行き方ガイド

名古屋から札幌(北海道)の格安な行き方ガイド【2019年最新版】

旅好き犬
旅好き犬
名古屋から札幌(北海道)までの格安な行き方が知りたいワン!なるべく安くいきたいワン!

上記のような疑問にお答えしていきます!

北海道は非常に自然が豊かで、西方面から観光に行く方々も多いかと思います。

食べ物も非常に美味しいので「北海道内で贅沢したから、なるべく交通費は抑えめで移動したいな…」と思っている方も多いのではないでしょうか?

結論言ってしまいますと、名古屋〜札幌(北海道)までは最安でなんと「片道5,000円代」で移動することも可能なんです!

その方法についても具体的に解説していきますので、是非とも最後までご覧下さい!

ざっくり言うと…

・名古屋〜札幌の移動手段は「新幹線」「夜行バス」「飛行機」「在来線」などが挙げられる。

・名古屋〜札幌はそこそこ距離があるので、夜行バスや在来線だと1日以上かかってしまい、新幹線だと遅い割に高い交通費が必要になってしまう。

結論、東京〜函館を最も安くて疲れずに移動できるのは、飛行機。

・航空券をより安く予約できるサイトは「エアトリ」「ソラハピ」の2つが挙げられる。

・事務手数料を比較すると、トータルで見て「ソラハピ」の方が安く航空券を予約することができる。

・ソラハピは「業界最安値」を保証しているので、より安い金額で購入できるサイトを見つけた場合は差額返金可能!実質どこよりも安く航空券を買える!

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

 \業界最安値保証!/
ソラハピで航空券を予約【業界最安】 

名古屋から札幌(北海道)への行き方① 飛行機

移動手段を考えるときの3つの基準「安さ」「速さ」「快適さ」を総合的に判断すると、名古屋〜札幌(北海道)までの移動は「飛行機」が最もおすすめ。

ただしポイントになるのは、「ANA」や「JAL」などの一般航空を使うのではなく「格安航空(LCC)」を利用することなんです!

「一般航空」と「格安航空」の違い

一般航空:「ANA(全日空)」「JAL(日本航空)」など

格安航空:「バニラ・エア」「ジェットスター」など

格安航空(LCC)を利用すれば、一般航空と比べて名古屋〜札幌間を「40%〜50%」ほど安く移動することができるんです!

一般航空:12,580円〜

格安航空:5,780円〜

ざっくりと「一般航空」と「格安航空」の価格差を比較してみましたが、上記のように両者では「50%」ほどもフライト価格に差が出てきます。

名古屋〜札幌間は特に”LCCの割引率が高い”ので、非常におトクです!

なお、名古屋〜札幌間を就航しているのは、以下の2つの格安航空(LCC)になります。

ジェットスター(日本国内・アジア太平洋に就航するLCC)

エアアジア(マレーシアに拠点を置くLCC)

上記2つのLCCを利用すれば、一般航空を利用する場合と比べて、圧倒的に安く移動することが可能ですよ!

また、LCCが発着しているそれぞれの空港(中部国際空港・新千歳空港)も駅からのアクセスが良いので、空港までの移動もそこまで時間がかからないので安心です。

中部国際空港:名古屋駅から「名古屋鉄道」で約25分

新千歳空港:南千歳駅から「JR線」で4分 

LCC(格安航空)のフライト価格が安い理由

トゲ太郎
トゲ太郎
確かにLCCは安いズラ。けど安すぎてかえって不安になるズラ… 
たびねこ
たびねこ
大丈夫だニャン!LCCが安いのにはしっかりした理由があるんだニャン!

一般航空と比較して「格安航空(LCC)」は安すぎるので、なんだかかえって心配になりますよね。

LCCは、一般航空が導入していないような「様々なコストカット策」を導入しているからこそ、格安チケットを提供することができているんです!

LCCのコストカット策

・空港内における駐機時間の削減

・増席によって輸送人数を増やしている

・オンライン予約への移行による人件費の削減

・無料サービスの縮小・撤廃

上記のようなコストカット策を行なっているからこそ、格安チケットを提供することが実現できているんです!

もちろん、一般航空会社のようにしっかりと安全性は担保されていますので、安心して利用することが可能です。

名古屋〜札幌の航空券予約は「ソラハピ」がおすすめ

名古屋〜札幌間のLCCを予約するなら、航空券比較サイトの「ソラハピ」で予約するのが最もオススメ。

「予約するサイトなんてどこでもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ソラハピには「利用するメリット」がたくさん存在しているんです!

ソラハピを利用するメリット

・24時間どこにいても、スマホからかんたんに航空券を予約できる

・「一般航空」と「格安航空」の価格差を瞬時に把握することができる

・入金前に限って、航空券のキャンセル・搭乗変更を無料で行うことができる

業界最安値を保証しており、ソラハピ以外のサイトで安いチケットがあれば、20,000円を上限に差額返金してもらえる!

ソラハピの最も大きなメリットは、業界最安値を保証している点。

ソラハピ以外のサイトで同じ航空券が安く発売されていた場合、差額分を返金してもらうことができます!

つまり、ソラハピを利用すれば、どの航空券予約サイトよりも安くチケットを手に入れる事ができるんです!

