列車紹介・乗車記

近鉄特急ビスタカー&12400系(通称:スナックカー)に乗車!【シカとも遊んだ】

こんにちは、旅音楽投資ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です!

さて、先日2019年2月17日〜20日にかけて、友人と大阪・京都にプチ旅行に行ってきました!

その際にちょろっと一人で乗りに行ったのが、前々から気になっていた「近畿日本鉄道」こと近鉄。

今回のお目当ては、近鉄特急の割と古い車両である「12400系」と、二階建て車両が特徴的な「ビスタカー」です!

京都駅から近鉄奈良駅まで往復乗車してきたので、その様子を書いていこうと思います!

結論、近鉄は国鉄車両好きな人には最高!!!です!

僕のツイートからもその興奮度合いがうかがえるかと思いますww

特に、近鉄の12200系(通称:スナックカー)は昭和に作られた車両でして、JRの国鉄車両のような雰囲気がムンムン漂っており、最高です!

大阪なんばではたこ焼き並んでる最中に鳥フン落とされて激萎えもしましたが、まあ良いでしょう()

とりあえず、近鉄は鉄オタの僕からしたら最高でした!

 

2019年2月21日情報追記

近鉄12400系は「スナックカー」とは呼ばず、白とオレンジの塗装をしていることから「サニーカー」と呼ばれているようです。大変失礼しました(T ^ T)

近鉄の「12400系(スナックカー)」って?

 

近鉄12400系って?

・1969年(昭和44年)から製造開始され、170両近く大量製造された。

・同じ系列でも初期の方の車両では廃車されているものもある。

昭和53年にブルーリボン賞受賞

ざっくり言うとこんな感じです。

12400形には京都から乗車したのですが、近鉄の幕車である「12200系」と勘違いしていました…

正直近鉄のなかで一番古い特急だと思い込んで乗っていたのでちょっと残念です()

まぁでも、車両の座席や内装は綺麗さを保ちつつも、昔ながらの雰囲気が漂っており、国鉄車両好きの僕には好印象!

この12400系の自動ドアは、JRの24系客車(ブルートレイン)や583系(電車三段式寝台)などでも用いられている「折戸式」のドアで、非常に懐かしさを感じました!

「スナックカー」って一体なんなの?

https://twitter.com/Yuma_Boss/status/1098073889194700800

この近鉄12400系は、通称「スナックカー」とも呼ばれています。

これはどうやら、デビュー当時に車両に備え付けられていた「スナックカー」が由来しているようですね!

スナックカーって?

かつて、乗客に飲み物や軽食を提供する「スナックコーナー」を車両に設けていたことが由来する。数年でスナックコーナーの需要はなくなり、撤去された。

当時12400系に設置されていた「スナックコーナー」が名前の由来っぽいですね!

設置されたは良いものの需要はあまりなく、数年で撤去されたようですね、悲しい、、

近鉄の「30000系(ビスタカー)」って?

 

近鉄の「ビスタカー」って?

・1978年(昭和53年)に二階建車両「ビスタ・カー」として登場!

・1979年(昭和54年)にはブルーリボン賞も受賞している。

・平成8年(1996年)に窓や座席のリニューアルが行われ、現在に至る。

近鉄の二階建て特急車両が「ビスタカー」になります!

パッと車両を見た感じ、行き先表示もヘッドマークも「LED」表示で、内装も結構綺麗だったので「これはきっと俺が生まれた年(平成10年)くらいに製造されたんだな、あゝ兄弟よ」と思っていましたが20歳くらい年上でめちゃくそビビりました。

二階建て車両の「下階部分」は、グループ専用の半個室みたいになっています、五能線を運行している「リゾートしらかみ」とかのグループ席みたいな感じですね!

近鉄特急「12400系(スナックカー)」に乗車!

ひろき
ひろき
京都に降り立ったンゴ!!!!!

2泊3日の友人3人との大阪・京都プチ旅行も終盤に差し掛かり、3時間弱の自由行動。

もちろん僕は全力で鉄道に乗ります!!!!

近鉄京都駅でせんとくんがお出迎え〜!

