ヒッチハイク

金欠暇人大学生がヒッチハイクをすべき6つの理由【ヒッチ歴5年の大学生が解説】

みなさんこんにちは!

夏休みに入りましたが、大学生の皆さんはいかがお過ごしですか?

 

『飲み会やサークルの合宿などでお金がなくて旅行できない!!!』

 

という大学生は、

 

ヒッチハイクをしましょう!!!!!

 

ヒッチハイクは基本的にお金がかからず、色々な人に出会い、色々な経験を積むことができます。

最初の1歩がなかなか踏み出せないとは思いますが、1度経験してしまえばこっちのもんです、慣れます。

 

今回の記事では、

 

金欠で暇人な大学生がヒッチハイクをする6つの理由

 

についてご紹介します!是非最後までご覧くださいね!

 

 

 



 

 

 

当ブログ管理人のヒッチハイク歴

 

自分は高校2年生の時にヒッチハイクを始めたので、今年でヒッチ歴5年(現在大学3年生)になります。

高校2年生の秋、旅行中に友人とノリでヒッチハイクをしたのが始まりで、そこから色々なところにヒッチハイクで旅するようになりました。

 

 

 

自分が今までヒッチハイクで行ったところを以下にまとめてみました!

 

・2014年秋 人生初ヒッチハイク in四国

・2015年春 北海道 稚内〜旭川 ヒッチハイク

・2016年冬 新潟県上越市〜大阪府 ヒッチハイク

・2017年夏 東日本&北海道1周ヒッチハイク達成

・2018年春 東京スタート〜紀伊半島1周ヒッチハイク達成

 

今年はヒッチハイクとキックボードで日本縦断する予定でしたが、

ブログに専念するため中止しました!!!

 

 

 



 

 

 

ヒッチハイクすべき理由① 金欠でも遠出することができる

 

ヒッチハイクして車に乗せてもらう場合、基本的に金銭を要求されることはありません!

自分はヒッチハイクで、これまでに50台以上の車に乗せてもらいましたが、

金銭を要求されたことは一切ありませんでした。

 

寧ろ、飲み物やお昼ご飯などをご馳走してもらうことが多々あるので、

お金に余裕ができてしまうことの方が多々ありますね!

 

『サークルや飲み会で旅行するお金がない!!!』

 

という大学生も、ヒッチハイクする勇気さえあれば

お金をかけることなく遠出することができます!

 

ヒッチハイクすべき理由② メンタルが強くなる

 

ヒッチハイクをやるときは道の横に立って、ボードを掲げて行き先をアピールします。

 

最初のうちは1回のヒッチハイクに時間がかかることが多く、

すれ違う車の運転手さんに嫌な顔をされることや、奇妙な様子でこちらを見てくる通行人もいます。

 

ヒッチハイクを初めて間もない頃はメンタルやられます、マジで。

ですが繰り返していくうちに、誰にどう思われようがどうでもいいという強靭なメンタルが身につきます。

 

メンタルを鍛えたい方はヒッチハイクおすすめですよ!

 

ヒッチハイクすべき理由③ 他人の目線を気にしなくなる

 

ヒッチハイクをしていると周りの人に変な目で見られるので、最初は嫌です。

ですが慣れてしまうと、他人の目線を全く気にすることなくヒッチハイクできるようになります。

 

『他人の目線を気にしない』

 

というのは非常に重要なことで、自分はヒッチハイクを通して

このスキルをある程度身に付けることができました。

 

『他人の目線ばかり気にし過ぎてしまうせいで、自分の本当にやりたいことできない』

 

という経験は誰しもが一度はあるのではないでしょうか?

自分も以前はそのことに悩まされていましたが、ヒッチハイクを通して

.自分の意思を尊重し、他人を気にせず物事を決断できる能力が身につきました!

 

ヒッチハイクすべき理由④ 自分に自身がつく

 

『自分はヒッチハイクでここまで来ることができた!!!』

 

という自信が身につきます。

 

大学生はヒッチハイクする人が多いとは言いますが、そうはいってもしたことがある人は少数なはず。

人ができないようなことを成し遂げると、自分の自信に直結します。

 

自分は2017年の夏に北海道と東日本をヒッチハイクで1周しましたが、

それが今では自分の自信になっていますよ!

 

『俺はヒッチハイクで日本半周できたから、チャレンジさえすれば何でも成し遂げることができる!!!』

 

という根拠のない謎の自信があります。

 

自分に自信があると何に対しても割と前向きになれるので、大きな強みだと思います。

 

ヒッチハイクすべき理由⑤ 色々な職種の人と出会うことができる

 

ヒッチハイクをしていると、かなり色々な職種の人と出会うことができます。

実際に自分がヒッチハイクで乗せてもらった方々の職種をまとめてみました。

 

・歯科助手の方

・自衛隊の方

・元警察官の方

・ミュージシャンの方

 

自衛隊の方には今までで4.5回乗せてもらいました。(謎)

その職種の内部事情などについてもコソッと教えてくれたりするので、面白いです。

 

就職のジャンルで迷っている方などは、ドライバーの方に将来について相談してみるのも良いですね。

初対面同士なので、お世辞などのないフラットな意見交換をすることができます。

 

ヒッチハイクすべき理由⑥ 話のネタ&就活のネタになる

 

『俺この間ヒッチで〇〇まで行ってきたんだぜー!!!』

と自慢することができます。

 

ヒッチハイクに興味を持つ大学生は割と多いと思うので、

ヒッチハイクの話をきっかけに人間関係が広がったりするので、嬉しいです!!!

 

また、就活の面接の時のネタにもなるようです!

就活の時の面接官は、野心があって行動力のある大学生が大好きなようで、

実際にヒッチハイクについて面接で話した先輩は、そのお陰もあって受かったとかなんとか。

(これに関しては実体験ではないので何とも言えませんが…)

 

終わりに 〜迷ったらとりあえずボードを買ってしまおう!〜

 

今回の記事では『大学生にヒッチハイクをオススメする6つの理由』についてご紹介しました!

いかがでしたでしょうか?

 

・お金がないけど旅がしたい!

・大学生だけど特にやりたいことがない!

・自分のねじ曲がった根性を叩き直したい!

 

という方は是非ヒッチハイクをやってみましょう!

 

お金もかからずに遠出できて、さらに色々な方と交流を持てるのでメリットだらけです!

 

ヒッチハイクを通して普段行かないような場所に行き、色々な人に出会うと

新しい目標、新しい自分に出会えるかもしれません。

 

人生に1回しかない大学生活なので、自分で自分の人生をもっと楽しくしていきましょう!

ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。