FX

FXを元手5万円からはじめる方法を徹底紹介!【超かんたんです】

みなさんこんにちは、旅×音楽×投資ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です!

大学1年の頃から「仮想通貨投資」「FX取引」を行なっており、10万円の元手資金を「200万円」にまで増やした経験があります。

信頼性を担保するために、一応当時の取引画面を載せておきます!

当時は「1BTC=200万円弱ほど」で価格推移していましたので、上記の口座に入っていた資金は「0.3BTC(約60万円)」ほどです。

リスク回避のために3つほどの取引所に分散させて資産を預けていたため、3つ合計で約200万円となります!

 

FX大好き犬
FX大好き犬
5万円くらいの元手からFXを初めてみたいワン!何か良い方法ないのかワン?

 

上記のような疑問にお答えしていきます。

結論、5万円からでもFXを始めること自体は可能です!

本来であれば、FXを始める場合は「10万円」ほどの資金から始めるのが望ましいです。

なぜなら、少額すぎると資金力に余裕がなくなってしまい、少しの価格変動でも「ロスカット」などにかかりやすくなってしまうから。

「どうしても5万円からFXを始めたい…!」という方は、小さい取引単位でトレードできる業者を選ぶのが得策です!

ざっくり言うと…

結論「5万円」という少額でも、十分のFX取引を始めること自体は可能。

・国内FX業者「マネーパートナーズ」など、最低取引単位が「1,000通貨」の業者を利用すれば取引を行うことができるが、5万円だと元手が少なく、まとまった利益を出すのは難しい。

・まとまった資金がないと利益を出しづらいFXよりも、長期保有で大きな利益を狙える「仮想通貨投資」の方が、長期的に見ると稼げる可能性が高い。

・仮想通貨市場は今盛り上がりを見せており、今のうちに参入すれば「先行者利益」を獲得することができる可能性がある!

・今人気が爆上げしている取引所「Coincheck(コインチェック)」なら、なんと「500円」という少額から仮想通貨を買える。

・元手5万円で投資を行うなら、FXではなく市場が伸びている「仮想通貨」で利益を狙うべき!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

\500円からの仮想通貨デビュー!/
Coincheck無料口座開設! 

FXを元手5万円から始めるなら「1000通貨単位」の業者を使おう!

FXは元手5万円でも十分に始めることが可能ですのが、その際に重要になるのが「業者選び」になります。

ズバリ言うと、5万円からFXを始めるなら「1,000通貨単位」からトレードできる業者を利用するべきです!

1,000通貨単位って?

取引を行う際に、1,000通貨ごとの単位でトレードすること。例えばドル円なら、「1,000ドル」「2,000ドル」「3,000ドル」のように1,000通貨単位ごとにトレードできる。

国内のFX業者では「GMOクリック証券」「DMM FX」がツートップで人気を誇っていますが、両方とも「10,000通貨単位」を採用しています。

この場合、取引を行う際には最低でも「10,000通貨(ドル円の場合の10,000ドル)」が必要になってしまうため、5万円では資金力に余裕がなくなってしまうんです。

10万円ほどの元手なら「GMOクリック証券」や「DMM FX」を利用するのがオススメですが、5万円からFXを始めるなら「1,000通貨単位」の業者を利用するべきですね。

⬇︎GMOクリック証券では「10万円」から取引するのが最もオススメな理由⬇︎

GMOクリック証券(FX取引)はいくらから取引できる?【少額OKです】どうも、大学生旅×音楽×投資ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です! FX(為替取引)と仮想通貨取引の経験があり...

「1000通貨単位」の場合の必要証拠金

1,000通貨単位の業者の場合、例えば「1ドル=100円」のレートでドル円の取引を行うとすると、最低「1,000ドル(10万円分)」の取引を行う必要があります。

この状況下でレバレッジが「25倍」に設定されているとすると、

10万円÷25(レバレッジ)=4000円(最低必要証拠金)

上記のようになり、なんと「4,000円」からトレードを行うことが可能なんです!

「10,000通貨単位」の場合だとこの10倍なので、最低証拠金は「40,000円」必要になり、5万円の元手では余裕がありません。

「1000通貨単位」なら資金力に余裕が生まれる!

10,000通貨単位の口座で「5万円」の元手資金からFXを始めると、少しの含み損が発生した時点で「ロスカット」が発生してしまう可能性があります。

しかし「1,000通貨単位」なら、5万円の資金でも余裕を持ってトレードできますので、圧倒的にオススメです!

