行き方ガイド

仙台〜札幌(北海道)の格安な行き方ガイド【2019年最新版】

旅好き犬
旅好き犬
仙台から札幌(北海道)までの格安な行き方について知りたいワン!

 

上記のような疑問にお答えしていきます。

仙台から札幌までは「新幹線」「フェリー」などたくさんの移動手段が存在していますが、結論言ってしまうと、最もおすすめなのは「飛行機」です!

本記事中では、仙台から札幌までを「片道5,000円代」で移動するとっておきの方法についても解説しますので、是非最後までご覧下さい。

仙台から札幌までは「飛行機」が最もおすすめ

中・長距離の移動手段を選ぶ際には「安さ」「速さ」「快適さ」の3つを基準に選ぶのがポイントになるかと思います。

上記3つを総合的に判断しますと、仙台から札幌まで移動する場合は「飛行機」が最もオススメです!

移動時間 交通費
新幹線 約6時間30分 約22,000円
飛行機(一般航空) 約1時間10分 10,500円〜

両者を比較してみると、新幹線を利用するよりも圧倒的に「飛行機」の方が安くて早いことが読み取れますね。

さらに、仙台〜札幌間の片道航空券を「5,000円代」にまで抑えるとっておきの方法もあるんです!

仙台〜札幌間の移動は「格安航空(LCC)」を使おう!

ANAやJALなどは「一般航空会社」と呼ばれていますが、それに対して「格安航空会社(LCC)」というものも存在しています。

仙台〜札幌間は「ピーチ・エアビジョン」というLCCが就航していますので、そちらを利用するのが最もオススメです!

仙台から札幌までの「一般航空会社」と「格安航空会社」の値段を、ざっくりと比較してみました。

一般航空会社 格安航空会社
フライト価格 10,500円〜 5,440円〜

格安航空(LCC)を利用すれば、一般航空と比較して「半額」程度で、仙台から札幌まで移動することが可能なんです!

上記の画像は、航空券比較サイト「エアトリ」の予約画面なのですが、圧倒的にLCCの「ピーチ・エアビジョン」を利用した方が安いですね!

仙台〜札幌往復で「1万円」程度のお金が浮く計算になりますので、現地で少し贅沢できますね!

格安航空(LCC)が安い理由

トゲ太郎
トゲ太郎
確かに格安航空は安い。ただ幾ら何でも安すぎる、事故とか起きそうで怖い…

上記のように思っている方もいるのではないでしょうか?

格安航空(LCC)を初めて知った時は、筆者も同じように思いました。

結論から言いますと、格安航空は「一般航空」と同様、安全性に関しては全く問題ないんです!

LCC各社は「一般航空が導入していない、様々なコストカット策」を導入しているからこそ、格安チケットの提供が実現できているんです!

LCCのコストカット策

・空港内における駐機時間の削減

・オンライン予約への完全移行による人件費削減

・機内における無料サービスの削減・撤廃など

上記のようなコストカット策を導入しているからこそ、LCCは格安チケットを提供することが実現できているんです!

決して、安全性に欠陥があるわけではありませんので、安心して利用することができます。

格安航空(LCC)の予約は「エアトリ」がおすすめ

 格安航空(LCC)の予約に関しては、東証一部上場企業である「エボラブルアジア」によって運営されている航空券比較サイト「エアトリ」を利用するのが最もオススメ。

最近では「ロバート秋山さん」が出演しているテレビCMが放映されており、地名度が急上昇していますね!

僕もエアトリは頻繁に利用しているのですが、エアトリには旅人には嬉しい「様々なメリット」が存在しているんです!

エアトリのメリット

・24時間365日、オンライン上ならどこでも航空券の予約を行うことが可能

・「一般航空」と「格安航空」の価格差を一度に把握することが可能

・入金前なら、航空券の変更・キャンセルを無料で行うことができる!

