行き方ガイド

新潟〜大阪の格安な行き方ガイド【2019年最新版】

旅好き犬
旅好き犬
新潟から大阪までの格安な行き方について知りたいワン!

 

上記のような疑問にお答えしていきます。

新潟〜大阪は新幹線が走っていない区間ですので、移動手段には非常に迷うかと思います。

本記事を見れば、新潟〜大阪までの格安な移動手段についてバッチリ理解することがするので、是非最後までご覧下さい!

新潟から大阪までの最もオススメな行き方は「飛行機」

結論言いますと、新潟から大阪までの最もオススメな行き方は「飛行機」になります。

新潟〜大阪間は新幹線が開通していませんので、在来線特急を利用することになりますが、その場合ですと移動時間が半端なく掛かってしまいます。

試しに、新潟〜大阪間の「在来線特急」「飛行機」それぞれの移動時間・交通費をざっくりと見ていきましょう!

移動時間 交通費
在来線特急 約5時間40分 16,320円
飛行機(一般航空) 約1時間10分 24,360円〜
トゲ太郎
トゲ太郎
えっ、飛行機の方が全然高いじゃん…。

上記のように思った方もいると思います。

確かに、一般航空を使った場合は「片道25,000円」と非常にお高いですが、なんと大阪〜新潟間を飛行機を用いて「5,000円代」で移動する方法もあるんです!

大阪〜新潟間はLCC(ピーチ・エアビジョン)がおすすめ

大阪〜新潟間は「ピーチ・エアビジョン」というLCCを使うのが最もオススメ。

一般航空は「片道約25,000円〜」と非常にお高いですが、LCCなら破格の値段で移動することが可能です!

上記のキャプチャ画像は、航空券比較サイト「エアトリ」の予約画面。

新潟〜関西空港は「ピーチ・エアビジョン」というLCCが就航しており、早めに予約すればなんと一般航空の「8割引」ほどの値段で飛べてしまうんです!

大阪〜新潟間のLCCの割引率は、他の区間の割引率と比較しても半端なく高いです。

格安航空(LCC)が安い理由

トゲ太郎
トゲ太郎
LCCって安いけど、安すぎて不安になる…。

上記のように思う方もいらっしゃると思います。

確かに筆者も、最初にLCCのフライト価格を見たときは「いやまじか、安すぎんかこれ…」と思い、戸惑いました。

がしかし、格安航空(LCC)は「一般航空」と同じく、安全性もバッチリ担保されています。

LCCは「一般航空が導入していないコストカット策」を導入しているからこそ、破格でチケットの提供が実現できているんです!

LCCのコストカット策って?

・空港内における駐機時間の削減

・座席数増席による、輸送人数の増加

・機内サービスの有料化

上記のようなコストカット策を導入しているからこそ、格安チケットを提供することが実現できているんです!

決して、安全性に欠陥があるわけではありませんので、安心して利用することができるかと思います。

格安航空(LCC)の予約は「エアトリ」がおすすめ


大阪〜新潟間の航空券は「エアトリ」で予約するのが最もオススメ。

最近では「ロバート秋山さん」が出演しているテレビCMが頻繁に放映されており、注目が集まっていますね。

「エアトリ」には、旅人には嬉しい様々なメリットが存在しているんです!

エアトリのメリット

・スマホがあれば、24時間どこからでも航空券の予約を行うことが可能

・「一般航空」と「格安航空」の価格差を一発で把握することができる

・入金前に限って、航空券のキャンセルを無料で行うことができる

エアトリの最も大きなメリットは、入金前に限って航空券のキャンセルを無料で行うことができる点。

日程変更したいんだけど、航空券予約してしまった…」という場合でも、エアトリなら心配ありません!

予約日から3日後(入金期限まで)なら、無料で航空券のキャンセルを行うことが可能です!

ただし、上記のように大阪〜新潟間はLCCの安さが圧倒的に目立ちますので、早い段階で売り切れてしまうことが懸念されます。

ですの、日程が決まり次第、早め早めに予約してしまうのがオススメですよ!


\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリでLCCを予約【格安】

新潟から大阪までの「4つ」の行き方・移動手段

先ほども述べた通り、新潟〜大阪までの最もオススメな移動手段は「飛行機」です。

他にも新潟〜大阪間は「4つ」の移動手段が存在しています。

新潟〜大阪間の移動手段

①飛行機(格安航空・LCC)

②在来線特急+新幹線

③在来線

④夜行バス

それぞれの移動手段について、詳しく確認していきましょう!

新潟から大阪までの行き方② 在来線特急+新幹線

特急+新幹線の費用・移動時間

乗車券(新潟〜大阪):9,200円

指定席特急券(大阪〜金沢):1,450円

指定席特急券(金沢〜上越妙高):3,110円

指定席特急券(上越妙高〜新潟):2,560円

移動時間合計:約5時間40分

交通費合計:16,320円

新潟〜大阪間は「在来線特急+新幹線」を利用し、陸路で移動することも可能です!

