列車紹介・乗車記

SL人吉号の予約方法・時刻・料金・運転日を徹底解説!【2019年最新版】

みなさんこんにちは、大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です!

小学6年生の頃から一人で各地を旅しており、大学2年生の夏(2017年)にはヒッチハイクで「北海道&東日本一周」を達成しています。

さて、今回ご紹介するのは、熊本県内を走る「SL人吉(ひとよし)号」です!

僕自身、今まで各地のSL(蒸気機関車)に乗車してきましたが、もちろんSL人吉号にも乗車経験があります。

SL人吉号が走る「肥薩線・鹿児島本線」の沿線には「自然」「歴史」などの観点から様々な魅力があり、カップルや一人旅、家族連れの方にもオススメ!

本記事内では「SL人吉号の特徴・魅力・予約方法・2019年の運転日」だけでなく、鹿児島まで格安で行く方法などについてもご紹介していきますので、是非最後までご覧下さい!

SL人吉号ってどんな列車?

SL人吉号は、熊本県内の「人吉駅〜熊本駅間」を臨時運転しているSL列車。

主に土日・休日に運転しており、牽引機にはSL(蒸気機関車)を使用しているので、鉄道ファンはもちろん、観光客の方からも根強い人気を誇る観光列車です!

人吉号は「58654号機(SL)+50系客車3両」という編成で運転されています。

牽引機である58654号機は「動態保存されている中で最も古い蒸気機関車」としても知られており、力強い走りを見せてくれます!

SL人吉号の運行区間

SL人吉号は、熊本県内の「人吉〜熊本間」を結んでいます!

朝09:45分に熊本駅を出発し、人吉駅で折り返して当日の17:00頃に熊本駅に戻ってきます。

熊本駅は「九州新幹線」の停車駅でもありますし、空港もありますので、アクセスにはそこまで困らないかと思います!

片道の走行距離は87.5km(東京〜小田原間と同程度)と短いですが、片道約2時間30分かけ、のんびりと熊本県を走行します。

SL人吉号の運転日【2019年最新版】

SL人吉号は定期列車ではなく「臨時列車」ですので、運転日には十分気を付けなければなりません!

JR九州は既にSL人吉号の「2019年内の運転スケジュール」を発表しており、上記のようなスケジュールになっています。

基本的には「祝前日・土曜・祝日」の運転で、長期休み(夏休み等)は運転日が若干拡大しているようですね!

SL人吉号は自由席車両の連結がない「全車指定席」での運転になります。

指定席券は、乗車日1ヶ月前の10時から全国の「みどりの窓口」「指定席券売機」で購入することができます!

人吉号は3両編成(そのうち車端部は展望席、2号車の一部はビュッフェ)で座席数は130席前後しかありませんので、早い段階で満席になります。

特にGW・夏休み期間は混雑が予想されますので、早い段階で指定席を確保しておきましょう!

SL人吉号の運賃・料金

SL人吉号は「快速列車」なので、特急料金等は必要なく乗車することが可能。

ただし「全車指定席」ですので、指定席券(520円)は別途必要になります!

指定席は早い者勝ちですので、日程が決まり次第なるべく早く確保するようにしましょう!

SL人吉号の運賃&料金

乗車券(熊本 〜人吉間):1,820円(910円)

指定席(熊本〜人吉間):520円(260円) ※カッコ内は子供料金 時期によって若干変動する可能性アリ

かなり有名な観光列車であるのにも関わらず、別途指定席券だけ(520円)で乗車できるのはありがたいですね!

SL列車の中には「グリーン車」などを連結しているもの(SLばんえつ物語号など)も存在しますが、人吉号は普通車のみの連結となっています!

SL人吉号の運転時刻

SL人吉号は1日1往復、熊本駅〜人吉駅間を往復運転します!

途中駅である「八代駅」「白石駅」「一勝地駅」では5分〜10分程度の長時間停車もありますので、乗車証明プレートを持って記念撮影なども行うことができますよ〜!

(下り)熊本駅09:45発→人吉駅12:09着

(上り)人吉駅14:38発→熊本駅17:14着

SL人吉号の予約方法

上記でも述べた通り、SL人吉号は「全車指定席」ですので、指定席券の事前予約が必要。

指定席券は乗車日の1ヶ月前の10時から、全国の「指定席券売機」「みどりの窓口」で予約することが可能です!

SL人吉号の管轄は「JR九州」ですが、JR東日本やJR西日本の指定席券売機・みどりの窓口でも予約することができますよ!

