行き方ガイド

東京から博多(福岡)まで圧倒的に安く行く方法!【2019年11月最新版】

旅好き犬
旅好き犬
東京から博多まで、なるべく安く早く行きたい… 飛行機は高そうだし、新幹線は時間かかりそうだし、どうしよう…

このような疑問にお答えしていきます。

東京から博多(福岡県)までの距離はざっと約1100km。

自分は博多まで行った経験が何度かあり、移動手段についても熟知しています。

東京から博多まで激安で行く方法をご紹介しますので、是非最後までご覧くださいね!

東京から博多の移動なら…

・東京から博多までは「新幹線」「飛行機」「夜行バス」「在来線」などの移動手段が挙げられる。

・東京〜博多はそこそこ距離があるので「夜行バス」「在来線」だと時間がかかってしまい、新幹線移動だと片道25,000円ほどの交通費がかかってしまう。

結論、東京〜博多間を格安かつ疲れずに移動できるのは飛行機。

・航空券をおトクに予約できるサイトは「エアトリ」「ソラハピ」の2つが挙げられる。

・事務手数料を比較すると、トータルで見て「ソラハピ」の方が安く航空券を予約することが可能!

・ソラハピは「業界最安値」を保証しているので、より安い金額で航空券を購入できるサイトを見つけた場合は差額返金可能なので、どこよりも安い!

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

\業界最安値なら!/
ソラハピで航空券を予約!【最安】

2019年10月の消費税引き上げに伴い、増税後(10%)の価格表記に変更しました!

【結論】東京から博多間はLCC(格安航空)が最もオススメ

結論申し上げますと、安さと速さの両方の観点から見ても、飛行機の利用が圧倒的にオススメです!

とはいえ、新幹線と比較するとやはり飛行機は値段が張るように思えます。

トゲ太郎
トゲ太郎
これだと飛行機だと新幹線より高いんじゃないかズラ…?

と思っている方も少なくないと思います!

しかし、航空会社選びを間違えなければ、新幹線よりも安く飛行機を利用することができるんです!

東京〜福岡間の飛行機は、LCC(格安航空)がオススメ

ANAやJALなどの一般的な航空会社はどうしても高くなりがちですが、LCCと呼ばれる格安航空の場合は、かなり費用を抑えることができるんです!

東京〜福岡間もLCCが就航しており、就航しているLCCは『ジェットスター』です。

ここでLCCと一般航空会社、新幹線の東京〜博多間の所要時間を比較してみましょう。

東京から博多 所要時間比較

LCC(格安航空:約2時間 (成田空港〜福岡空港)

・一般航空:約1時間50分 (羽田空港〜福岡空港)

・新幹線:約5時間(東京駅〜博多駅 のぞみ号利用の場合)

東京から博多 費用比較

LCC(格安航空):約7000円前後

・一般航空:約13000円前後

・新幹線:23,390円(乗車券+指定席特急券)

※消費税10%適用済

LCCと一般航空の所要時間がそれほど変わらないのに対して、費用の観点から比較するとLCCの方がだいたい6000円ほども安く費用を収めることが可能です!

ただし、ジェットスターが成田空港しか就航していませんので、成田空港まで行く必要があります。

東京駅からの直通バス(片道1時間、料金は1000円)が出ていますので、そちらを利用すると良いでしょう!

LCC(格安航空)が格安な理由

格安航空(LCC)は非常に安いですが、その安さ故に、

 

トゲ太郎
トゲ太郎
LCCってめっちゃ安いけど、事故りそうでなんだか怖いズラ…

 

このように心配に思う方も多いと思います。

結論、そのような心配は全くありません!

格安航空(LCC)は一般航空が実施していないような「様々なコストカット策」を導入しているので、格安でのチケット提供ができているんです!