最近では「北陸新幹線(長野〜金沢)」が開通した影響もあり、新潟〜金沢をつなぐ優等列車(くびき野・北越など)が廃止されてしまいました。

金沢から東京方面への移動は便利になったものの、新潟方面への移動には、かなり時間がかかってしまうようです。

JR線を利用する際の各種割引

大阪〜新潟間は「582.9km」とそこそこの距離があり、学生割引を利用することが可能です。

学生割引とは

JR線内において、学生の方が片道「101km以上」の移動を行う場合、乗車券が「2割引」になる割引制度。(学割証明書・学生証携帯必須)

営業キロ数が「601km以上」で往復利用する場合は「往復割引」を適用することが可能なのですが、残念ながら大阪〜新潟間はキロ数が足りないため、適用することができません。

また、学生割引に関しては適用されるのは「乗車券部分のみ」ですので、指定席特急券は割引なしで支払う必要があります。

上記のことを加味すると、圧倒的に飛行機(LCC)の方が安くて早いので、陸路での移動はオススメできません…。

新潟から大阪までの行き方③ 在来線(ローカル線)

新潟〜大阪間は「在来線(ローカル線)」で移動することも可能。

JR各社が季節限定で発売している「青春18きっぷ」というフリーパスを利用すれば、新潟〜大阪間を格安で移動することができます。

青春18きっぷって?

・JR各社が季節限定(春・夏・秋)で発売しているフリーパス。

・5回分1セットで発売され、お値段は11,850円。

・1回分につき1日、全国のJR全線の普通列車・快速列車が乗り放題になる。

→実質1日「2,370円」で、JRの普通列車・快速列車が乗り放題!

青春18きっぷは、旅人や鉄道ファンなど幅広い方に利用されているおトクなきっぷ。

青春18きっぷでの移動は「普通列車・快速列車のみ」となりますので、移動時間はかかりますが、格安で新潟〜大阪間を移動することが可能ですよ!

青春18きっぷは1枚で1日(24時間)有効、つまり「始発から終電まで乗り継ぐ方法が、最も有効活用できる」ということになります。

上記のように仮に大阪を始発で出発した場合、篠ノ井線や大糸線を乗り継いで行けば、新潟駅には当日の「21時頃」に到着することが可能です!

つまり、大阪〜新潟間は青春18きっぷ1回分(2,370円分)で移動することができてしまうんです!

時間をかけてでもいいから、なるべく安く移動したいな…」という方には、青春18きっぷでの移動が最もオススメ。

ただし、青春18きっぷを使用するにあたっては「いくつかの注意点」も存在していますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう!

・季節限定発売なので「利用可能期間」「販売期間」に注意するべき

・青春18きっぷは「バラ」で購入することができない

・青春18きっぷのみで「新幹線・特急列車」に乗車することはできない

まず、青春18きっぷは季節限定発売(春・夏・冬)になります。

2019年〜2020年冬にかけての利用期間・販売期間に関してはアナウンスされていますので、あらかじめチェックしておきましょう。

青春18きっぷの販売期間・利用期間

(春)発売期間:2019年2月20日~2019年3月31日
利用期間:2019年3月1日~2019年4月10日

(夏)発売期間:2019年7月1日~2019年8月31日
利用期間:2019年7月20日~2019年9月10日

(冬)発売期間:2019年12月1日~2019年12月31日
利用期間:2019年12月10日~2020年1月10日

→青春18きっぷの利用期間・販売期間をチェック

また、青春18きっぷのみでは「新幹線・特急列車」に乗車することができません。

乗車する場合は、全区間の特急券・乗車券が必要になってしまうので、十分注意しましょう。

そして、青春18きっぷは「1回分」「2回分」などのバラで購入することはできませんので、バラで入手したい場合は「金券ショップ」「オークション」などを利用するようにしましょう。

新潟から大阪までの行き方④ 夜行バス

夜行バスの交通費・移動時間

交通費:5,200円〜7,600円

移動時間:約11時間

新潟〜大阪間は、直通の夜行バスも運行しています。

ただし「半日」ほどバス車内で移動する必要があり、何より半端なく疲労するので、夜行バスの利用はあまりオススメできません。

片道の交通費は「飛行機(LCC)」を利用した場合とそこまで変わりませんので、LCCを利用した方が早いしおトクですので、オススメです。

新潟から大阪までの行き方番外編 ヒッチハイク

こちらは番外編なのですが、新潟〜大阪間は「ヒッチハイク」で行くことも可能かと思います。

筆者自身、ヒッチハイクで新潟〜大阪間を移動した経験があるのですが、約2日間ほどで移動することができました!

学生の方は特にですが、ヒッチハイクで得るものは非常に多いので、興味のある方は挑戦してみることをオススメしますよ!

ヒッチハイクのメリット

・初対面の人と会うので、コミュニケーションスキルが身につく

・色々な人と知り合うことができる

・基本的に交通費がかからない

僕自身、高校2年生の頃に初めてヒッチハイクを経験し、それから大学2年生の夏にはヒッチハイクで「北海道&東日本一周」を達成しています。

これまで軽く100回以上はヒッチハイクを経験したことがありますが「警察官」「消防士」「自衛官」「歯科助手」「建設会社社長」など、様々な方と知り合うことができました。

色々な人と出会うことができますので、学生の方にとっては貴重な経験になるかと思います。

興味のある方は、是非挑戦してみて下さい!

新潟から大阪までの行き方・移動手段 まとめ

今回の記事では「新潟〜大阪間の格安な行き方・移動手段」についてまとめました。

もう一度結論言いますと、新潟〜大阪間の最も格安な移動手段は「飛行機」になります!

「ピーチ・エアビジョン」というLCCが就航していますので、そちらを利用すれば「片道5,000円代」で移動することができ、たいへんお得です。

また「在来線(青春18きっぷ)」や「夜行バス」「ヒッチハイク」などの移動手段も存在しますので、ご自身に合った移動手段を選ぶようにしましょう!


\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリでLCCを予約【格安】