繰り返しになりますが、SL人吉号は「3両編成(SLは除く)」と両数が少なく、そのうちの半分弱を「展望席・ビュッフェエリア」が占めています。

席数も「約130席」と非常に少ないので、日程が決まり次第すぐに予約することをオススメします!

JRの指定席券売機は「1回だけ」なら無料で乗車変更(運転日・運転区間の変更)を行うことが可能です。

指定席券を発券した後でも1回限りなら変更可能ですので、安心ですね!

SL人吉号の魅力ポイント

熊本県の大自然の中を走行するだけあって、SL人吉号にはたくさんの魅力があります。

SL人吉号や、車窓・沿線などについての魅力を、実際の乗車体験を交えて解説していきますね!

SL人吉号の魅力① 車窓から眺める球磨川が最高!

SL人吉号の沿線の魅力といったら、何といっても肥薩線に並行して流れている「球磨川」ですね!

球磨川は、人吉駅を出発してから新八代駅あたりまで「JR肥薩線」と並行しており、八代で八代海に繋がっています。

球磨川(くまがわ)は、熊本県内最大の一級河川で、「最上川」「富士川」と並んで「日本最大急流」の1つとして知られている。

晴れた日には、上記のようにエメラルドグリーンな水面に反射するSLを見ることができ、かなり美しいです。

片側には山、もう一方には川」というシチュエーションを体験することができ、熊本の大自然を存分に堪能することができます!

SL人吉号の魅力② 車内で飲む地ビールが最高!

ひろき
ひろき
SL乗車中にとったのでブレてます!スイマセンっ…!

僕は以前上りの人吉号(人吉〜熊本)に乗車したのですが、その時車内で買った「地ビール」が最高でしたね…。

苦味が深い地ビールでして、SLに揺られながら飲むと美味しさが3倍くらいになりますね!!!

SL人吉号の魅力③ 人吉号のプレートを持って記念撮影

ひろき
ひろき
顔隠してマス、見づらくてスイマセン!

車内には、SL人吉号のプレートがありますので、プレートを持って記念撮影を行うこともできます!

旅の思い出は時間が経つにつれて忘れてしまいがちですが、写真は一生残りますし、見ればその時の記憶が蘇ってきます。

SL人吉号と共に、思い出を記録しましょう!

SL人吉号の魅力④ 途中駅「一勝地駅」での合格祈願

SL人吉号は途中「一勝地駅(いっしょうち)」に停車するのですが、その名前から「縁起の良い駅」として知られており、受験生などがよく合格祈願で訪れるそうですね!

一勝地駅では「必勝お守り記念入場券」というのも発売しており、160円で購入することができるようです。

駅舎もかなりレトロで、なんだか趣がありますね。

一勝地駅では、上下線共に「10分間」の停車時間がありますので、駅の外に出て軽く散策することも可能ですよ!

SL人吉号の乗車する際のオススメルート

僕がSL人吉号に乗車した時のルートが最高でしたので、ご紹介します!

結論言いますと、SL人吉号は「上り(熊本行き)」に乗るのがオススメです。

上りの人吉号の始発駅は「JR人吉駅」なのですが、その少し鹿児島寄りの吉松駅からは「いさぶろう号・しんぺい号」というリゾート列車が運行しているんです!

「いさぶろう・しんぺい号」もJR九州を代表するような観光列車でして、日本三大車窓の1つである「矢岳越え」の景色を車窓から眺めることができます!

日本三大車窓」と言われるだけあって、やはり矢岳駅付近から眺める車窓は素晴らしいです。

さらに嬉しいことに、吉松〜人吉号を運行している「いさぶろう・しんぺい号」はなんと普通列車で毎日運行しているので、特別料金を払わずに乗車可能。

もちろん「青春18きっぷ」でも乗車することができますので、格安で「日本三大車窓」を楽しむことができるんです!

ですので、SL人吉号に乗車する際は、前日「鹿児島駅」付近で宿泊し、翌日特急or普通列車で吉松まで移動し、そこから「いさぶろう・しんぺい」「SL人吉」を乗り継ぐのがオススメです!

ひろき
ひろき
一応、参考までに推奨ルートを載せておきますね!

鹿児島中央駅 09:26発
|            特急はやとの風2号
吉松駅 11:11着 11:49発
|            いさぶろう・しんぺい2号
人吉駅 13:08着 14:38発
|            SL人吉号
熊本駅 17:14着

SL人吉号が発着する「熊本県」までの格安な行き方

SL人吉はかなり人気のある観光列車なので、日本各地から訪れる観光客の方も多いはず!