LCCのコストカット策

・席数を多くして一度に大量輸送している

・無料サービスを縮小している

・駐機時間を短縮している

・人気の空港を利用するのを避けている

上記のような理由があるから、この安さが実現できています。

決して格安航空が一般航空会社と比べて危険な訳ではありませんので、安心してい利用することが可能です!

格安航空予約なら「ソラハピ」がオススメ!

格安航空(LCC)を予約する場合は、航空券比較サイトの「ソラハピ」が最もオススメです。

ソラハピのメリット

・24時間365日いつでもオンライン予約することができる。

日付を入力するだけで「一般航空」と「格安航空(LCC)」の価格差を一発で把握することができる!

入金前に限ってキャンセル可能なので、急な日程変更・予定変更があった場合でも安心!

・・業界最安値を保証しており、ソラハピ以外のサイトで安いチケットがあれば、20,000円を上限に差額返金してもらえる!

ソラハピの最も大きなメリットは、業界最安値を保証している点。

ソラハピ以外のサイトで同じ航空券が安く発売されていた場合、差額分を返金してもらうことが可能なんです!

つまり、ソラハピを利用すれば、どの航空券予約サイトよりも安くチケットを手に入れる事ができるんです!

よく比較される航空券予約サイトに「エアトリ」が挙げられますが、事務手数料を比較すると「ソラハピ」の方が安く設定されています!

最安で東京〜博多間を移動したいのなら、ソラハピでの航空券予約は必須ですね!

東京から福岡までは「JetStar(ジェットスター)」と「peach(ピーチエアビジョン)」の2社の格安航空が就航しています。

最安5,880~という破格で東京〜博多間を移動することができる一方で、格安航空はその安さ故に非常に人気で、席が埋まってしまうのが非常に早いです。

満席になってしまうと、格安航空の2倍ほどの値段の「一般航空」で行くことになってしまいますので、日程が決まり次第予約することをオススメします!

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

\業界最安値なら!/
ソラハピで航空券を予約!【最安】

東京から博多の行き方② 新幹線+在来線特急

新幹線の所要時間・交通費

・東京〜博多(乗車券):14,080円

・東京〜博多(指定席特急券):9,310円

・交通費合計:23,390円

・所要時間合計:約5時間

※消費税10%適用済

東京から博多までの最もオススメな行き方は「飛行機」ですが、新幹線で行くことも視野に入れることができます。

新幹線を利用するメリット

・駅から乗車するので、空港までわざわざ行く手間が省ける

・荷物検査等が無いので、気軽に乗車することができる

・受託手荷物(スーツケースなど)があっても費用がかからない

・「東海道・山陽新幹線」を利用することで乗り換えなしで行ける

新幹線には上記のようなメリットがあるので、飛行機よりも新幹線を利用したいという方は少なからずいらっしゃると思います!

そんな方のために、新幹線になるべく安く乗車する方法をご紹介しますね!

日本旅行の「ホテル+往復新幹線」パックが格安!

日本旅行の「JR往復+ホテルプラン」ですと、おトクに東京〜福岡間を移動することができます!

名目上は「ツアーパック」ですが、『決まった時間に集合して添乗員の案内を聞いて…』なんていうガチガチのツアーではなく、プランを購入すれば他は全て「自由行動」で行くことができます。

最安のプランですと、東京駅〜博多駅の往復新幹線+現地ホテル1泊付きで、29,800円になっています!

東京駅〜博多駅の片道費用が「22,950円」なのを考えると、往復だけで15,000円近くおトクに旅行できる計算になります。

ただし、日本旅行のツアーパックを利用する場合は、以下のような注意点も存在します!

JR+ホテルプランを予約する際の注意点

・21日前に予約する必要がある

・日によって価格が変動する場合があるので注意が必要

新幹線を往復で利用する場合は、他の割引とは比較にならないほどおトクに旅行することができますので、ツアーパックを利用することを圧倒的におすすめしますよ!

