仮想通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性/今後を徹底予想!【2019年最新】

みなさんこんにちは、大学生ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。

旅と音楽と仮想通貨を愛していまして、仮想通貨取引では資産を20倍に増やした経験があります。

BCH犬
BCH犬
今話題のビットコインキャッシュって将来性あるのかワン???ビットコインの違いについても知りたいワン!

 

上記のような疑問にお答えしていきます!

結論から言いますと、ビットコインキャッシュにはあの有名通貨「ビットコイン」をも凌駕する可能性が秘められているんです!!!

本記事を見れば、ビットコインキャッシュがビットコインを凌駕している点、将来性がある理由をバッチリ理解することが可能です!

BCH買うなら…

・ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインの32倍のブロック容量を誇る仮想通貨

・ビットコインの抱える「スケーラビリティ問題」を解決しており、決済通貨として普及する可能性が考えられる

決済通貨として普及していけば需要も高まり、大きく価格上昇する可能性が高い。

・BCHを手数料無料で、かつ安全に購入できる取引所は「Coincheck」「GMOコイン」「BITPoint」などが挙げられる。

・中でも、一部上場企業を親会社にもっていて500円から仮想通貨を買えるCoincheck」の人気が急上昇している。

既に230万人の人が利用しており、これから仮想通貨を始めるならCoincheckは登録必須な取引所!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

 \500円から仮想通貨デビュー!/
Coincheckで無料口座開設! 

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日にビットコイン(BTC)からハードフォーク(分岐)して誕生した仮想通貨です!

ビットコインから分岐することによって、ビットコインがもつ問題点である「スケーラビリティ問題」を解決することに成功しています。

スケーラビリティ問題とは

トランザクション(取引量)の多さやブロックサイズの小ささが原因となり、取引承認にかかる時間が伸びてしまい、送金に時間がかかってしまう問題のこと。

スケーラビリティ問題をについて理解を深めるには、まずはビットコインとビットコインキャッシュの違いについて理解する必要があります!

ビットコインとビットコインキャッシュの違い

ビットコイン ビットコインキャッシュ 
発行上限 2,100万枚 2,100万枚
ブロック生成時間 10分 10分
ブロックサイズ 1MB 32MB
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work Proof of Work
リプレイアタック 未対応 対応済
マイニング難易度調節機能 なし あり

パッと見てみると、ビットコインとビットコインキャッシュには大きな違いが無いように見受けられます。

しかし両者には大きく分けて3つの違いが存在しています。

BTCとBCHの違い

・ブロックサイズ

・リプレイアタック

・マイニング難易度調節機能

ひろき
ひろき
それぞれについて深く掘り下げていくよ!

ビットコインとビットコインキャッシュの違い① ブロックサイズ

上記の図のように、ビットコイン・ビットコインキャッシュ共に10分間に1度ブロックが生成され、ブロックの中にトランザクション(取引データ)が格納されます。

ビットコインのブロックサイズは1MBなのに対し、ビットコインキャッシュは32倍の32MBとなっています。

そのため、単純計算してもビットコインの32倍のトランザクションをブロックに格納する事が可能なんですね。

ビットコインから分岐した当初は、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBでしたが、2018年5月にはアップデートされ、ブロックサイズがなんと8MBから32MBまでに拡大されました!

これにより、ビットコインの抱える「スケーラビリティ問題」はビットコインキャッシュによって解決され、ビットコインよりもスペックが高い仮想通貨」として注目されているのです!

現在はまだビットコインの方が知名度も高いのですが、ビットコインの利用者が増えれば増えるほど、送金詰まりはより顕著なものになってしまいます。

その時に「ビットコインキャッシュ」のビッグブロックが評価されていけば、需要も拡大して価格も上昇することが大いに期待できます!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

 \500円から仮想通貨デビュー!/
Coincheckで無料口座開設! 

ビットコインとビットコインキャッシュの違い② リプレイアタック

リプレイアタックとは?

