるので、ちょっと使いずらいです。

ですので、青函トンネルの区間は「青函フェリー(青森〜函館)」で代用するのも大いにアリです!

ひろき
ひろき
僕が数年前に青函フェリーに乗った時は、片道2,500円で乗れたんやで!!!
トゲ太郎
トゲ太郎
格安で最高ズラ!

青春18きっぷは期間限定ですので、利用日に注意しましょう!

▶︎利用日を確認する(JR東日本公式サイト)

青春18きっぷが設定されてない期間は、残念ですが青春18きっぷを使って札幌まで行くことができません。

東京から札幌まで普通乗車券を購入すると、軽く青春18きっぷ10回分の値段くらいするので、それなら航空機(LCC)を利用するのが良いです!

トゲ太郎
トゲ太郎
ところで、青春18きっぷにきったなくペタペタ貼ってあるスタンプは何ズラ?
ひろき
ひろき
…これは「下車印」って言って、どこで下車したかわかるスタンプよ!下車した時に「下車印ください!」って駅員さんに言えば押してもらえるよ!

⬇︎青春18きっぷについての詳細はコチラ⬇︎

青春18きっぷの買い方や使い方、2018年の最新情報を徹底解説します!大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 今年で一人旅歴は9年目になります。 今回の記事で...

東京から札幌までの行き方④ 夜行バス+フェリー

画像:https://www.orion-bus.jp/bustype/type/bustype07.php

 

夜行バス+フェリー」という組み合わせでも、東京から札幌まで行くことが可能です!

夜行バス+フェリー

東京→夜行バス→八戸(青森県)

八戸(青森)→フェリー→苫小牧(北海道)→在来線→札幌

上記のようなルートになりますね!

青森県八戸市から北海道苫小牧市までは「シルバーフェリー」が就航しており、八戸から8時間ほどで苫小牧まで行くことが可能です!

夜行バス+フェリーの費用

交通費:約11,000円(夜行バス・フェリー・苫小牧〜札幌間の在来線)

ただしこのルートは夜行バスを使いますので、割と消耗するでしょう。

その反面、飛行機などで行くよりかは圧倒的に面白みのあるルートです!

特に面白いのが、八戸から苫小牧間のシルバーフェリー。

船内には売店やエントランス、レストラン、さらにお風呂まで用意されていまして、まるで海の上に浮かぶ異空間のよう。

特にフェリーのお風呂は海が一望でき、船の揺れで浴槽のお湯が面白いほど「ザパ〜〜〜〜ッ」と揺れます。超楽しいです。

移動に面白さを求めるなら、夜行バス+フェリーもアリです!

ひろき
ひろき
仙台から苫小牧まで「太平洋フェリー」ってうのも出てるので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいっ!

→太平洋フェリーの公式サイトをチェック

東京から札幌までの行き方⑤ ヒッチハイク

⬆︎ヒッチハイクで北海道一周した時の自分⬆︎

 

この記事をみてくれているアナタが学生なら、ヒッチハイクで東京から札幌まで行くのもアリです!

自分も2017年の夏にヒッチハイクで東京から札幌(常磐道経由)で行ったのですが、だいたい5日間くらいで行くことができました。

常磐道経由で、しかも途中わんこそば食べたりしながら行って5日間くらいで札幌つけたので、急げばもうちょい早く行けると思います。

ヒッチハイクは最初はめちゃくちゃ勇気いりますが、慣れれば大丈夫です!

ヒッチハイクのメリット

・行動力が身につく

・度胸が身につく

・お金がかからない

色々な人と出会って会話するので、色々な価値観に触れることができる

こんな感じで、ヒッチハイクにはメリットがたくさんあります。

車に乗せてもらうので交通費はかかりませんし、度胸が身につきます。

しかし、全く知らない方に乗せてもらうので、女性の方などは特に気をつけるべきですね。

自分はこれまでヒッチハイクで様々な場所に行き、かれこれ100回くらいヒッチハイク経験がありますが、危ない目にあったことはほどんどありません!

「海外はともかく、日本国内であれば比較的安全なのでは…」というのが持論です。

非常に良い経験になるかと思うので、気になっている方は是非チャレンジしてみて下さい!

もちろん、ドライバーさんなどにはしっかりと感謝の気持ちを伝えましょうね!

⬇︎金欠大学生がヒッチハイクをすべき理由はコチラ⬇︎

金欠暇人大学生がヒッチハイクをすべき6つの理由【ヒッチ歴5年の大学生が解説】みなさんこんにちは! 夏休みに入りましたが、大学生の皆さんはいかがお過ごしですか? 『飲み会やサークルの合宿などでお...

東京から札幌までの格安な行き方 まとめ

まとめです。

結論、格安航空(LCC)が一番早くて安い!です。

札幌まで行く途中にちょっと冒険したい方は、「在来線」「夜行バス+フェリー」「ヒッチハイク」などを利用してみるのもオススメです!

現地での観光を最大限に楽しみたい方は、安くて早い「格安航空(LCC)」を利用しましょう!

格安航空はほんっと席が埋まるのがかなり早いので、なるべく早く予約しましょう!

\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリで格安航空を予約【割引あり】

⬇︎大阪から北海道(札幌)までの格安旅行術はコチラ⬇︎

大阪から北海道(札幌)への格安な行き方をご紹介!【結論:飛行機】こんにちは、大学生旅×音楽×仮想通貨ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です! 今回は上記...