1,000通貨単位からトレードできる国内FX業者なら「マネーパートナーズ」が最もオススメ。

約定率10年連続国内No.1」を誇っており、抜群の信頼性を誇っています。

キャンペーン中の今なら、無料登録するだけで「1,000円」のキャッシュバックを受けることが可能。

受け取った1,000円を用いてお試しトレードを行うことも可能ですので、この機会に登録しておきましょう!

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

マネーパートナーズの公式サイトはこちら

\今なら1,000円もらえる!/
マネパで無料口座開設! 

少額資金からの投資なら「仮想通貨」がトレンド!

「1,000通貨単位」のFX業者を利用すれば、5万円の元手でもFXを始めることは可能。

しかしながら元手が5万円しかないと、FXを始めたところでまとまった利益を出すのは非常に難しいです。

1,000通貨単位の場合は、1円分(100pips)の利幅を獲得することができた場合でも、利益はたったの1,000円。

ですので、FXにおいてまとまった利益を得たい方は、5万円という元手資金は少なすぎます。

トゲ太郎
トゲ太郎
5万円の元手で、ちゃんと利益を得るにはどんな投資をしたら良いのズラ? 
ひろき
ひろき
5万円からまとまった利益を狙いに行くなら、今トレンドの「仮想通貨」がオススメだよ!

5万円の元手資金でまとまった利益を狙いに行くなら、今トレンドの仮想通貨投資がオススメ。

仮想通貨市場が大きく伸びているので、今のうちに参入すれば「先行者利益」を獲得できる可能性が高いです!

為替や株式に関しては割と値動きが安定していますが、仮想通貨市場は発展途上ですので、通貨の値上がり率が半端ではないんです!

上記の画像は、仮想通貨リップル(XRP)の2017年〜2018年にかけてのチャート。

2017年1月は「1XRP=0.5円前後」で価格推移していましたが、1年後の2018年1月には「1XRP=400円」の最高値を記録しています。

1年間でリップルの価格は一時「800倍」にまで大きくなっており、ボラティリティ(値動きの幅)の大きさが伺えます。

少し極端な話ですが、仮に2017年1月の時点でリップルに「5万円」を投資していたとすると、2018年1月には「4000万円」にまで価格が膨れ上がっている計算になるんです!

そして仮想通貨は現物取引(長期保有)でも十分OKなので、FXのように元本以上の損失を出す可能性がなく、安心して投資を行うことが可能ですよ!

ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)なら、1通貨あたりの金額が小さく、少額でたくさんの通貨を購入することができるので、オススメです。

僕が推しているアルトコイン

リップル▶︎国際送金に特化している通貨

イーサリアム▶︎自動契約(スマートコントラクト)を可能にする通貨

ビットコインキャッシュ▶︎ブロックサイズがダントツで大きい通貨

東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている取引所「Coincheck(コインチェック)」なら、上記3つの将来性のあるアルトコイン全ての取引を行うことが可能です!

さらに「500円」という少額から仮想通貨に投資を行うことができるので、FXとは比較にならないほど少額から始めることができるんです!

既に230万人以上のユーザーがCoincheckでトレードを行なっています。

これから仮想通貨投資を始めるなら、Coincheckへの登録は必須ですね!

コインチェック

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

\500円から仮想通貨デビュー!/
Coincheckで無料口座開設!

「国内FX業者」と「海外FX業者」ってどう違う?

FXを元手資金5万円で始める場合、「1,000通貨単位」から始めた方が良い理由に関しては理解していただけたかと思います!

付け加えてもう一つ重要なのが「国内FX業者」と「海外FX業者」について理解すること。

両者では特徴がかなり異なりますので、違いをしっかり理解し、自分にあった業者を利用するようにしましょう!

国内FX業者 海外FX業者
レバレッジ上限 25倍 1000倍
スプレッド 狭め 広め
追証 あり なし

国内業者と海外業者の1つ目の大きな違いは、レバレッジの上限。

国内FX業者の場合は「最大25倍」と法律的に決まっていますが、海外業者には特に制約がなく、「数百倍〜1000倍」ものレバレッジをかけてトレードすることができるんです!