▶︎日本旅行でJR+ホテルパックを予約

東京から博多の行き方③ 在来線(青春18きっぷ)

青春18きっぷの特徴

・JR各社が季節限定(春・夏・冬)で発売するフリーパス。

5枚綴り(5回分)で発売されており、1回分で1日、全国のJRの普通列車・快速列車が乗り放題!

青春18きっぷは、シーズン限定でJRから発売されるフリーパスです。

5回分(5日分)で11,850円、つまり1日につきなんと「2,370円」で全JRの普通列車・快速列車が乗り放題になるんです!

ただし バラ(1回分など)では窓口で購入することができないので、バラ購入したい場合は「オークション」「金券ショップ」などで買う必要があります!

東京〜博多まで青春18きっぷで安く行きたい場合は、東京を始発電車で出発して普通列車・快速列車でひたすら西に進みます。

トゲ太郎
トゲ太郎
過酷ズラ
たびねこ
たびねこ
ずっと座っているのでお尻が痛くなるけど、安く抑えるならこれがオススメニャン!

東京駅の始発電車で西に向かえば、その日の終電までに九州の「小倉」まで行くことが可能です。

正直、ずっと乗りっぱなのでツライですが、3000円弱で行けるので破格です。

本気で節約したい方には、オススメしますよ\\\\٩( ‘ω’ )و ////

こちらでは「青春18きっぷ」の使い方について、動画で解説しています。

是非ご覧下さい!

ひろき
ひろき
チャンネル登録も、よろしくお願いいたします〜!

⬇︎青春18きっぷについての詳細情報はコチラ⬇︎

青春18きっぷの買い方や使い方、2018年の最新情報を徹底解説します!大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 今年で一人旅歴は9年目になります。 今回の記事で...

東京から博多の行き方④ 夜行バス

夜行バスの交通費・所要時間

交通費合計(東京〜博多):9,400円〜14,000円

所要時間合計:約16時間

東京から博多までは直通の「夜行バス」も出ていますので、移動手段の選択肢に入れることが可能です!

基本的には「東京駅」や「バスタ新宿」を出発し、翌朝というかほぼ昼に博多に到着します。

うーん、費用と所要時間を見てみると圧倒的に「格安航空(LCC)」よりも劣っています。

僕自身も何度か夜行バスを利用したことはありますが、長時間移動になればなるほど疲れますし、十分な睡眠を取ることができません…(4列シートの場合は特に)

東京から九州までの夜行バスは「オリオンバス」や「はかた号」などが有名ですが、どれも16時間近くの移動時間を必要とします。

もちろん「パーキングエリア・サービスエリア」での休憩はありますが、休憩時間を考慮したとしても16時間近い移動は圧倒的に疲労が蓄積します!

僕は東京〜広島間の夜行バスを利用したことがありますが、疲れすぎて翌日は行動する気力が湧きませんでした…

ですので夜行バスは、あくまでも「格安航空の補完的な役割」として、飛行機が埋まってしまった場合に利用するのが良いかと思います!

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

\業界最安値なら!/
ソラハピで航空券を予約!【最安】

東京から博多の行き方⑤ 長距離フェリー

フェリーの交通費・所要時間

交通費(東京〜北九州):18,050円(2等洋室)

所要時間合計:約36時間

あまり知られていないかと思いますが、実は東京から博多までは「長距離フェリー」で移動することも可能なんです!

東京から博多までは「オーシャン東九フェリー」が運行しています。

東京の有明を夜の19時ごろ出発し、四国の徳島県を経由し、翌々日の朝7時ごろに博多の東「門司」に到着します!

交通費・移動時間ともに格安航空(LCC)には劣ってしまいますが、普段使わないような移動手段で行きたい方にはオススメです!

筆者自身、「新日本海フェリー」「太平洋フェリー」といった長距離フェリーに乗船経験があるのですが、長距離フェリーの車内設備は思った以上に充実しているんです!

