旅行

【格安】大阪から鹿児島までの行き方を徹底解説!【結論:飛行機】

みなさんこんにちは、大学生旅×仮想通貨×音楽ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。

小学生の頃から一人旅が大好きで、2017年にはヒッチハイクで「北海道&東日本一周」を達成しています!

 

旅好きブルドッグ
旅好きブルドッグ
大阪から鹿児島までの格安な行き方を知りたいワン!なるべく往復の交通費を抑えて、鹿児島で贅沢したいワン!

 

上記のような疑問にお答えしていきます!

九州南部に位置し、「霧島神宮」や「桜島」などとして知られる鹿児島県。

僕も今まで2回ほど行ったことがあるのですが、自然が豊かでとっても素敵な場所です!

今回は大阪から鹿児島に行く方に向けて、格安で鹿児島に行く方法をご紹介していきます!

結論を先に言ってしまうと、「所要時間」と「交通費」を総合的に判断する場合、大阪から鹿児島まで行く場合は「飛行機」がオススメです。

 

「なんだ、飛行機か…」

と思う方、ちょっと待って下さいっ!

飛行機に乗る際に「あるちょっとした知識」を知っておくと、片道の交通費をなんと20%〜30%まで割引できるかもしれないんです!

僕も旅行するときはこの方法を使っており、知らないと本当に勿体無いです。

飛行機を利用する際に知っておくべき「ある知識」や、飛行機以外の移動手段についても解説していきますので、是非最後までご覧下さい!

【結論】大阪から鹿児島への格安な行き方は【飛行機】

結論、大阪から鹿児島まで移動する際は「飛行機」が最も安くて早いのでオススメです!

そしてここでポイントとなるのは、私たちが一般的に知っている「ANA」や「JAL」などといった「一般航空」を利用するのではなく、「格安航空(LCC)」を利用する事なんです!

一般航空vs格安航空

一般航空▶︎「ANA」「JAL」など

格安航空▶︎「ジェットスター」「ピーチエアビジョン」など

「ANA」や「JAL」などといった一般航空は、そこそこにお値段が張ってしまいます。

しかし格安航空(LCC)の場合は、一般航空よりも半額ほどで航空券を購入することができるんです!

大阪から鹿児島の間を運行している格安航空(LCC)は「ピーチエアビジョン」という航空会社1択ですので、鹿児島に行く際は「ピーチエアビジョン」を利用しましょう!

それでは、実際に「一般航空」と「格安航空(LCC)」とでどれほど価格差があるのか、1ヶ月後の価格を用いて比較していきます!

一般航空(大阪〜鹿児島):約5,000円

格安航空(大阪〜鹿児島):約13,000円

自分も調べてみてびっくり、だいたい一般航空と比較してのLCCの割引率は「30%〜50%」ほどなのですが、大阪から鹿児島間の場合は「60%以上」も安くなるようです!

もちろん搭乗する時期にもよりますが、どの時期でも一般航空と比較するとLCCは「半額ほど」になるでしょう!

特に大阪から鹿児島間を運行している「ピーチエアビジョン」は、LCCの中でも比較的安くチケットを入手することができます!

格安航空(LCC)が安い理由

旅人
旅人
うーん、LCCって安すぎるからなんだか怪しい。事故ったりしないかな… 

 

このように思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論、全くそんなことありません!

格安航空(LCC)は一般航空と比べて「様々なコストカット策」を導入しているので、その分価格を抑えてチケットを提供することが可能なんです!

格安航空のコストカット策

・空港内における駐機時間の短縮

・無料サービスの縮小

・オンライン予約移行による人件費の削減

・増席による輸送人数の増加

上記のようなコストカット策を行なっているからこそ、格安航空(LCC)は一般航空に比べて非常に安いんです!

決して、安全面に関して一般航空に比べて落ち度があるわけではありませんので、安心して利用できます。

大阪から鹿児島までの航空券予約は「エアトリ」がオススメ

大阪から鹿児島までの格安航空(LCC)を予約するなら、航空券比較サイトの「エアトリ」がダントツでオススメです!

僕も航空券予約の際はエアトリを利用しているのですが、旅好きな人にとってはメリットが盛り沢山なんです!

エアトリのメリット

・24時間365日、スマホさえあれば航空券予約が可能

日付を入力するだけで、一般航空と格安航空(LCC)の価格差を一発で把握できる

入金前に限って無料キャンセル可能なので、とりあえず席を抑えることができる

エアトリは「一般航空」と「格安航空(LCC)」の両方を同時に比較してくれるので、両者の価格差を一発で把握することができます。

それに加え、入金前に限って無料キャンセルすることが可能なので、万が一行程が変わってしまった場合でも安心です!