元手5万円で始めた場合、海外取引所を利用すれば「1000万円近く」の取引を行うことも可能。

さらに海外FX業者のほとんどは「ゼロカットシステム」を導入しているので、損失が膨らんでロスカットされたとしても、口座残高以上の損失は出ないので安全です!

ゼロカットシステムって?

FX取引において口座残高以上の損失が発生した場合でも、マイナス分を業者が負担してくれるため、残高金額以上の損失が発生しないシステムのこと。

→つまりFXで借金を負う可能性は0%

「海外業者」は少し危険な感じがしますが、実は海外業者の方が「低リスク・低コスト」でトレードを行うことができるんです!

ただ「国内FX業者」も信頼性・サポート面で非常に充実していますので、海外業者とはまた違った魅力を持っています。

そもそも根拠を持ってトレードしていれば、国内FX業者でも「ロスカット」に引っかかることはほとんど考えられません!

(取引に関する知識・コツについては本記事後半でも解説しています)

ですので「国内FX業者」「海外FX業者」の特徴・メリットを考え、自分にあった業者を利用するようにしましょう!

国内FX業者:サポート・信頼性抜群、スプレッドが狭い

海外FX業者:ハイレバレッジ、ゼロカットシステム

ひろき
ひろき
口座開設自体は無料なので、両方試してみるのも良いかと思います!

国内FXなら「パートナーズFX nano口座」がおすすめ

国内FX業者を利用するなら、ダントツで「パートナーズFX nano口座」がオススメ。

ほとんどの国内FX業者が「10,000通貨単位」を取り入れている中、パートナーズFXなら「100通貨」からトレードを行うことが可能なんです!

パートナーズFXの特徴・メリット

・東証一部上場企業「マネーパートナーズ」によって運営されているFX業者

オリコン顧客満足度2年連続「国内No.1」を誇っている

約定率はなんと10年連続でNo.1

・国内ではトップレベルにスプレッドが狭い(ドル円0.3銭)

キャンペーン中の今なら登録するだけで「1,000円」もらえる

マネーパートナーズには「普通口座」と「nano口座」の2種類のタイプが存在しますが、「nano口座」なら100通貨単位からトレードすることが可能。

100通貨ということは必要証拠金が「400円(1ドル=100円の場合)」となりますので、かなり少額からトレードすることができます!

5万円も元手資金があれば、十分に余裕をもってFXデビューが可能です。

取引専用アプリもリリースしているので、ブラウザを開かなくてもアプリから簡単に操作できますし、テクニカルツールも充実。

約定率は「GMOクリック証券」や「DMM FX」などの人気FX業者を差し置いて、10年連続第一位。

注文した価格でしっかりと約定させることができますので、安心してトレードできますね!

さらに、パートナーズFXでは期間限定で口座開設キャンペーンを実施しているようで、今無料口座開設を行えば「1,000円キャッシュバック」を受けることができるみたいです。

もちろん「nano口座」でも適用され、キャッシュバックでもらった1,000円を用いれば「お試しトレード」ができちゃいます。

まずは1,000円でお試しトレードを行い、慣れてきてから5万円を入金して本格的に始めるというのもアリですね!

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

マネーパートナーズの公式サイトはこちら

\今なら1,000円もらえる!/
マネパで無料口座開設! 

海外FXなら「XM(エックスエム)」がおすすめ

 一方、海外FX業者を利用するなら「888倍」ものハイレバレッジをかけることができる業者「XM(エックスエム)」がダントツでおすすめ。

XMは日本人の利用者数も非常に多いですし、日本語にも対応していますので、海外業者の中でもサポート・信頼性は抜群です!

XMの特徴・メリット

・「888倍」ものレバレッジをかけることができる

運営年数は10年を突破しており、新規口座数は100万口座を突破している。

・日本語にもバッチリ対応

・安心安全の「ゼロカットシステム」を導入している

・キャンペーンが充実しており、今新規登録すれば「3,000円分デポジット」がもらえる!

XMの最大のメリットといえば、国内業者では考えられない「888倍」ものハイレバレッジをかけてトレードを行える点。

5万円を元手とするなら、最大「4000万円分」もの取引を行うことができるんです!