エアトリの最も大きなメリットは、入金前に限って航空券の変更・キャンセルを無料で行うことができる点。

旅行が好きな方なら、「日程変更したいんだけど、航空券予約しちゃったどうしよう…」なんて経験、一度はあるのではないでしょうか?

エアトリなら、予約日から3日後まで(入金期限まで)なら無料で変更を行うことができますので、非常に安心です!

ただし、仙台〜札幌間は他の区間よりも「LCC」の安さが目立つので、早い時期に満席になってしまう可能性が高いです。

ですので、旅行日程が分かり次第、早めに予約してしまうことをオススメします。


\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリで航空券を予約【格安】

仙台から札幌までの「4つ」の行き方・移動手段

仙台〜札幌間を移動する際、主に考えられる移動手段は、以下の4つになります。

仙台〜札幌間の移動手段

①飛行機

②新幹線+在来線特急

③在来線(ローカル線)

④フェリー+在来線

「飛行機」での移動手段については上記で解説しましたので、それ以外の行き方について見ていきましょう!

仙台から札幌までの行き方② 新幹線+特急

新幹線+特急の交通費・移動時間

・乗車券(仙台〜札幌):11,440円

・指定席特急券(仙台〜新函館北斗):8,880円

・指定席特急券(新函館北斗〜札幌):1,550円

【交通費合計:21,870円】

【移動時間合計:約6時間40分】

2016年、北海道新幹線の「新青森〜新函館北斗間」が開通していますので、仙台〜北海道内までは「陸路(新幹線)」で移動することが可能。

そこから在来線特急を使えば、仙台〜札幌間を「新幹線+在来線特急」で移動することができます!

ただし、飛行機(LCC)と比較してしまうと、やはり交通費は割高になってしまいます。

移動時間も「6時間前後」とかなりかかってしまいますので、コスパ的にはやはり「LCC」を利用するのが吉かと思います!

仙台〜札幌間を「JR」で移動する際の割引

仙台〜札幌間は、JRの営業キロ数だと「811.5km」となっています。

比較的長距離の移動になるので、以下の2つの割引を適用することが可能です!

仙台〜札幌間を移動する際の割引

学生割引:学生の方が「101km」以上を利用する場合、片道運賃が「2割引」になる。(学割証が必要です)

往復割引:往復乗車券を購入する場合で、片道営業キロが「601km」以上の場合、往復それぞれの運賃が「1割引」になる。

仮に上記の割引を併用したとしても、割引率は「30%弱」にしかなりません。

さらに、上記2つの割引が適用されるのは「乗車券部分のみ」ですので、指定席特急券は割引されません。

ですので、やはり仙台〜札幌間の「新幹線+在来線特急」での移動はオススメできません…

仙台から札幌までの行き方③ 在来線(ローカル線)

仙台〜札幌間は、ローカル線(在来線)で移動することも可能です。

JR各社が季節限定で発売している「青春18きっぷ」というフリーパスを利用すれば、仙台から札幌を格安で移動することができるんです!

青春18きっぷって?

・JR各社が「春・夏・冬の3シーズン限定」で発売しているフリーパス。

・5回綴り1枚で発売され、お値段は11,850円。

・1枚につき1日、全国のJR線の普通列車・快速列車が乗り放題になる

→つまり、実質1日2,370円で全国のローカル線が乗り放題!

青春18きっぷは、その破格さ故にたくさんの旅人・鉄道ファンから愛用されています。

青春18きっぷは「1枚で1日間(24時間)有効」というルールがありますので、1回分をフル活用するためには、始発から終電まで乗り継ぐのが最も有効的。

仙台から札幌まではそこそこ距離がありますので、流石にローカル線のみを用いて「1日」で移動することはできません。

途中で1泊挟んで、2日間使えば「青春18きっぷ」で札幌まで移動することが可能、つまり青春18きっぷ2回分「約4,700円」で札幌まで行くことが可能なんです!

だだし、青春18きっぷを利用するに当たっては「いくつかの注意点」も存在していますので、しっかり確認しておきましょう!