そして何よりエアトリは「東証一部上場企業」を親会社に持っているので、信頼性が抜群です。

エアトリの航空券予約画面は上記のようになっており、一般航空と格安航空の価格差が一目瞭然。

こうしてみてみると格安航空(LCC)の破格さがよくわかりますね!

フライト時間も一般航空と変わらないので、一般航空で行くのが考えられなくなってしまいます…笑

ただ格安航空はその破格さゆえに、予約が埋まってしまうのも非常に早いです。

日程が決まり次第予約し、短くても旅行の2週間前までには予約しておくのをオススメしますよ!

\浮いたお金でプチ贅沢/
▶︎エアトリで格安航空を予約【割引あり】

大阪から鹿児島までの行き方 飛行機以外の方法

大阪から鹿児島までは「格安航空(LCC)」で行くのが最もオススメなのですが、もちろんそれ以外の移動手段も存在しています!

飛行機移動は味気ないから、時間とお金をかけてでも違う移動手段を使いたい!」という方は、他の移動手段を利用するのも手でしょう。

大阪から鹿児島への移動手段一覧

①飛行機

②新幹線(山陽・九州新幹線)

③在来線(青春18きっぷ)

④長距離フェリー(さんふらわあ)

⑤夜行バス

それぞれについて見ていきましょう!

大阪から鹿児島までの行き方② 新幹線(山陽・九州)

大阪から鹿児島まで移動する場合、「新幹線移動」という手段も考えることができます。

新大阪〜博多間を「山陽新幹線」、そして博多〜鹿児島中央間を「九州新幹線」が走っているので、新幹線で行くことが可能です!

九州新幹線に直通する「みずほ号」を利用すれば、新大阪駅から鹿児島駅まで一本で行くこともできますよ!

大阪〜鹿児島間「新幹線」

・乗車券(新大阪〜鹿児島中央):12,090円

・指定席特急券(新大阪〜鹿児島中央):10,120円

費用合計:22,210円(時期によって変動)

所要時間:約4時間

新幹線の場合は1本で鹿児島まで行ける反面、交通費・所要時間が格安航空(LCC)の4倍ほどかかってしまいます。

新大阪〜鹿児島中央間は「学割(20%引)」「往復割引(10%)」などを適用することが可能ですが、それでもせいぜい「17,000円前後」になってしまうでしょう。

ですので、新幹線を利用して鹿児島まで移動するのはあまりオススメできません。

「僕は新幹線が好きだから、新幹線でいきたいんだ!」という鉄道マニアの方は、学割を活用して山陽新幹線+九州新幹線で行くのもアリですね!

大阪から鹿児島への行き方③ 在来線(青春18きっぷ)

大阪から鹿児島まで行く場合、「青春18きっぷ」というフリーパスを利用するのも選択肢の一つです!

青春18きっぷって?

・JR各社が季節限定(春・夏・秋)で発売するフリーパス。

・5回綴り「11,850円」で購入することができ、1回分につき1日、JR前線の普通列車・快速列車が乗り放題になる。

・つまり、1日につき「2,370円」でJR全線の普通列車・快速列車が乗り放題。

多くの旅人・鉄道ファンに愛用されているのが「青春18きっぷ」というローカル線向けのフリーパスです。

ただし「青春18きっぷ」では新幹線・特急列車に乗車することができないので、鹿児島までローカル線のみで移動する必要があります。

上記のようにローカル線を乗り継いで鹿児島に向かうのですが、青春18きっぷのみでローカル線を乗り継ぐ場合、鹿児島に到着するまで2日間ほどかかります。

ただ青春18きっぷは途中下車が可能ですので、途中駅の「広島」「博多」などで降りて観光をしつつ移動するのもオススメです!

青春18きっぷで鹿児島に向かい場合は、数時間ずっとローカル線のシートに座りっぱなしになることもザラにありますので、長時間鉄道に乗るのが苦痛な方にはオススメできません。

ローカル線に乗るのが好きで、途中駅でも観光したい方は、青春18きっぷを利用してみてくださいね!

大阪から鹿児島への行き方④ フェリー(さんふらわあ)

あまり知られていない移動手段ですが、実は大阪〜鹿児島間は「フェリー」で移動することも可能なんです!