もちろん「ゼロカットシステム」を導入しているので、どれだけハイレバレッジな取引をしたとしても、口座残高以上の損失を被ることは100%ありえません。

またXMは、世界的に有名な陸上選手「ウサイン・ボルト」を公認大使としています。

XMのように潤沢な資金があり、世界的に信頼性が確保されている業者でなければ、ウサイン・ボルトのような有名選手を公認大使にすることは不可能です。

信頼性は十分に担保されてます!

 さらに注目するべきは「口座開設キャンペーン」でして、今XMで登録を行えば、新規口座開設するだけで「3,000円」のデポジットをもらうことができるです!

受け取ったデポジットはそのまま口座に反映されますので、3,000円を用いて「実施元手0円」でFXデビューすることも可能。

利益分に関しては出金することができますので、元手0円で利益を出せる可能性も秘めています!

実際僕もXMのキャンペーンでもらえる「3,000円」を用いて、大学1年生のころトレードを行なっていました。

しっかりと口座に入金が反映されますし、約定率も抜群で言うことなしです。

口座開設で「3,000円」も受け取れる業者は他にはほとんど存在しませんので、しっかりキャンペーンを活用していきましょう。

FXを元手5万円から始める場合に役立つコツ・知識集

続いて、元手5万円からFXを始める際の「コツ・知識集」についてご紹介していきます。

以下で解説する4つをしっかりマスターすれば、より安全なトレードを行うことが可能ですよ!

①複利でトレードすると利益率がグンと上がる

FXにおいては「複利」を用いてトレードすると、利益率が比較的高くなります。

特に「5万円」という少額からFXトレードを始める場合、複利運用は利益を多くする上で非常に重要な手法です!

複利って?

手にした利益分を出金せず、そのまま投資資金として運用すること。元手が徐々に大きくなるので、単利よりも利益率が高くなる。

試しに、「半年間、10万円の元手資金から始めて、1ヶ月に10%ずつ資産を増やしていく」というトレードの「単利」「複利」の利益差をそれぞれ計算してみましょう!

「単利」の場合は1ヶ月ごとに利益を引き出し、「複利」の場合は利益をそのままトレードの元本に用いります。

単利運用▶︎半年で60,000の利益(毎月10%の利益×6ヶ月)

複利運用▶︎半年で77,156円の利益(元本に利益を上乗せしてそのまま運用)

上記のように、複利運用の場合は単利と比べて「約30%」ほど多くの利益を手にすることができるんです!

今回は「10万円」という元手で計算していますが、元本が多くなれば多くなるほど、複利での利益率は高くなります。

かの有名な物理学者「アインシュタイン」も「複利は人類最大の発明だ」と主張していたくらいですので、複利の凄さがわかるかと思います。

長期的にみて少しでも利益率を高くしたい方は、複利を用いてトレードするのがオススメです。

複利運用の場合、一度でも損切りを怠ったりしてしまうと、過去の利益も含めて損失を被ってしまう可能性があります。(利益を口座に入れたままなので)

ですので複利運用を行う場合は、トレードに関して定めたルールは厳守し、損切りも徹底して行うようにしましょう。

②国内業者は「追証」に注意するべき

海外業者にはありませんが、国内FX業者にはほとんど「追証(おいしょう)」という制度が存在しています。

追証って?

損失が膨らんでロスカットが追いつかず、口座残高を上回る損失が発生してしまった場合、不足分の金額を追加で納入しなければならない制度。

マイナスになった分の金額は、トレーダーが負担してね〜!」ということですね。

海外FX業者の場合は「ゼロカットシステム」があるので、不足分を業者が負担してくれるのですが、国内の場合は自分で負担する必要があります!

ただし国内業者には「強制ロスカット」というシステムが導入されているため、口座残高が極端に減る前の段階で、ポジションを自動決済してくれます。

ですので「追証」が発生する可能性は非常に低いです。

以下で解説する「トレードのコツ③、④」をしっかりマスターしておけば、非常に安全なトレードを行うことができますので、しっかり熟読しておきましょう!

③エントリー時に「利確・損切りライン」を決めておくべき

しっかりと「安全性」を担保してトレードするためには、エントリー時(ポジションを持った際)に利確・損切りラインを決めておくことが重要です。

エントリーする際は「〇〇で□□だから、このタイミングで買いで入る」のように、しっかりと自分なりに根拠を持ってエントリーしましょう。

根拠を持ってエントリーできたということは、利益確定するラインの目星はつけることができるはず。

FXにおいては「損小利大」が最も重要なので、損失ラインは利益幅と同じ〜少し小さいくらいが良いかと思います。

このようにして、エントリー時に「損切・利確ライン」を決めておけば、ギャンブル的なトレードをして損失を被る心配もほとんどありません。

「自分で損切りをコントロールできないかも…」という方は、以下で解説する「OCO注文」が圧倒的に便利ですで、参考にしてみて下さい!

