列車紹介・乗車記

いさぶろう・しんぺい号が最高!魅力やオススメ座席について迫ります!

みなさんこんにちは、旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です!

小学生の頃から各地を一人旅しており、大学2年生の夏(2017年)にはヒッチハイクで「北海道&東日本一周」を達成しています。

今回ご紹介する列車は、JR九州が誇る観光列車「いさぶろう・しんぺい」になります。

僕は1年ほど前(2018年春)にいさぶろう・しんぺいに乗車したのですが「スイッチバック」や「日本三大車窓」の景色に魅了され、大満足の旅をすることができました!

本記事を見て「いさぶろう・しんぺい号」についてバッチリおさらいしていきましょう!

いさぶろう・しんぺい号ってどんな列車?

いさぶろう・しんぺい号は、JR九州の吉松駅〜熊本駅間(肥薩線・鹿児島本線)を走行している観光列車。

沿線には「日本三大車窓(矢岳越え)」や「ループ線&スイッチバック」などのスポットがあり、魅力満点な観光列車なんです!

いさぶろう・しんぺい号は「キハ(気動車)」で運転しており、電車ではなく「ディーゼルエンジン」で走る鉄道の力強さも味わうことができますよ!

いさぶろう・しんぺい号の運行区間

いさぶろう・しんぺい号は、鹿児島県北部の「吉松駅」〜熊本県「熊本駅」を結んでいます。

熊本駅には「九州新幹線」が発着しており、吉松駅には「鹿児島中央駅」からの特急列車も発着しているので、交通の便は比較的良いです!

いさぶろう・しんぺい号は少しばかり変則的な運転形式をとる列車で、以下の区間によって列車種別が変更されます。

吉松駅〜人吉駅間:普通列車(一部指定席あり)

人吉駅〜熊本駅間:特急列車(一部指定席あり)

いさぶろう・しんぺい号の乗車を特にオススメする区間は、普通列車として運転される吉松駅〜人吉駅間。

この区間の”矢岳駅付近”は「日本三大車窓の一つ」として知られており、車窓からは霧島連山の絶景を見ることができるんです!

いさぶろう・しんぺい号の運転日【2019年最新】

いさぶろう・しんぺい号は、毎日運転しています。

リゾート列車として知られていますが、おそらく肥薩線の本数が極端に少ないため、毎日運行されていると思われます!

いさぶろう・しんぺい号の運転時刻

厳密にいうと、熊本方面に向かう列車を「しんぺい号」、吉松駅方面に向かう列車を「いさぶろう号」と呼びます。

上記のように、上下線合わせて合計「4本」の列車が毎日運転されています。

ただし、熊本〜吉松間を運転する「いさぶろう1号」「しんぺい4号」は、熊本〜人吉間は「特急列車」として扱われます!

熊本駅〜人吉駅間を乗車する場合は、乗車券の他の別途「特急券」が必要になるので、注意する必要がありますよ!

いさぶろう・しんぺい号の運賃・料金

続いて、いさぶろう・しんぺい号の運賃について見ていきましょう!

いさぶろう・しんぺい号は人吉駅で列車種別が変更されてしまうので、「吉松〜熊本間」を全区間乗車する場合と、普通列車で運転する「吉松〜人吉間」を乗車する2パターンを比較していきます。

運賃・料金 吉松〜熊本間の場合

乗車券(吉松〜熊本):2,480円

指定席特急券(人吉〜熊本):1,450円

運賃・料金 吉松〜人吉間の場合

乗車券:740円

指定席券:520円

やはり人吉〜熊本間の場合は「特急料金」が必要になってしまうので、若干上乗せされてしまいますね。

また、上記2パターンには「指定席料金」が含まれていますが、いさぶろう・しんぺい号には自由席もありますので、指定席を確保せずに乗車することも可能。

その場合は、上記に記載した金額から「520円引き(指定席券分)」となります!

いさぶろう・しんぺい号の予約方法

いさぶろう・しんぺい号には「自由席車両」も連結されますが、土日・休日や長期休みは混雑が予想されますので、指定席を取ったほうが安心できるかと思います。

指定席は別途「520円」で購入することができ、全国のJRの「みどりの窓口」または「指定席券売機」で購入することが可能です!

いさぶろう・しんぺい号はJR九州内での運転ですが、もちろん「JR東日本」「JR北海道」などでも購入することが可能。

いさぶろう・しんぺい号は基本的に「2両編成」で座席数も少ないので、なるべく早い段階で指定席を抑えるようにしましょう!