大阪から鹿児島の「志布志(しぶし)」までは「フェリーさんふらわあ」が就航しています!

フェリーさんふらわあって?

・大阪から志布志(鹿児島)を結んでいるフェリー

・夕方18時頃に大阪を出航し、翌日朝9時頃に到着する

・乗船料金は一人13500円〜15860円(時期によって変動)

最も安いタイプのお部屋(大部屋)で一人約15,000円ほどの値段ですので、格安航空よりは高く、新幹線よりかは安い価格帯になりますね。

少々値段がお高く、到着するのが鹿児島の志布志なのでそこからの移動も行わないといけませんが、移動中も全力で楽しみたいなら、フェリーはかなりオススメです!

フェリー館内には様々な設備があるので、子供から大人までしっかり楽しむことができます。

フェリーさんふらわあの設備

・プロジェクションマッピング

・プロムナード

・キッズルーム

・ドッグラン

・ゲームコーナー

・展望大浴場

僕も「太平洋フェリー」と「新日本海フェリー」には乗船経験があるのですが、思っている以上に長距離フェリーは設備が充実しており、楽しいです!

特に面白いのはフェリーの「大浴場」でして、船の揺れに合わせて湯船が「バッサーンバッサーン」と揺れるんです!すごく楽しいですww

フェリーにまだ乗ったことがない方は、移動手段として検討してみて下さい!

→さんふらわあ号をチェック

大阪から鹿児島への行き方⑤ 夜行バス

大阪から鹿児島までは「夜行バス」で行く方法も…と思いましたが、どうやら鹿児島まで直通している夜行バスは無いようです。

大阪〜博多間の夜行バスはあるようなので、夜行バスで行く場合はまず一晩かけて博多まで移動し、到着してから別の移動手段で鹿児島に向かう必要があります。

バス移動はコストパフォーマンスが悪すぎるので、大阪〜鹿児島間の移動にはオススメできません!

大阪から鹿児島への行き方番外編 ヒッチハイク

こちらは番外編なのですが、学生の方などは「ヒッチハイク」をして大阪〜鹿児島まで移動してみるのもアリです!

僕自身、高校2年生の頃からヒッチハイクで各地を旅していまして、大学2年生の頃にヒッチハイクで「北海道&東日本一周」を達成しています。

ヒッチハイクでは様々な経験をすることができるので、特に高校生〜大学生の方にはおすすめです!

ヒッチハイクのメリット

・基本一人で行うので、行動力と度胸が身につく。

・交通費がかからない

僕もヒッチハイクを通して「消防士」「警察官」「教師」「歯科助手」など様々な方と知り合い、良い経験ができました。

何よりヒッチハイクは「初対面の人の車に乗せてもらう」という行為なので、コミュニケーション能力と行動力、度胸が身につきます!

移動費用を抑えて、かつ新しいことにチャレンジしてみたい方は、ヒッチハイクにチャレンジしてみるのも大いにアリです。

僕は今までヒッチハイクをしていて危ない目にあったことはありませんが、女性の方が一人でヒッチハイクする場合などは、細心の注意を払いましょう。

私たちヒッチハイカーが移動できるのは、言うまでもなく車に乗せてくれるドライバーさんのお陰です。忘れずに感謝の気持ちを伝えましょう。

⬇︎金欠大学生がヒッチハイクをすべき理由はコチラ⬇︎

金欠暇人大学生がヒッチハイクをすべき6つの理由【ヒッチ歴5年の大学生が解説】みなさんこんにちは! 夏休みに入りましたが、大学生の皆さんはいかがお過ごしですか? 『飲み会やサークルの合宿などでお...

大阪から鹿児島までの格安な行き方 まとめ

大阪から鹿児島までの格安な移動方法」について解説しました!

大阪〜鹿児島間を格安で移動するなら、ダントツで格安航空(LCC)がオススメ。

格安航空券は非常に人気なので、エアトリで最安価格を割り出し、サクッと予約することをオススメします!

移動手段を工夫してみたい方は「フェリー」「青春18きっぷ」「ヒッチハイク」などの移動手段も検討してみてください。

\浮いたお金でプチ贅沢/
▶︎エアトリで格安航空を予約【割引あり】

⬇︎東京から札幌まで格安で行く方法はコチラ⬇︎

東京から札幌までの格安な行き方を徹底解説【飛行機vs新幹線vsバス】みなさんこんにちは、大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です! 旅と音楽と仮想通貨を愛していまして、一人旅...