行き方ガイド

東京〜宮崎の格安な行き方ガイド【2019年最新版】

旅好き犬
旅好き犬
東京から宮崎まで格安で行く方法を知りたいワン!現地で贅沢したいから、なるべく安く行きたいワン!

 

上記のような疑問にお答えしていきます!

宮崎県は「高千穂峡」「青島神社」など数多くの観光名所が存在していまして、たくさんの魅力が詰まった所ですね。

宮崎に観光しに行くにあたって「現地で贅沢したいから、なるべく交通費を抑えて行きたいな…」思っている方もきっと多いでしょう。

結論、東京から宮崎を「格安」かつ「快適」に移動するなら「飛行機」が最もオススメです。

それに加え、片道の交通費を「数千円台」にまで抑えるとっておきの方法も存在していますので、そちらも徹底的に解説していきます!

東京から宮崎までの格安な行き方は「飛行機」です

移動手段を選ぶ際の重要なポイントは「安さ」「快適さ」「速さ」の3つ。

3つのポイントを総合的に判断すると、東京から宮崎までの最もオススメな移動手段は「飛行機」です!

飛行機よりも新幹線の方が安いんじゃないの…?」というイメージをお持ちの方もいると思いますが、断然飛行機の方が早くておトク。

ここでポイントになるのが、JALやANAなどの「一般航空会社」を使うのではなく「格安航空(LCC)」を使うことなんです!

一般航空とLCC

・一般航空▶︎ANA(全日空)・JAL(日本航空)など

・格安航空▶︎ジェットスター・バニラエアなど

格安航空を利用すれば、一般航空と比較すると「30%〜50%」ほど割安でチケットを購入することが出来るんです!

東京〜宮崎間はありがたいことに「ジェットスター」というLCCが就航していますので、そちらを利用するのが最もオススメです!

試しに、東京から宮崎の「一般航空」と「格安航空」のフライト価格(片道)を比較してみました。(予約日から1ヶ月後の価格を参考にしています)

一般航空:約16,000円

格安航空:約5,000円

私もびっくりなのですが、東京から宮崎の場合、格安航空の割引率が他の区間と比べてかなり目立ちます。

格安航空(LCC)を使えば、一般航空よりも「70%」ほど安く宮崎まで行くことが可能!

「交通費はなるべく抑えたいな…」という方でも、格安航空を使えば破格で移動することが可能なので、安心です!

格安航空(LCC)ってどうして安いの?

トゲ太郎
トゲ太郎
確かにLCCは安い。けどそこまで安いと心配になるなぁ…事故とか起こりそうで怖い…。

上記のように思う方が大半だと思います。

確かに「一般航空」と比較すると安すぎるので、安全性が欠けていないか心配になりますよね…(私自身もそうでした)

結論、格安航空の「安全性」はバッチリですので、一般航空と同様に安心して利用することが可能ですよ!

格安航空(LCC)は、一般航空会社が導入していないような「様々なコストカット策」を導入しているからこそ、格安でチケットを提供することができているんです!

LCCの様々なコストカット策

・空港内における「駐機時間」を削減している

・無料サービスの廃止・縮小を行い、コストを削減している

・オンライン予約へ完全移行し、人件費を削減している

・コスト削減のため、人気のある空港を避けて就航している

上記のようなコストカット策を導入しているからこそ、LCCは格安でチケットを提供することができているんです!

安いのにはしっかりした理由が存在していますので、安全性には全く問題なく、安心して利用することができますよ!

東京〜宮崎の格安航空予約は「エアトリ」がおすすめ


東京から宮崎までの格安航空は、航空券比較サイトの「エアトリ」で予約するのが最もオススメです。

筆者もよく利用しているのですが、エアトリには旅行好きの人にはたまらない「様々なメリット」が存在しているんです!

エアトリのメリット

・24時間365日、スマホがあればいつでもどこでも航空券の予約が可能

・「一般航空」と「格安航空」の価格差をいっぺんに把握することができる

・入金前に限って、航空券の「キャンセル」「変更」を無料で行うことができる!

エアトリの最も大きいメリットは、入金前に限ってキャンセル・変更を無料で行うことができる点。

旅行が好きな人であれば「日程変更したいんだけど、航空券をすでに予約してしまった…どうしよう…」なんて経験、一度はあるのではないでしょうか?

エアトリなら、予約後3日以内まで(入金期限)なら無料でキャンセルを行うことができるので、万が一の日程変更でも安心です!

ただし、格安航空はその安さゆえに、一般航空よりも圧倒的に早く満席になってしまう傾向があります。

搭乗日の2週間〜1ヶ月程前など、なるべく早めに座席を確保することをオススメします!

\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリでLCCを予約【格安】

東京から宮崎までの4つの移動手段・行き方

東京から宮崎までの移動手段は、主に以下の4つが考えられます!

東京から宮崎までの移動手段

①飛行機

②新幹線+在来線特急

③在来線(ローカル線)

④夜行バス

「飛行機」に関しては上記で解説したので、それ以外の移動手段について見ていきましょう!

東京から宮崎までの行き方② 新幹線+在来線特急

新幹線+在来線特急の費用・所要時間

乗車券(東京〜宮崎):16,410円

指定席特急券(東京〜小倉):9,130円

指定席特急券(小倉〜宮崎):2,170円

交通費合計:27,710円

移動時間合計:約9時間半

東京から宮崎までは「東海道・山陽新幹線」と「在来線特急(日豊本線)」を乗り継いで行くことも可能。

ただし、飛行機で移動する場合と比較すると、どうしても交通費が高くなってしまいがちです。

また、東京から宮崎までをJRで移動する場合、以下の2つの割引を利用することも可能です!