JRの指定席券に関しては、発行後「1回限り」なら無料で乗車変更(乗車日・乗車区間の変更)を行うことが可能ですよ!

いさぶろう・しんぺい号の沿線の魅力ポイント

いさぶろう・しんぺい号が走る「肥薩線・鹿児島本線」の沿線には、他の地域には存在しないような様々な魅力があります!

特に魅力が詰まっているのは、普通列車として運転する「吉松駅〜人吉駅間」です。

いさぶろう・しんぺい号の沿線の魅力に迫ります!

魅力① 日本三大車窓(矢岳越え)が綺麗

ひろき
ひろき
日本三大車窓の「矢岳」付近です!写真写りは悪いですが、肉眼レフだともっと迫力があって美しいんです!

いさぶろう・しんぺい号の運行区間である矢岳駅付近は「矢岳越え」と呼ばれており、日本三大車窓の1つとしてもカウントされています。

矢岳駅付近の車窓からは、天気が良いと「霧島連山」「桜島」などの絶景を一望することができます!

北海道の根室旧線、長野県の姨捨と並ぶその景色は、一度見たら記憶に焼き付くこと間違いなし。

いさぶろう・しんぺい号は「日本三大車窓」の区間を運行している「唯一の定期観光列車」でもあるので、訪れる価値は絶対にあると私は思います!

魅力② 日本で唯一のループ線&スイッチバック

肥薩線の大畑駅付近は、日本で唯一「ループ線」の中に「スイッチバック」が存在します。

ループ線・スイッチバックはそもそも「急勾配を登るため」に設計されたと言われています。

円を描いて線路を敷いたり、スイッチのようにジグザクと勾配を登れば、急勾配を緩和することができますよね!

「ループ&スイッチバック」という昔の鉄道線路を楽しむことができるので、鉄道ファンの方は特に必見ですよ!

魅力④ 真幸駅にある「幸せの鐘」で幸福を呼ぼう!

矢岳駅から1駅先の「真幸駅」には、カップルや夫婦の方必見の見どころがあります!

勘の鋭い方はもうお分かりかと思いますが、真幸駅はその名前から「訪れたカップルはずっと幸せでいられる」と言われており、ホーム上には「幸せの鐘」というものが設置されています。

カップルや夫婦などで一緒に鐘を鳴らせば、幸せがずっと続きそうですね!!

なんでもこの「真幸駅」は宮崎県で一番最初に作られた駅だそうで、木造駅舎はなんとも言えない趣がありますね…!

吉松を出発して1駅目にも関わらず、インパクトが凄い。

いさぶろう・しんぺい号は真幸駅で「約5分間」の停車を行うので、鐘を鳴らしたり記念撮影する時間は十分にあります!

魅力⑤ 矢岳駅にある「SL展示館」を見学しよう!

真幸駅の1つ先には「矢岳駅」があり、駅のすぐ横には「SL展示館」という施設が存在しています!

SL展示館には「D51型」の蒸気機関車と、車両の備品などがたくさん展示してあります。

これは鉄道ファンの方にはたまりませんね、僕も発狂しかけましたよ…!()

矢岳駅での停車時間は「約5分」となっており、SL展示館をじっくり見るような余裕はありせん。

僕も5分間の停車時間を使ってSL展示館まで行ったのですが、最後は車掌さんに乗車を催促される感じでした。

SL展示館に行きたい方は、割と駆け足で行って戻ってくるのをオススメします!

魅力⑥ 「大畑駅」に名刺を貼って出世祈願をしよう!

そしてループ線&スイッチバックの中にあるのが、大畑(おこば)駅。

大畑駅に名刺を貼ると出世する」という噂が立っており、大畑駅の駅構内にはたくさんの名刺が貼ってあるんです!

まるで神社にある「絵馬」みたいにズラーーーーっと並んでいます。

駅舎自体も1900年代初期に建てられたものらしく、だいぶ歴史がありますね!

スイッチバック&ループ線の中にある駅」というだけでインパクトが凄いのに、いざ降りてみたらそれ以上の衝撃が待ってます。訪れる価値は十分にあると思いますよ!

大畑駅でも停車時間は「約5分間」となっており、こちらは駅構内なので余裕を持って見学できるかと思います!