仮想通貨のハードフォーク(分岐)の際、分岐前と分岐後の2つのブロックチェーン上にハッカー(攻撃者)が同額のトランザクションを発生させる事で、仮想通貨を奪い取る攻撃の事。

仮想通貨のハードフォークが発生した際、フォークする前の元の通貨と、フォークによって誕生した通貨の2種類が誕生するため、ブロックチェーンも旧仕様のものと新仕様の2種類存在することになります。

リプレイアタックはハードフォークのタイミングで行われ、どちらかで発生した取引をどちらかもう一方のブロックチェーンでも発生させ、ハッカーはもう一方のデータの送金先に自分のアドレスを指定し、不正に仮想通貨を受け取ります。

「旧仕様」「新仕様」の両方のブロックチェーンが同じ秘密鍵を用いているため、どちらかもう一方でもリプレイアタックが可能になってしまうという訳なんですね。

ビットコインはこの「リプレイアタック」に対応していませんが、ビットコインキャッシュ は「リプレイプロテクション」という対策を導入していまして、リプレイアタック対策済です。

リプレイプロテクション」を導入することにより、ハードフォーク時に「旧仕様」と「新仕様」のトランザクションが明確に分離されるので、どちらか一方の記録を書き換えるのが不可能になります!

ビットコインとビットコインキャッシュの違い③ マイニング難易度調節機能

ビットコインキャッシュには「マイニング難易度調節機能」が付いていまして、マイニング難易度をコントロールすることが可能です!

そんな機能必要あるん???」と思いがちですが、実はマイニング難易度調節も非常に重要な機能です!

 

例えばマイニング難易度が高い場合ですと、マイナーに十分なマイニング報酬が行き届かなくなり、ビットコイインキャッシュをマイニングするマイナーは少なくなってしまいます。

そうすると送金詰まりが発生して送金が遅くなり、結果的にビットコインキャッシュの需要はなくなり、価格は下落してしまうでしょう。

逆も然りで、マイニング難易度が極端に低いとマイナーは報酬を得やすくなりますが、セキュリティ面での脆弱性が見られるようになってしまいます。

上記のような観点から言いますと、マイニングの難易度を調節可能なビットコインキャッシュは非常に優秀ですよね!

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性

ビットコインキャッシュには将来性を裏付ける様々な理由は存在しています。

BCHが持つ将来性

①他の通貨にはないメリットがたくさん存在する

②スマートコントラクト(自動契約技術)を導入している

③利用店舗・利用者数が増加傾向にある

④大手企業に支持されている

⑤実用化が進んでいる

⑥大手企業がマイニングに参入している

⑦基軸通貨としての需要がある

大きく分けると5つありますので、それぞれについて見ていきましょう!

将来性① 他の仮想通貨にはないメリットがたくさんある

先ほど述べたことと似ていますが、ビットコインキャッシュには他の仮装通貨にはないメリットがたくさん存在しています。

BCHが持つメリット

・ビットコインの32倍を誇るブロックサイズ

・リプレイプロテクション

・マイニング難易度調節機能

まず注目すべきは32MBを誇るブロックサイズ。

ビットコインの32倍のブロックサイズですので、今後ビットコインキャッシュのトランザクション量が増えたとしても、ビットコインのように送金詰まり問題が発生するとは考えにくいでしょう。

リプレイアタックを防止する「リプレイプロテクション」というセキュリティ対策を導入していますので、セキュリティ対策といった面でも、他の仮想通貨より大いに優れています。

さらにはマイニング難易度をコントロールすることができる「難易度調節機能」も導入していますので、ハッシュレートが偏った場合でも安心です!

将来性② スマートコントラクトを導入している

2018年5月15日にビットコインキャッシュのアップデート(ハードフォーク)が行われ、ブロックサイズが8MBから32MBまで引き上げられました。

さらに、同ハードフォークによってビットコインキャッシュには「スマートコントラクト(自動契約技術)」も導入されました!

