仮想通貨

仮想通貨の稼ぎ方、稼ぎ方の種類を大公開!【半年で資産を20倍にした私が語る】

近年盛り上がりを見せている仮想通貨投資。

2017年12月〜2018年1月にかけて、ビットコインの価格は一時240万円付近まで上昇しました。

『億り人』も続々と出現し、仮想通貨に投資をしていた方はかなりの利益を得たでしょう。

 

しかし現在は価格が6桁台まで落ち込み、

以前よりも、仮想通貨がメディアなどで取り上げられる機会が減りました。

現在、仮想通貨投資を行なっている方の中には、

 

『仮想通貨取引でどのように稼ぐのかわからない!』

 

という方もいるでしょう。

そんな方のために今回の記事では、以下のことに関して解説していこうと思います。

 

・仮想通貨の仕込み時について

・仮想通貨の上昇要因について

・草コイン投資での稼ぎ方について

 

 

自分は仮想通貨投資を2017年9月から本格的に開始し、

2018年1月までに資金を20倍にしました。

 

その時に得た自分の経験なども交えながら、

仮想通貨投資における稼ぎ方、また稼ぎ方の種類について

お話ししていこうと思います。

 

是非、最後までお付き合い下さい。

 

 

 



 

 

 

仮想通貨で稼ぐには『トレーダーの動き』を先読みしろ!

 

こちらは、仮想通貨投資で稼ぐのに当たって

非常に重要、っていうか一番重きを置くべき部分ではないかと思います。

 

仮想通貨投資を行うにあたって、【価格が上昇する可能性が高いポイント】がいくつか存在します。

ですのでそのポイントでエントリーする必要があるのですが、

ただ闇雲にエントリーするのではダメです。どうすれば良いかと言うと、

 

『他のトレーダーよりも早く仕込んで早く手仕舞いする!』

 

これに尽きますね。

以下で詳しく解説していきたいと思います。

 

 

 



 

 

 

仮想通貨投資での稼ぎ方 〜価格上昇要因を知る〜

仮想通貨市場は成長段階にある一方で、

日本国内での仮想通貨の実需はまだまだ少ないです。

 

大手家電量販店や一部の飲食店には、仮想通貨決済が導入されているところもありますが、

完全に世の中に普及するまでには、まだ時間がかかるように思えます。

 

そのため仮想通貨取引を行う方は、実需があって仮想通貨を購入している人はほとんどおらず、

ほとんど投機取引(機会に乗じて儲けるための取引)のためであると考えられます。

 

その投機トレーダーの方達はどのようなタイミングで仕込み(買いを入れ)、

どのような通貨を取引するかというと、

 

・取引所にその通貨が上場される時

・その通貨がハードフォークして分岐コインが生まれる時

・大企業とパートナーシップなどを締結した時

 

などです。

上記で述べた3つのタイミングでなぜ通貨の価値が上がるのかを、簡単に説明します。

 

【取引所に通貨が上場するとき】

 

取引所に通貨が上場すると、その通貨の取引量が増加することが予想されます。

 

取引量が増加してその通貨を購入する人が増えると、

需要と供給の関係でその通貨の価値も上昇します。

 

特に登録者数・取引者数が多い取引所に上場すると、価格上昇は非常に顕著になります。

 

https://twitter.com/j416dy/status/958598350353420290

実際に、2018年1月に仮想通貨LISK(リスク)が大手国内取引所bitFlyerに上場した際には、

価格が2倍以上にまで跳ね上がりました。

 

【通貨がハードフォークして分岐コインが生まれる時】

ハードフォークについて

(この記事のメインではないので、さらっと頭に入れてもらえれば幸いです)

 

ハードフォークとは、簡単に言うと仮想通貨のアップデートのことです。

従来のシステムなどを変化させてシステム向上させたい時などに行われます。

 

一般的に仮想通貨は、一定間隔ごとに生成されるブロックにデータが記載され、ブロックチェーン上にデータが保存されます。

ハードフォーク後の通貨は、過去に生成されて連なるブロックと相関性がなくなります。

 

ですのでハードフォークする際には、フォーク後のシステムを持つ新通貨と、

フォーク前のシステムを持つ旧通貨の2種類が存在することになります。

 

ハードフォークが行われると、旧システムを受け継ぐ通貨と、

新システムを持つ通貨(一般的にはフォークコインと呼ばれる)が生まれます。

 

新しく誕生した通貨(フォークコイン)は以前の通貨の欠点などを修正してリリースされているので

需要増大の期待感から、通貨が購入されて価格が上昇することが考えられます、

 

【通貨が大企業とパートナーシップなどを締結した時】

 

大企業とパートナーシップなどを提携した時も、価格が上昇する可能性が高いです。

 

http://coinpost.jp/?p=11361

こちらは仮想通貨ニュースサイトからの引用ですが、

仮想通貨のTRON(トロン)の企業提携が発表され、価格が急騰しました。

 

自分はこの時TRONを仕込んでいたので、かなりウマウマでした٩( ‘ω’ )و

 

『トレーダーの動き』を先読みすることの大切さ

 

多くの仮想通貨トレーダーは、上記でも述べた『仮想通貨の価値が上昇しやすいポイント』

で仮想通貨を仕込んできます。

 

しかし上昇の要因は、取引所に上場したことやフォークした期待感などではなく、

 

価格上昇を見越したトレーダーの買いで価値が上昇することがほとんど

 

です。そのため、

 

他のトレーダーが仕込む前に仕込んで早く手仕舞い(決済)する

 

ことが重要です!