そこで気になるのが、SL人吉号が運行している熊本県内までの移動方法。

結論言いますと、遠方からの熊本までの移動は「飛行機」が最もオススメです!

試しに「東京〜熊本間」の移動にかかる費用・移動時間を、各交通手段ごとにまとめてみました。

東京〜熊本のアクセス方法

新幹線:移動時間5時間30分・費用27,000円前後

飛行機:移動時間約2時間・費用12,000円前後(一般航空の場合)

上記のように、東京から熊本間の移動は「新幹線」ですとかなりの時間・費用がかかってしまうため、オススメできません。

「新幹線の方が安いんじゃないか…」と思われがちですが、実は飛行機の方が半額近く安いんです!

ひろき
ひろき
交通費をさらに抑える方法があるので、ご紹介しますね!

東京〜熊本間は「格安航空(LCC)」を利用すべし

東京〜熊本間は「格安航空(LCC)」が就航しており、LCCを使えばなんと最安で「6,000円代」で熊本まで移動できてしまうんです!

僕自身もSL人吉号に乗車するときには「格安航空(LCC)」を利用したのですが、安さ・快適さ共に最高でした。

熊本空港を就航しているLCCは「ジェットスター」という航空会社でして、東京(成田)だけではなく大阪(関西空港)なども発着しているので、非常に便利です!

ジェットスターは熊本空港の他、鹿児島空港も発着しているので、SL人吉号の上り列車(熊本方面)に乗車する場合でも便利です!

ただし、LCCと聞くと、

旅人
旅人
格安なのは嬉しいけど、いくらなんでも安すぎじゃ…なんだか危なそうで怖いな…

上記のように思う方もいらっしゃると思います。

結論、そのような心配は全くなくて、LCCは一般航空と比べて「様々なコストカット策」を導入しているために、格安チケットが提供できているんです!

LCCのコストカット策

・空港内における駐機時間の削減

・オンライン予約移行による人件費削減

・座席数増席による輸送人数の増加

上記のような策を行なっているので、一般航空の半額近くでチケットを提供することが実現できているんです!

決して、安全性の欠陥があるわけではないので安心です!

東京〜熊本の格安航空なら「エアトリ」がオススメ

僕も航空券予約の際に使わせてもらっているのですが、格安航空(LCC)を予約するなら航空券比較サイトの「エアトリ」で予約するのがオススメ。

エアトリには、旅人には嬉しい「様々なメリット」があるんです!

エアトリのメリット

・「一般航空」と「格安航空」の価格差を一度に把握できる。

・入金前に限ってキャンセル無料なので、急な日程変更の場合でも安心!

エアトリの最もオススメなポイントは、入金前に限ってキャンセル・変更が無料で行える点。

旅行好きな人なら「航空券買ったけど、日程変更したいな…どうしよう…」という経験、一度はあるのではないでしょうか?

そんなトラブルも「エアトリ」なら予約から3日間まで(入金期限まで)はキャンセルが可能なので、急な日程変更にも柔軟に対応することができます!

ただし、LCCは格安でチケットを購入できる反面、人気も非常に高く、比較的早い段階で満席になってしまう可能性が高いので、早めにおさえましょう!

\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリでLCCを予約【格安】

⬇︎東京から鹿児島までの格安な移動方法・行き方ガイドはコチラ!⬇︎

東京から鹿児島の格安な行き方ガイド【2019年最新版】 上記のような疑問にお答えしていきます! 本記事を見れば、東京から鹿児島までの格安で早い行き方をしっかりマスターする...

SL人吉号 車内のあれこれ

SL人吉号はJR九州を代表するような「観光列車」ですので、車内設備・車内サービスも他の列車とは一線を画しています。

人吉号にしかないサービス・車内のあれこれに迫ります!

SL人吉号の車内販売

https://twitter.com/honey_piyo1632/status/911431153134927872

SL人吉の2号車には「車内販売スペース(ビュッフェ)」があり、食べ物・飲み物・人吉号のグッズなどを購入することができます。

品揃えも非常に豊富ですので、楽しめること間違いなしです!

ざっくりとした車内販売メニュー

・ソフトドリンク

・アルコール(地ビールがうまい!)

・おつまみ

・お弁当

・SL人吉号の限定グッズ

その中でもかなりの人気を誇っているのが、人吉号限定の86(ハチロク)弁当。

1日「30食」限定で発売されており、繁忙期には売り切れることもしばしばあるようです!