④初心者の方には「OCO注文」がおすすめ

OCO注文って?

One Cancels the Otherの略で、新規・決済注文において「2つの指値注文」を同時に出すことができる注文方法のこと。

つまり、ポジションを持った際に「利益確定注文」と「損切り注文」を同時に出すことができる。

OCO注文を用いれば、「利確注文」「損切り注文」を同時に出すことができ、どちらかの注文が確定した場合、もう一方の注文は自動でキャンセルされます。

つまり、OCOで「利確注文」「損切り注文」を出したら、あとはスマホを閉じて鼻くそほじって寝ててもOK。

機械が自動で注文を執行してくれので、感情が入ったトレードをせずに済むんです!

「自分でトレードすると、損切りを引き伸ばしたりしそうで怖い…」という方は、OCO注文をしっかり活用していきましょう。

因みに、上記でご紹介した「GMOクリック証券」「パートナーズFX nano」「XM」のいずれも、OCO注文を導入していますよ!

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

マネーパートナーズの公式サイトはこちら

\今なら1,000円もらえる!/
マネパで無料口座開設! 

学生でもFXを始めることはできるの?

結論、学生の方でもFXを始めることができます!

国内FX業者:満20歳以上から口座開設可能

海外FX業者:満18歳以上から口座開設可能

高校卒業後の学生の方(大学生・専門学生など)は、20歳に達していれば国内FX業者で口座開設を行うことが可能です!

実際僕も大学在学中に「GMOクリック証券」で口座開設していましたが、問題なくスムーズに登録することができました。

例外はありますが、国内FX業者は基本的に「20歳未満」の方の口座開設はできません。

「SBI FXトレード」などは18歳からでも口座開設することが可能ですが、親権者の同意などの手続きが非常に面倒なのでオススメできません!

ですので18歳・19歳の方でFXを行いたい方は、海外FX業者の「XM(エックスエム)」を利用するのが良いでしょう。

海外業者なら、面倒な「本人確認書類の提出」などを行う必要がありませんし、ゼロカットシステムを導入しているので、安心です!

⬇︎大学生がGMOクリック証券で口座開設する方法はコチラ!⬇︎

GMOクリック証券は大学生でも口座開設・登録できる?【可能です】みなさんこんにちは、大学生投資ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 大学1年の頃から投資(FX・仮想通貨)を...

⬇︎大学生におすすめな投資についてはコチラ!⬇︎

大学生におすすめな投資を徹底紹介!【1万円ポッキリから可能】みなさんこんにちは、大学生投資ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 大学1年の頃から「FX」「仮想通貨」など...

FXを元手5万円から始める方法 まとめ

今回は「FXを元手5万円から始める方法」について解説しました!

もう一度言いますと、5万円の元手があれば十分にFX取引デビューすることが可能。

5万円からFXを始めるなら「1,000通貨単位」のFX業者を利用するのがミソです。

国内FX業者:パートナーズFX nano口座(1,000円分キャッシュバック)

海外FX業者:XM(3,000円デポジットもらえる)

どちらもキャンペーンが充実していますので、まずはキャンペーン資金でトレードし、慣れてから実資金をいれてみるのも良いでしょう!

「より安心して取引したい…」という方は、元手を少し多めに出して「GMOクリック証券」を利用するのもオススメ。

トレードする際はしっかりとルールを守り、損切&利確ラインは厳守して、コツコツと資金を増やしていきましょう。

「OCO注文」などの便利な注文方法もありますので、積極的に活用していきましょう!

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

マネーパートナーズの公式サイトはこちら

\今なら1,000円もらえる!/
マネパで無料口座開設! 

また、5万円の元手でまとまった利益を狙いたい方は、今トレンドに乗っている「仮想通貨投資」にもチャレンジしてみましょう。

マネックスグループによって運営されている「Coincheck(コインチェック)」なら、500円から仮想通貨に投資を行うことができますよ!

コインチェック

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

\500円から仮想通貨デビュー!/
Coincheckで無料口座開設!

ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。