まずホームに入っていたのがコイツ。

新型はあんまり惹かれないし、よくわかりませんが、証拠程度に写真をパシャり。

ちなみにこの時は本当にノープランでして、「近鉄の古い特急型車両きたら乗ろうかな〜」くらいのノリで待ちつつ、近鉄撮影大会をしてました。

パッと見た感じめっちゃくちゃ古くて、個人的にタイプでした。

後で調べるとこの普通列車は「8000系」というらしく、昭和39年(1964年)に製造開始され、すでに廃車が始まっているとのこと。

やっぱり京都・大阪は私鉄・JR関係なく、かなり古い車両がザラに走っているので、鉄道ファンからしたらマジで最高ですね。。。

そして近鉄の特急列車が入線!

後で調べるとこの車両は「12400系」でしたが、思いっきりこの時「12200系」だと勘違いしていました()お恥ずかしい()

ヘッドマーク・方向幕はLEDに変更されているものの、ヘッドマーク上部の「特急」の表示は幕になっています。

自分的に結構タイプな車両だったので、特急券を別途購入し、早速車内に乗り込みます!

少々古めっぽい車内。あずき色を基調とした座席になっており、すごく落ち着いています。

平日の夕方ということもあって乗車率はそこまででもありませんでしたが、近鉄の特急列車には自由席がなく、全車指定席でした。

近鉄の場合券売機で指定席券を購入すると、座席が自動で指定されるので車端部から1席ずつ埋まっていきます。

そのため、編成の片側は人で埋まっていて、もう片方がガラガラという変な現象が起きていました。

ひろき
ひろき
空いている車両に乗りたい人は、あらかじめネット予約とかで座席指定しておくのがオススメですよっ!

近鉄12400形の座席は、「簡易リクライニングシート」ってやつです。

かつてのJRの14形客車の自由席車両などにも使用されていて、かなりの懐かしさを感じました。

リクライニング角度はもうほんとおまけのようなもので、若干倒れる程度です。

テーブルがなくて、かつネットが斜めになっている感じは、かつて青森〜札幌間を運行していた夜行急行「はまなす」の座席に激似です!

ちなみにこの写真が急行はまなす号の座席「ドリームカー」です!

テーブルがなくてネットの角度がめちゃくちゃ似ていて、すっごく懐かしい気分に浸っていました…ww

シートピッチは、可もなく不可もなくという感じ。

これが夜行列車だったり長距離特急だったりしたら話は別ですが、近鉄特急の移動時間・走行距離を考えるとまぁ問題ないでしょう!

そしてさらに注目すべきは、乗降ドア。

一般的に、JRや私鉄の普通列車・特急列車にはスライド式の自動ドアが用いられているのに対し、近鉄の12200系・12400系あたりには「折戸式」の自動ドアが用いられているんです!

583系は全て引退してしまっているので、現存するJRの車両で「折戸式」を用いている車両はほどんど存在しないのではないでしょうか…?

あちこち車内を探検し終わると、京都を発車。

乗車した特急は「橿原神宮前行」でしたので、近鉄奈良に向かうには途中の「大和西大寺駅」で乗り換えます!

ひろき
ひろき
片道約30分の特急列車のプチ旅を楽しみますよっ!

京都駅を出て数分は住宅街を走行します。

12400系の加速音はちょっと低温な感じで、JRで言う所の「485系」とか「189系・183系」なんかによく似ています。

ほとんど現存していない車両なので、懐かしさがこみ上げて超絶テンション爆上げしました⤴︎⤴︎

京都を出て15分もたつと、住宅街がなくなって視界が開けます。

京都とかは割と栄えているのは中心部くらいでして、ちょっと電車に乗ればそこはのどかな田園地帯!

2月の夕方16時ということもあり、日が落ち始めています。

そして30分後、あっという間に大和西大寺に到着!

大和西大寺駅からは普通列車に乗り換え、2駅(およそ5分)で近鉄奈良駅です!

とはいえ、東大寺とかなんちゃら寺とか寺院系にはあまり興味がないので、降りるか迷ったのですが、結局奈良のシカちゃんたちを見るために奈良駅まで移動しましたっ!!

奈良公園でシカたちと戯れたよ【まじでおまけ】

ここでしばし小休止にお付き合いくださいっ…!