熊本県のブランド牛である「和王」を使用しており、ほとんど無添加の食材を用いているようです。

SLの車輪がお弁当箱に描かれているので、小さいお子様でも十分に楽しんで、食事を楽しむことができますね!

SL人吉号の車内で販売するお弁当に関しては、事前予約ができるようです。

お弁当を絶対に手に入れたい方は、事前に電話予約しておくようにしましょう!

SL人吉号の乗車証明書

SL人吉号に乗車すると「乗車証明書」をもらうことが可能です!

また車内に入って出発すると、車掌さんが車内検札で「指定席券」をチェックしにくるのですが、その時は「SL人吉号仕様」のスタンプを押してくれるので、旅の記念にもなるかと思います。

「乗車証明書」や「指定席券」は形として残るものなので、数年後にふと見つけた時に「懐かしいなぁ…」という思い出に浸ることができます。

それも旅の1つの醍醐味だと思いますので、しっかり自宅に持ち帰って、保管しておくのをオススメしますよっ!

SL人吉号の指定席を予約するときのコツ

続いて、「SL人吉号の指定席を予約するコツ」についてご紹介していきます。

SL人吉号が走る肥薩線・鹿児島本線は、非常に景色が綺麗ですので、絶対に窓側の席を確保することをオススメします!

上記の画像はSL人吉号の座席表なのですが、3両すべて「A席・D席」が窓側で「B席・C席」が通路側に設定されています!

ですので、SL人吉号を予約する際は窓際の「A席またはD席」を指定するようにしましょう。

ひろき
ひろき
みどりの窓口で予約を取る際「窓際でお願いします」といえば、駅員さんが対応してくれますよ〜!

欲を言えば、進行方向に向かって座るとより楽しめるかと思いますので、熊本行に乗車する場合はA席、人吉行に乗車する場合はD席を確保すれば間違い無いでしょう!

窓側:A席・D席   通路側:B席・C席

SL人吉号に乗車するなら「青春18きっぷ」がおトク!

SL人吉号は快速列車ですので、JR各社が季節限定で発売する「青春18きっぷ」というフリーパスでも、別途指定席券(520円)を購入すれば乗車することが可能!

青春18きっぷを使えば、普通乗車券を購入するよりもSL人吉号に「おトク」に乗車することができちゃうんです!

青春18きっぷって?

・JR各社が季節限定(春・夏・秋)で発売するフリーパス。

5回分(5日分)で11,850円で発売しており、1回分につき1日、JR全線の普通列車・快速列車が乗り放題になる!

・普通列車・快速列車の指定席なら、別途指定席券を購入すれば乗車可能。

→実質1日「2,370円」で全国のJR全線乗り放題!

青春18きっぷは、鉄道ファンの方にはもちろんのこと、旅行好きな方からも愛用されているフリーパス。

実質1日「2,370円」で乗り放題ですので、例えば熊本までSL人吉号に乗車し、終電まで乗り継いで本州方面に向かったとしても、乗車料金は2,370円!

青春18きっぷの利用期間

(春季用)発売期間:2019年2月20日(水)~2019年3月31日(日)
利用期間:2019年3月1日(金)~2019年4月10日(水)

(夏季用)発売期間:2019年7月1日(月)~2019年8月31日(土)
利用期間:2019年7月20日(土)~2019年9月10日(火)

(冬季用)発売期間:2019年12月1日(日)~2019年12月31日(火)
利用期間:2019年12月10日(火)~2020年1月10日(金)

ただし、青春18きっぷは季節限定のきっぷですので、販売期間・利用期間には十分に注意しましょう。

2019年の発売期間・利用期間に関してはすでにアナウンスされていますので、チェックしておきましょうね!

⬇︎青春18きっぷについての概要・詳細はコチラ!⬇︎

青春18きっぷの買い方や使い方、2018年の最新情報を徹底解説します!大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 今年で一人旅歴は9年目になります。 今回の記事で...

SL人吉号の特徴・予約方法・料金 まとめ

今回の記事では「SL人吉号の特徴・予約方法・料金」などについてご紹介しました。

鹿児島や熊本に行くなら、SL人吉号は是非乗っておきたい観光列車。

動態保存されている最も古い蒸気機関車を楽しむことができ、車窓から眺める景色も自然が多く、とっても綺麗です!

LCCを使えば、格安で熊本まで移動することができますので、是非一度足を運んでみて下さい!

 

ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。