JR線を利用する際の割引

学生割引:学生が利用する場合で、片道営業キロが「101km」以上の場合、片道運賃が「2割引」になる。(学割証必要)

往復割引:往復乗車券を購入する場合で、片道営業キロが「601km」以上の場合、片道運賃が「1割引」になる。

上記の割引を両方とも駆使したとしても、割引されるのはせいぜい「3割弱」程度。

しかも割引が適用されるのは「乗車券部分」のみですので、指定席特急券は定価で支払う必要があるんです。

そのことを考慮すると、やはり「費用面」「時間面」で考えても「飛行機」を利用するのが最もおトクかと思います!

東京から宮崎までの行き方③ 在来線(ローカル線)

時間はかかってしまいますが、東京から宮崎までは「在来線(ローカル線)」で行くのも手かと思います。

JR各社が季節限定で発売している「青春18きっぷ」というフリーパスを利用すれば、かなり割安で宮崎まで移動することが可能なんです!

青春18きっぷって?

・JR各社が発売しているフリーパスのこと。

・5回分1セットで発売され、お値段は11,850円

・1回分につき1日、全国のJR前線の普通列車・快速列車が乗り放題になる

→実質1日「2,370円」で、JR全線のローカル線が乗り放題!

青春18きっぷは鉄道ファンだけでなく、多くの旅人にも愛用されているフリーパス。

青春18きっぷを使えば、時間をかけつつも格安で宮崎まで移動することができますよ!

青春18きっぷは1枚につき「1日間(24時間)」有効ですので、フル活用するためには始発から終電まで乗り継ぐのが最も良い方法。

東京駅を始発で出た場合、ローカル線を乗り継ぐとその日のうちに九州の「小倉」まで行くことが可能。

小倉から宮崎までは「5時間弱」で行くことができますので、青春18きっぷ2回分、つまり「約4,700円」もあれば東京から宮崎まで行くことができるんです!

青春18きっぷは格安で非常に便利なきっぷですが、もちろん注意点も存在します!

・新幹線&特急列車は利用することができない(乗車する場合、特急券と乗車券両方が必要。)

・季節限定販売(春・夏・冬)なので、利用期間が限られている

・バラでの発売は行われていない

青春18きっぷは、長期休暇などの季節限定で発売されるフリーきっぷです。

2019年の販売期間・利用期間に関しては既にアナウンスされていますので、下記をしっかりチェックしておきましょう!

青春18きっぷの利用期間

(春)発売期間:2019年2月20日~2019年3月31日
利用期間:2019年3月1日~2019年4月10日

(夏)発売期間:2019年7月1日~2019年8月31日
利用期間:2019年7月20日~2019年9月10日

(冬)発売期間:2019年12月1日~2019年12月31日
利用期間:2019年12月10日~2020年1月10日

また、青春18きっぷは「1回分」「2回分」などのバラでの発売は行われていません。

バラで青春18きっぷを入手したい場合は「ネットオークション」や「金券ショップ」などを利用するのがおすすめですよ!

たびねこ
たびねこ
twitterなどで直接、青春18きっぷの買い手を探すのも良いかと思うニャン!(直接取引を行うことになるので、定価に近い値段で入手できることがあります)

東京から宮崎までの行き方④ 夜行バス

東京から宮崎までは、残念ながら直通の夜行バスが出ていません。

夜行バスで移動することも可能ですが、ほとんどの夜行バスは「博多行き」ですので、博多から宮崎までは別の移動手段を使用することになってしまいます!

となると「夜行バス代金+博多〜宮崎の交通費」が必要になってしまい、結果的にかなり多額の交通費が必要になってしまいます。

ですので、あくまでも夜行バスは飛行機が満席だった場合の「補完的な移動手段」として考えるのが良いかと思います!

東京から宮崎までの行き方番外編 ヒッチハイク

こちらは番外編になりますが、東京から宮崎までは「ヒッチハイク」で行くことも可能かと思います。

筆者自身、高校2年生の頃にヒッチハイクの楽しさに気づき、大学2年生の夏にはヒッチハイクで「北海道&東日本一周」を達成しています!

東京から青森までは、ヒッチハイクで「2日間」ほどで到着することができましたので、東京から宮崎までは「4日間」ほどもあれば到着できるかと思います。

ヒッチハイクには様々なメリットがありますので、特に学生の方は、一度経験しておくと良いかと思いますよ!

ヒッチハイクのメリット

・行動力が身につく

・基本的に初対面の人と会話することが多いので、コミュニケーション能力が身につく

・交通費が浮く

筆者自身もヒッチハイクを何度か経験していますが、今まで「警察官」「自衛隊」「歯科助手」「社長」「ご夫婦」などたくさんの方と知り合うことができ、様々なお話を聞くことができました。

出会った人、一人一人の価値観や生き方を知ることができるので、圧倒的に人生の幅が広がるかと思います!

もちろん、ありがたいことに交通費がほどんどかからないので、金銭面でも非常にあり難いです。

乗せてくれたドライバーさんの方には、しっかりと感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう!

東京から宮崎までの行き方・移動手段 まとめ

東京から宮崎までの移動は「速達性」「コスト」などを考慮すると「飛行機(格安航空・LCC)」が最もオススメ。

飛行機の他にも「陸路」を使う移動手段がありますが、圧倒的に「速達性」に欠けており、交通費も飛行機と同じくらい必要になってしまいます。

LCCである「ジェットスター」を利用し、速くて安い旅を楽しみましょう!

\浮いたお金でプチ贅沢!/
▶︎エアトリでLCCを予約【格安】