いさぶろう・しんぺいが運行する「鹿児島・熊本方面」への格安な行き方

いさぶろう・しんぺい号はJR九州の中でもかなり有名なリゾート列車ですので、日本各地から観光客の方が訪れるかと思います!

そこで気になるのが、いさぶろう・しんぺい号の運転区間である「熊本県・鹿児島県」までの移動手段。

結論言うと、各地から鹿児島・熊本方面まで格安で移動するなら「格安航空(LCC)」が最も安くて早くてオススメ。

試しに、東京から鹿児島までの移動手段を比較してみました!

移動時間 交通費
新幹線 約6時間半 約30,500円
飛行機(一般航空) 約2時間 9,000円前後
飛行機(格安航空) 約2時間 7,000円前後

上記3つの移動手段が主流かと思いますが、実際に比較して見ると「飛行機」の安さは歴然としていますね。

特に格安航空(LCC)と呼ばれる航空会社を利用すると、鹿児島方面までなんと最安「7,000円代」で移動することができてしまうんです!

一般航空会社でも十分に安いのですが、格安航空(LCC)が最も安く、なんと片道7,000円台という破格さ。

ただし「格安航空」と聞くと、

旅人
旅人
格安航空って確かに安いけど、安すぎるから危なそう…

上記のように思う方も多いかと思います。

結論、LCCは安全性に関しては全く問題なく、一般航空が導入していないような「様々なコストカット策」を導入しているために、格安チケットを提供できているんです!

格安航空のコストカット策

・空港内における駐機時間の削減

・オンライン予約移行による人件費の削減

・無料サービスの縮小・撤廃

このような理由があるために、破格の航空券を提供することができているんです!

ジェットスター(LCC)は鹿児島の他にも「熊本」「大阪」「名古屋」「札幌」「福岡」など、ほとんどの主要都市を就航していますよ!

九州までの航空券予約なら「エアトリ」がオススメ

熊本・鹿児島方面への航空券予約は、航空券比較サイトの「エアトリ」で予約するのが最もオススメ。

エアトリには、私たち旅行好きの人たちにはありがたい「たくさんのメリット」が存在しているんです!

エアトリのメリット

・「一般航空」と「格安航空」のフライト価格を一度に比較できる

・入金前に限ってキャンセル・変更が無料で行える!

エアトリの最も大きなメリットは、入金前に限って航空券のキャンセル・変更を無料で行うことができる点。

入金期限は予約日から「3日後」なので、それまでならキャンセル・変更を無料で行うことが可能。

旅行の日程変更したいんだけど、もう航空券予約しちゃった…」という場合でも安心!

ただ、LCCは格安な分予約が埋まってしまうのが早いので、日程が決まり次第早めに予約することをオススメします!

\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリで航空券をチェック【格安】

⬇︎東京から鹿児島まで格安で行く方法についてはコチラ!⬇︎

東京から鹿児島の格安な行き方ガイド【2019年最新版】 上記のような疑問にお答えしていきます! 本記事を見れば、東京から鹿児島までの格安で早い行き方をしっかりマスターする...

いさぶろう・しんぺい号の車内の様子・設備

続いて、いさぶろう・しんぺい号の「車内設備・車内サービス」についてご紹介していきます。

吉松〜人吉間は普通列車として運転される「いさぶろう・しんぺい号」ですが、まるで「特急列車」がと思うくらい車内販売・車内サービスが充実しているんです!

いさぶろう・しんぺい号の乗車証明書

いさぶろう・しんぺい号に乗車すると「乗車証明書」というものをもらうことができます!

季節毎にデザインが異なるようで、上記の場合は「秋仕様」になっていますね。

右側には「記念乗車スタンプ」を押す欄がありまして、車内に備え付けてあるスタンプを押して、乗車証明書の完成です!

旅行した記憶は時と共に薄れてしまいますが、乗車証明書は一生モノですので、忘れずにスタンプを押して持ち帰りましょう!

いさぶろう・しんぺい号の車内販売

いさぶろう・しんぺい号には全区間、車内販売が導入されています!