・青春18きっぷを「バラ」で購入することはできない

・利用期間・販売期間が限られている

・青函トンネル区間を利用する場合は「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を購入する必要がある

バラでの購入は不可能

まず、青春18きっぷは「1回分」「2回分」などのバラで購入することはできません。

ですので、バラで青春18きっぷを入手したい方は「金券ショップ」や「ネットオークション」などを利用して購入しましょう!

「Twitter」などを利用して、直接売り手を見つけると、割と定価に近い値段で買うことができますので、そちらの方法もオススメですよ!

青春18きっぷの「販売期間」と「利用期間」

青春18きっぷは、季節限定で発売されるフリーパスです。

そのため、シーズン毎に「販売期間」と「利用期間」が設けられていますので、十分に確認しておく必要があります。

2019年の利用期間・販売期間に関しては既にアナウンスされていませので、購入前にあらかじめチェックしておきましょう!

青春18きっぷの利用期間・販売期間

(春)発売期間:2019年2月20日~2019年3月31日
利用期間:2019年3月1日~2019年4月10日

(夏)発売期間:2019年7月1日~2019年8月31日
利用期間:2019年7月20日~2019年9月10日

(冬)発売期間:2019年12月1日~2019年12月31日
利用期間:2019年12月10日~2020年1月10日

→JRの公式サイトで「青春18きっぷ」についてチェック

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」の必要性

青春18きっぷのみで「仙台〜札幌間」を移動することも可能ですが、通過点である「青函トンネル」内は新幹線しか運行していません。

ですので、青函トンネル内を通過する場合は別途「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」というものを購入する必要があります!

仙台から札幌までの行き方④ フェリー+在来線

フェリー+在来線の移動時間・交通費

・乗船料金(仙台〜苫小牧):8,300円〜9,800円

・乗車券(苫小牧〜札幌):1,450円

【交通費合計:約12,000円】

【移動時間合計:約20時間】

※フェリーは2等(最も安い座席タイプ)を利用した場合。時期によって価格は変動する可能性あり。

仙台〜札幌間は、長距離フェリーを用いて移動することも可能。

仙台港から苫小牧港(北海道)までは「太平洋フェリー」という長距離フェリーが就航していますので、そちらを利用してみるのもオススメです。

僕も仙台港から苫小牧港まで乗船したことがありますが、「陸路」「空路」では味わえないような楽しさを味わうことができるんです!

まず驚いたのが、太平洋フェリーの車内設備。

テーマパークかここは!」と思わんばかりの設備の充実さに、圧倒されたのを今でも覚えています。

太平洋フェリーの設備

・レストラン

・シアターラウンジ

・展望大浴場

・プロムナード

・カラオケルーム

・ゲームコーナー

上記のようなたくさんの設備が船内にありまして、仙台から苫小牧への「約15時間」の移動は本当にあっという間に感じました。

特に船内の「展望大浴場」に関しては、船の揺れによって浴槽がまるで「波」のように揺れ、個人的にかなり面白かったのを覚えています!

今まで新幹線とか飛行機ばっかりで移動してたから、新鮮さを求めたい!」という方は、是非フェリーでの移動を検討してみましょう!

仙台から札幌までの行き方 まとめ

今回の記事では「仙台〜札幌間の格安な行き方」についてご紹介しました。

もう一度言いますと、仙台から札幌までの最も「格安」でかつ「速い」行き方は「飛行機」になります。

「ピーチ・エアビジョン」という格安航空(LCC)を利用すれば、最安で「5,000円代」で仙台〜札幌間を移動することができますので、LCCでの移動が最もオススメ。

他にも、北海道新幹線を利用して「新幹線+在来線特急」を利用する方法もありますし、道内まで「太平洋フェリー」を利用することもできます!

「予算」と「移動にかける時間」をよく考え、最も適した移動手段を選ぶようにしましょう。


\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリで航空券を予約【格安】

ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。