スマートコントラクトとは

ブロックチェーン上に契約内容を記録し、自動で契約を執行する技術のこと。ブロックチェーンの特性上改ざんが不可能なので、より正確に、より素早く契約を行うことが可能。

スマートコントラクトは「イーサリアム」などにも導入されている技術でして、今後は「不動産売買」などにも使用されることが期待されています。

スマートコントラクトを実装しているイーサリアムには、「イーサリアム企業連合(EEA)」という連合が存在していまして、既に300社以上の企業と提携を果たしています。

スマートコントラクトはそれほど注目されている技術でして、実装されたビットコインキャッシュにもこれから注目が集まることが期待されています!

スマートコントラクトが普及すれば、イーサリアムやビットコインキャッシュの価格も大きく上昇することが予想されます。

まずは「500円」から仮想通貨投資を行える「Coincheck(コインチェック)」で、少額からビットコインキャッシュを購入してみましょう!

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

 \500円から仮想通貨デビュー!/
Coincheckで無料口座開設! 

将来性③ 利用店舗数・利用者数が増加している

ビットコインほどではありませんが、ビットコインキャッシュも利用可能店舗が拡大されつつあります。

ビットコインよりも性能が高いので、利用可能店舗がこれから増加すれば、ビットコインよりも需要が高まるのではないか、という意見を持つ方もいるようですね!

上記のサイトは「the Accept Bitcoin Cash」というサイトでして、ビットコインキャッシュの利用可能店舗を一目で把握することができるサイトです!

→こちらからアクセス可能です!

お店の種類ごとに別れており、クリックすると上記のように利用可能店舗一覧が表示されます。

中にはビットコイン決済ではなくビットコインキャッシュの決済にのみ対応している店舗もありまして、ビットコインキャッシュの利用可能店舗が拡大していることが読み取れますね!

日本ではまだビットコインの利用可能店舗すら少ないですが、外国では既にキャッシュレス決済が進んでいます。

2020年には東京オリンピックがあり、その際にはキャッシュレス決済に慣れ親しんだ外国人観光客の方が数多く日本にやってきます。

それを見越しての仮想通貨の需要増加などもこれから考えられるのではないでしょうか?

将来性④ 大手企業に支持されている

数多くの金融サービスをリリースしている「SBIグループ」は、2017年8月にビットコインキャッシュのマイニング事業を行う子会社「SBI Crypto」を立ち上げました。

また2018年6月には、SBIグループの仮想通貨取引所「VCTRADE」をリリースし、ビットコインキャッシュの取り扱いを開始しました。

このようなビットコインキャッシュへの「SBIグループ」の支持が、信頼性の担保になっていると考えられます。

将来性⑤ 実用化が進んでいる

あまり大きく報道はされませんが、ビットコインキャッシュは実用化が着々と進んでいます。

2018年6月には、amazonの商品を15%オフで購入することができるpurseというサービスの決済システムに「ビットコインキャッシュ」が新しく導入されました。

ビットコインかビットコインキャッシュのどちらかを利用することで、アマゾンの商品を15%オフで購入することができるサービスです。

これを契機に、ビットコインキャッシュの利用者が増加していければ、需要や価格も上昇することが予想されますね!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

 \500円から仮想通貨デビュー!/
Coincheckで無料口座開設!

将来性⑥ 大手企業のマイニングへの参入

ビットコインキャッシュのマイニング(取引承認作業)には、有名企業が参入しています。

BCHマイニングへの参入企業

・Bitmain(ビットメイン)

・GMOインターネットグループ

Bitmain社は、仮想通貨のマイニング事業に参入している海外の大手企業です。

GMOグループはビットコインキャッシュのマイニング事業からは撤退してしているものの、ビットコインのマイニングに関しては継続して行なっているようです!