普通列車として運転されている区間があるにも関わらず、全区間で車内販売があるのは非常にありがたいですね。

車内販売のメニュー

・飲み物

・お菓子

・お弁当

・アルコール類

・グッズ(クリアファイル・キーホルダー等)

https://twitter.com/chapi_stmemo/status/1033580316647022592

私の記憶では、お弁当は「栗飯」という、栗やたけのこなどが入ったものが1種類だったような気がします!(曖昧でスイマセン…)

いさぶろう・しんぺい号の車内でしっかりお弁当を食べたい方は、あらかじめ出発駅で購入しておくのが確実かと思います。

いさぶろう・しんぺい号の指定席を予約する際のコツ

続いて「いさぶろう・しんぺい号を予約する際のコツ」についてご紹介していきます!

いさぶろう・しんぺい号の運行区間である「肥薩線・鹿児島本線」は車窓からの景色が綺麗ですので、絶対に「窓側席」を抑えるのがオススメ。

上記の画像は「いさぶろう・しんぺい号」の座席表なのですが、ご覧の通り窓側は「A席・D席」、そして通路側は「B席・C席」に配置されています。

ですので、指定席予約をする際は窓側の「A席・D席」を予約するようにしましょう!

ひろき
ひろき
みどりの窓口で「窓側席でお願いしたいです!」と伝えれば、対応してくれますよ〜!

可能であれば、進行方向に向かった座席を確保するのが良いかと思います。(逆方向だと、乗り物に弱い方は酔ってしまう可能性があります

熊本方面行きであれば「A席」、吉松方面行きなら「D席」がベストな座席位置ですね。

さらに、「霧島連峰&日本三大車窓」側に位置しているのは番号が「奇数」の座席ですので、奇数側の座席を確保するようにしましょう!

熊本方面行きなら「A席」 吉松方面行きなら「D席」がベスト!

日本三大車窓を眺めるなら「奇数番号席」を確保しよう!

いさぶろう・しんぺい号に乗るなら「青春18きっぷ」がおトク!

いさぶろう・しんぺい号は「吉松駅〜人吉駅間」は普通列車として運行しているので、JR各社が季節限定で発売している「青春18きっぷ」でも乗車することが可能です!

青春18きっぷって?

・JR各社が季節限定(春・夏・冬)に発売するフリーパス

・5回綴り(5日分)で発売され、1回分につき1日、全JR線の「普通列車」「快速列車」が乗り放題になる

→実質1日2,370円で全国のJR線の「普通列車」「快速列車」が乗り放題!

青春18きっぷは、鉄道ファン・旅人から愛用されているフリーパス。

実質1日たったの「2,370円」でJRのローカル線が乗り放題ですので、めちゃめちゃお得。

いさぶろう・しんぺい号は「吉松〜人吉間」は普通列車で運転しているため、その区間なら青春18きっぷでも乗車することが可能なんですよ〜!

ただし、青春18きっぷは季節限定ですので、販売期間・利用期間には十分に注意しましょう。

青春18きっぷの利用期間・発売期間

(春)発売期間:2019年2月20日(水)~2019年3月31日(日)
利用期間:2019年3月1日(金)~2019年4月10日(水)

(夏)発売期間:2019年7月1日(月)~2019年8月31日(土)
利用期間:2019年7月20日(土)~2019年9月10日(火)

(冬)発売期間:2019年12月1日(日)~2019年12月31日(火)
利用期間:2019年12月10日(火)~2020年1月10日(金)

2019年の青春18きっぷの利用期間・販売期間に関してはすでに発表されていますので、しっかりチェックしておきましょうね!

⬇︎青春18きっぷの概要・特徴・使い方についてはコチラ⬇︎

青春18きっぷの買い方や使い方、2018年の最新情報を徹底解説します!大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 今年で一人旅歴は9年目になります。 今回の記事で...

いさぶろう・しんぺい号について まとめ

今回の記事では「いさぶろう・しんぺい号」についてご紹介しました!

肥薩線・鹿児島本線の沿線には「日本三大車窓」「スイッチバック&ループ線」などたくさんの見所がありますので、人生で一度は訪れてみる価値はあると私は思います。

「格安航空(LCC)」を使えば「片道7,000円代」で九州方面まで行けますし、いさぶろう・しんぺい号の普通列車区間を利用すれば、特別料金もかかりません。

旅費を抑えつつ、いさぶろう・しんぺい号での旅を是非楽しんでみてください!

\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリで航空券をチェック【格安】

⬇︎同じくJR九州が誇る観光列車「SL人吉号」についてはコチラ!⬇︎

SL人吉号の予約方法・時刻・料金・運転日を徹底解説!【2019年最新版】みなさんこんにちは、大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です! 小学6年生の頃から一人で各地を旅しており、...
ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。