オーシャン東九フェリーの設備

・エントランスホール

・売店

・フォワードロビー

・リラクゼーションスペース

・大浴場(オーシャンビュー)

・展望デッキ

・キッズルーム

上記のように、オーシャン東九フェリーにはたくさんの設備が備えられています!

特に面白いのはフェリーの大浴場でして、船が揺れるたびに湯船が「ざぱーんざぱーん」とまるで波のように揺れるので、なかなかに面白いですww

まだフェリーに一度も乗船経験のない方は、是非検討して見てくださいね!

→オーシャン東九フェリーをチェック

東京から博多の行き方番外編 ヒッチハイク

ヒッチハイクのメリット

・行動力・決断力が身につく

・初対面の人と話すので、コミュニケーション能力が身につく!

・交通費がほとんどかからない

コチラは番外編なのですが、学生の方などは「ヒッチハイク」で東京から博多まで行くのにチャレンジするのもオススメです!

僕自身、高校2年生の頃に北海道稚内市(最北端)でJRが不通になり、そこで止むを得ずヒッチハイクを初めて行いました。

それから「たくさんの人に出会えて、色々な話を聞くことができる」ということに魅力を覚え、大学2年の夏にはヒッチハイクで「東日本&北海道一周」を達成しています!

「家族連れ」「トラック運転手」「外国人」「自衛隊」「歯科助手」「大学生」「警察官」など様々な方に乗せてもらい、色々なお話を聞くことができました。

圧倒的に価値観が広がり、学生時代の良い思い出にもなります!

僕は東京から青森県まで「2日間」ほどでいけましたので、2日間もあれば東京から博多まで行くことができるかと思いますよ!

僕たちヒッチハイカーが移動できるのは、言うまでもなく乗せてくれるドライバーさんのお陰です。しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。

 ⬇︎金欠大学生がヒッチハイクをすべき理由・メリットはコチラ⬇︎

金欠暇人大学生がヒッチハイクをすべき6つの理由【ヒッチ歴5年の大学生が解説】みなさんこんにちは! 夏休みに入りましたが、大学生の皆さんはいかがお過ごしですか? 『飲み会やサークルの合宿などでお...

⬇︎ヒッチハイク聖地「用賀」でのヒッチがオススメ出来ない理由はコチラ⬇︎

【ヒッチハイク聖地】用賀でヒッチハイクは無理!やめとくのが無難!みなさんこんにちは、旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 今回の記事では、ヒッチハイクの聖地である『用賀』...

東京から博多までは「飛行機(格安航空)」がベスト

今回の記事では、「東京から博多を格安で移動する方法」について解説しました。

結論、安さと速さを求めるなら飛行機(LCC)がオススメですが、新幹線のホテルのセットプランもオススメです。

それぞれのメリットを比較しつつ、自分に合った交通手段を選ぶようにしましょう!

最後までご覧くださりありがとうございました\\\\٩( ‘ω’ )و ////

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

\業界最安値なら!/
ソラハピで航空券を予約!【最安】

⬇︎東京から鹿児島まで格安で行く方法はコチラ⬇︎

【格安】東京から鹿児島まで圧倒的に安く行く方法【2019年10月最新】 上記のような疑問にお答えしていきます。 本記事を見れば、東京から鹿児島までの格安で早い行き方をしっかりマスターする...

⬇︎東京から長崎まで格安で行く方法はコチラ⬇︎

東京から長崎の格安な行き方ガイド【2019年最新版】 上記のような疑問にお答えしていきます! 「ハウステンボス」「軍艦島」「出島」などの観光地でも親しまれている長崎。 ...

⬇︎東京から佐賀まで格安で行く方法はコチラ⬇︎

東京から佐賀の格安な行き方を完全ガイド【2019年10月最新版】 そんな方のために今回は「東京から佐賀を格安で移動する方法」についてご紹介します! 佐賀はもちろん、長崎にも何回か行ったこと...
ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。