よく比較される航空券予約サイトに「エアトリ」が挙げられますが、事務手数料を比較すると「ソラハピ」の方が安く設定されています!

格安航空(LCC)は一般航空と比べて「半額」近くの値段でチケットを入手することができますので、非常に人気です。

一般航空よりも早い段階で満席になることが予想されますので、日程が決まり次第早めに席を押さえておくことをオススメします!

少なくとも、搭乗の2週間前くらいまでにはチケットを確保しておくようにしましょう。

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

 \業界最安値保証!/
ソラハピで航空券を予約【業界最安】 

名古屋から札幌(北海道)への行き方② 長距離フェリー

長距離フェリーの交通費・所要時間

乗船料金(名古屋〜苫小牧):11,900円〜

乗車券(苫小牧〜札幌):1,450円

交通費合計:約42時間

移動時間合計:約13,500円

名古屋〜北海道間は「太平洋フェリー」が運行していますので、そちらを利用して札幌方面まで行くことも可能です。

ただし、到着するのは北海道の「苫小牧港」ですので、札幌まではそこから電車で「約1時間」ほどの時間がかかります。

途中「仙台港」を経由するということもあり、名古屋〜苫小牧間は片道「40時間」ほどので時間を要するのですが、船内は退屈することなく、くつろげるかと思います。

筆者自身も、仙台港〜苫小牧港まで「太平洋フェリー」を利用したことがあるのですが、船内設備やイベント等は、非常に充実していたのを覚えています!

太平洋フェリーの館内設備

・船内レストラン

・シアターラウンジ

・軽食スタンド

・展望大浴場

・プロムナード

・カラオケルーム

・ゲームコーナー

上記のように船内設備も非常に充実していますので、40時間に渡る船旅でも飽きずに楽しむことができるかと思いますよ!

→太平洋フェリーについて詳しくチェック

名古屋から札幌(北海道)への行き方③ 新幹線+特急

新幹線+特急の交通費・所要時間

乗車券(名古屋〜札幌):16,840円

指定席特急券(名古屋〜東京):5,030円

指定席特急券(東京〜新函館北斗):11,330円

指定席特急券(新函館北斗〜札幌):3,110円

交通費合計:36,310円

所要時間合計:約17時間30分

名古屋〜札幌間は「新幹線+在来線特急」でも移動することが可能。

2016年春には「北海道新幹線」が新函館北斗まで開業したので、北海道内までは新幹線で移動することができるようになりました。

しかしながら、新幹線を利用する場合だと飛行機よりもかなり交通費がかかってしまいますね…。

「交通費の安さ」「移動時間の短さ」を考慮しても新幹線を利用するメリットは薄く、飛行機を利用した方が良さそうです。

JR線を利用して移動する場合の割引制度

名古屋〜札幌駅までは、JRの営業キロに換算すると「1529.3km」ありますので、以下の2つの割引を適用することが可能になります!

名古屋〜札幌間利用の割引

学生割引:片道営業キロが「101km以上」の区間を学生が利用する場合、片道運賃が「20%引き」になる割引制度(学生証・学割証明書必須)

往復割引:往復乗車券を利用する場合で、片道営業キロが「601km以上」の場合、往復それぞれの運賃が「10%引き」になる割引制度

上記2つの割引を適用させると、乗車券部分におよそ「30%弱」ほどの割引が適用されます。

ただし割引が適用されるのは「乗車券部分のみ」でして、指定席特急券に関しては定価で購入する必要があります。

上記のことを考慮すると、割引率はそこまで高くありませんので、やはり中部国際空港から「飛行機」を利用するのが最もおトクかと思います!

名古屋〜札幌は鈍行(在来線)でも移動できる?

在来線を用いて移動する場合に使えるのが、JR各社が季節限定で発売している「青春18きっぷ」というフリーパス。

「青春18きっぷ」を用いれば、実質1日たったの「2,370円」で全国JR線の普通列車・快速列車が乗り放題になります!

ただ、名古屋〜札幌間は「約1,500km」と非常に距離がありますので、在来線のみで移動すると半端なく移動時間がかかってしまいます。

さらに、本州と北海道を結んでいる「青函トンネル」の部分は普通列車の運行がなく、新幹線しか営業運転を行なっていません。

ですので、青春18きっぷで移動する場合は、青函トンネル区間の「乗車券+特急券」が別途全額必要になってしまい、結果的に交通費が高くなってしまいます…。

このようなことがありますので、名古屋〜札幌(北海道)の「在来線」での移動は、避けた方が無難です!

名古屋から札幌(北海道)への行き方・移動手段 まとめ

今回の記事では「名古屋から札幌までの格安な行き方・移動手段」について解説しました。

もう一度言いますと、名古屋〜札幌間で最もオススメな移動手段は「飛行機」になります!

「ジェットスター」と「エアアジア」というLCC(格安航空)が就航していますので、そちらを利用するようにしましょう。

格安航空は早い段階で満席になってしまうので、お早めに予約しましょうね!◎

「ちょっと変わった移動手段を使ってみたいな…」という方は、太平洋フェリーで移動するのも良いかと思いますよ!

特に家族連れの方などは、移動時間も十分に楽しむことができるかと思います!

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

 \業界最安値保証!/
ソラハピで航空券を予約【業界最安】 

ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。