 

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)を用いた例

 

こちらのキャプチャ画像は、ビットコインキャッシュの日足チャートです。

2018年5月15日に、ビットコインキャッシュのハードフォークが行われました。

 

黄色い縦線が5月15日の価格ですが、下落傾向にあるのが読み取れます。

ハードフォークの1ヶ月前くらいから価格が上昇し始め、

5月5日に頭をつけ、そこから売り込まれています。

 

自分ならこのビットコインキャッシュの価格推移をこのように考えます。

4月15日付近 ハードフォークを既に知っている上位トレーダーが仕込み始める→価格上昇
               ↓
5月1日付近 ハードフォークの情報を掴んだ初級者トレーダーが直前で仕込む→価格上昇
               ↓
5月7日付近 4月中旬に仕込んでいた上位トレーダーが利益確定→価格下落
               ↓
5月15日付近 価格が上昇しないので初級者トレーダーの失望売りが発生→価格下落

 

この場合、1~2週間前に仕込んでいた初級者トレーダーは損をすることになってしまいますね。

 

このことからも、他のトレーダーより早く仕込んで早く利益確定することへの重要さが伺えます。

とはいえ、今回の例のように毎回1ヶ月前に仕込めば利益が出るか、

と言われれば答えは『NO』です。

その時の状況に応じてどこで仕込むべきなのかを見極めればなりません。

 

トレード回数を重ねると、だいたいのタイミングは分かるようになってきますが、

自分も未だに損失を被ることがありますし、

ましてや有名トレーダーの方でも大きな損失を出す場合もあります。

 

投資において『絶対』という言葉は存在しないので、

損切りなどのリスク管理をしっかりしつつ、トレード経験を積みながら、

自分の手法やエントリーポイントを確立していきましょう。

 

長期的に見てトータルでプラスで終われれば、投資は成功したといえますよ!◎

 

草コイン投資での稼ぎ方 〜運が良ければ数十倍にも〜

 

草コイン投資についてご紹介します!

 

草コインとは…わけのわからないコイン。値段は1通貨=1円以下の場合がほとんど

 

語源はおそらく、笑い=wwwww から由来していると思われます。

笑ってしまうくらいよく分からないコインのことを指します。

 

草コイン投資がうまくいけば、数倍〜数十倍の利益をあげることが可能です。

筆者も、『StrongHands』と『XP』というコインで資産を10倍にしました。

 

草コインの過去の価格上昇

 

・『XP』(experience points)  3ヶ月で約320倍

・『XVG』(verge)    半年で約13000倍

・『SHND』(Stronghands)    3日で約20倍

 

基軸通貨などでは考えられない価格上昇が草コインではあり得てしまいます。

 

草コインの仕込み時

 

草コインに実需はありません。

ですので草コインの価格変動は、TwitterやSNS上での煽りが主な要因となります。

 

このように、草コインにはコミュニティがある場合が多く、草コイン投資を盛り上げようとしている投資家がいます。

 

その動きをみたトレーダーが興味を持って草コインを購入すると、価格が上昇します。

さらにその価格上昇をみて、

 

『これは上がりそう!』

 

と思ったトレーダーがまた購入すると、また価格が上昇します。

この繰り返しで価格がぐんぐん上がっていきます。

 

また、ビットコインなどの基軸通貨の価値が上昇した場合は、

利益分を他通貨に流す傾向があるので、草コインの価値も上昇しやすいです。

 

実際に2018年年始のアルトコインバブルでは、数多くの草コインが高騰しました!

(自分もこの時大きく利益を得ることができました)

 

草コインで儲けるためにオススメな取引所

 

草コイン取引を行う際は、海外取引所の『coinexchange』を利用するのがオススメです!

自分はこのcoinexchangeを利用して草コイン取引を行なっています!

 

coinexchangeには約400種類の草コインが上場しており、

非常にたくさんの銘柄を取引することができます。

他の国内外の取引所と比較しても、草コインの取り扱い通貨数はNO.1です。

 

ただ取引量が少ない通貨が多々あるので、

そういった通貨は流動的な面でリスクを伴うので、取引しないようにしましょう。

 

→今すぐcoinexchangeで口座開設!

 

まとめ 〜仮想通貨でがっつり稼ごう〜

 

今回は仮想通貨の稼ぎ方についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

仮想通貨投資を行う際には、『経験』と『知識』が大前提で必要なので、

上記で述べたポイントを参考にしつつ、トレードしながら経験を積んでいきましょう!

 

それではこの辺で失礼します!

最後までご覧くださりありがとうございました!