将来性⑦ 基軸通貨としての需要がある

仮想通貨の基軸通貨といえば、まだまだビットコインが代表的ですよね。

しかしながら、ビットコインキャッシュを「基軸通貨」として採用している取引所も存在しているんです!

BCH基軸がある取引所一覧

・KuCoin

・OKEx

・CoinEx

ビットコインキャッシュが基軸通貨として採用されれば、他のアルトコインを取引する際は必然的にビットコインキャッシュを保有しておく必要があります。

ですので、ビットコインキャッシュの需要・価格も上昇する可能性が高まるんです!

ビットコインキャッシュ誕生の経緯

ビットコインキャッシュの経緯は、少々複雑で難しいお話になってしまいます。

難しい話はいいから、ビットコインキャッシュの将来性を早く教えて!」という方はよみとばしちゃってOKです!

先ほども述べた通り、ビットコインは「スケーラビリティ問題」というものを抱えており、送金詰まりの対策が急がれていました。

この「スケーラビリティ問題」の解決策として提案されたのが、以下の2つの案になります。

スケーラビリティ問題解決策

トランザクション(取引データ)そのものを小さくし、ブロックに格納するトランザクションの数を増やす。

ブロックサイズを拡大し、一つのブロックによりたくさんのトランザクションを格納できるようにする。

①の考え方を支持していたのは、ビットコインの開発者側である「ビットコインコア派」で、②を支持していたのは、中国の大手マイニングプールの「Bitmain社」でした。

もし仮に①のSegwitが導入されてしまうと、「Bitmain社」がマイニングに使用している「Asic Boost」という機械が使用できなくなってしまい、Bitmain社が大きく不利益を被ることになるので、反対していたと言われています。

結果的に、2018年8月1日に中国のマイニングプールである「ViaBTC」が中心となってビットコインのハードフォークが行われ、②の「ブロックサイズの拡大」という形でハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュのおすすめ取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)
コインチェック
東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社にもつ仮想通貨取引所。
リップルの取引手数料の他、日本円入金手数料まで無料に設定されている。
アプリが使いやすく、ダウンロード数は2018年時点で200万を突破!
リップルを買うなら、登録必須な取引所。
セキュリティの高さ
使いやすさ
各種手数料の安さ
取り扱い通貨の多さ

詳細ページ公式ページ

GMOコイン
「セキュリティの高さ」「使いやすさ」「各種手数料の安さ」の3つが揃った優秀な取引所。
親会社は東証一部上場企業なので、信頼性・安全性も抜群。
「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料で、今口座開設すればビットコイン(20,000satoshi)もらえる!
セキュリティの高さ
使いやすさ
各種手数料の安さ
取り扱い通貨の多さ

詳細ページ公式ページ

bitbank(ビットバンク)
bitbank
日本発祥の仮想通貨「モナコイン」などを取り扱っている仮想通貨取引所。
「取引所形式」を用いているので、仮想通貨の取引を行う際に必要となる手数料である「スプレッド」はほとんどかからない。
リップルの取引量「世界No.1」を誇っている取引所なので、流通量で選ぶならbitbankがオススメ!
セキュリティの高さ
使いやすさ
各種手数料の安さ
取り扱い通貨の多さ

詳細ページ公式ページ

ビットコインキャッシュの今後・将来性 まとめ

今回の記事では「ビットコインキャッシュの今後・将来性」について解説していきました!

現段階ではビットコインキャッシュにはそれほど実用性はありませんが、ビットコインに勝る特徴が評価され、決済システムとして普及していくのは時間の問題かと思います。

決済手段としてだけではなく、ビットコインキャッシュは「スマートコントラクト」も実装していますので、スマートコントラクトを用いた実用化も期待することができます。

確実にこれから注目が集まるアルトコインですので、まだビットコインキャッシュをお持ちでない方は、人気急上昇中の「Coincheck」で500円から購入してみましょう!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

 \500円から仮想通貨デビュー!/
Coincheckで無料口座開設!

ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。