僕は高校の頃日本史の偏差値を72まで上げ、ノイローゼになるほど京都周辺の寺の名前とかを暗記してたんですけど、寺にはめっっちゃ興味がありません()

ひろき
ひろき
京都といえば金閣寺でもなく、抹茶でもなく、浴衣でもなく、やっぱり鉄道博物館だよな!!!

というタイプなので、奈良の東大寺には行かず、可愛い可愛いシカちゃんたちをささっと見てきました。

 

いた!!!

 

ぱっとみアジア系の外国人観光客の方が8割ほどを占めていまして、日本人はごく一部って感じでした。

鹿せんべいを持っている韓国人ぽい人がシカ3頭くらいに囲まれてて、大声出して逃げてたのが面白すぎて一人でニヤニヤしていました。キモチワルイ

そんなわけで僕も

渾身のツーショット!!!!!!!!!!

バチバチにキメてやりました。

 

自撮りするぞ〜〜とカメラを構えると、シカたちはエサを貰えないことが分かるのか、すぐに立ち去ろうとします。強欲な奴らめ…

 

奈良公園のシカ
奈良公園のシカ
エサくれないなら近寄るな

 

シカと良い感じに戯れて満足したので、

 

京都に帰ります!!!(奈良滞在時間:10分)

 

帰りは2階建特急の「ビスタカー」に乗車します。

近鉄特急「30000系(ビスタカー)」に乗車!

復路も行きと同様、近鉄奈良駅から2駅先の「大和西大寺駅」から乗車します。

どうやら、近鉄奈良駅始発で京都駅まで行く「ビスタカー」はほとんど存在しないようです!

そして待つこと数分、ビスタカーこと二階建て車両を連結している30000系が到着!!

事前にネットで指定席を予約していたので、早速二階建ての2階部分に乗り込みます!

チョッキーとかいうよくわからないキャラクターが出迎えてくれました。中国のようわからんパチモンキャラクターみたい

通路と二階席部分は自動ドアで仕切られており、木でできた内装で非常に落ち着きます。

1階席はこのような感じで、4人〜5人ほどのグループ専用席になっています!

大学の友人同士とかで、ここ貸し切ってワチャワチャするのも面白そう!

早速着席!

イメージとしては、近郊型列車のグリーン車に毛が生えた程度かなと。

内装の木目が非常に綺麗で、落ち着いて過ごすことができましたね!

帰りは行きと反対側の車窓を楽しむ!はずでしたが…

暗くて何も見えねぇ(´༎ຶ۝༎ຶ)

2月なので18時にもなれば余裕で日の入りです。やられました。

京都まで音楽を聴きつつ、のんびりと優雅な時間を過ごしました…

京都到着!!(写真は違う車両です)

近鉄の「スナックカー」「ビスタカー」乗車 まとめ

往復約1時間、奈良滞在時間10分というよく分からないプチ旅でしたが、近鉄に乗車できたのでよかったです。

上記の写真は、奈良駅で帰りの電車を待っていた時にきた「12200系」です。

今回僕が乗った12400系よりも古く、行き先表示・ヘッドマークが幕でできているのが特徴的。

個人的にも、やっぱりオレンジと紺のツートーンカラーである12400系が一番かっこいいなと感じました!

次回来た時は、12200系に乗ってみたいです!

 

結論:近鉄は国鉄車両が好きな人にはオススメ!!

ひろき
ひろき
最後までご覧くださり、ありがとうございました(^ ^)

⬇︎引退間近の185系の「普通車」と「グリーン車」を乗り比べ⬇︎

185系踊り子号の普通車とグリーン車を乗り比べ【廃止・引退間近】こんにちは、大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 小学生の頃から旅や鉄道が好きで、2017年には北海...

⬇︎今はなきブルートレイン「寝台特急あけぼの」乗車記⬇︎

寝台特急あけぼの号『ゴロンとシート』乗車記【2011年1月8日9日】大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 小学6年の頃から一人旅を初めて、かれこれ9年目になります。 ...

⬇︎僕の青春「急行能登号金沢行き」ラストラン乗車記⬇︎

【惜別】最後のボンネット国鉄色 急行能登号乗車記【自分の原点】『急行能登号 金沢行き』 自分の人生を変えた列車だった。 *** ...
ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。