行き方ガイド

名古屋から福岡(博多)までの格安な行き方ガイド【2019年最新版】

旅好きな犬
旅好きな犬
名古屋から福岡まで、なるべく安く行きたいワン!

上記のような疑問にお答えしていきます。

福岡は水炊きにラーメンに、美味しいグルメが揃っていて人気の観光地。

そんな福岡に「なるべく安く移動したい…」と思っている方も多いでしょう!

そんな方のために、名古屋から福岡(博多)まで格安に移動する方法をご紹介していきます!

名古屋から福岡までの移動は…

・名古屋から福岡までは「新幹線」「飛行機」「在来線」「フェリー」などの移動手段を使うことができる。

・一見すると新幹線が一番便利そうだが、新幹線を利用すると片道20,000円近くの交通費がかかってしまい、高くなってしまう。

・結論、名古屋〜福岡間は飛行機が最も安くて早い。(最安片道7,000円〜)

・航空券の有名な比較サイトは「ソラハピ」「エアトリ」の2つが主に挙げられる。

事務手数料を比較すると、ソラハピの方が若干安く航空券を予約することができる。

・さらにソラハピは「業界最安値」を保証しているので、より安い金額で購入できるサイトがあれば、差額返金が可能!

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

\業界最安値保証!/
ソラハピで航空券を予約【最安】

【結論】名古屋から福岡(博多)までは飛行機が安い!

先述した通り、名古屋から福岡までの格安な移動手段は、新幹線ではなく「飛行機」です!

新幹線の方が安いんじゃないの…」というイメージがあるかと思いますが、「安さ」「早さ」の観点からすると、飛行機の方が圧倒的に優れています。

所要時間 交通費
新幹線の場合 約3時間30分 18,740円
飛行機の場合 約1時間20分 約11,000円〜

上記の表だけ見ても、飛行機の方が安くて早いのは一発で把握することができますね!

たびねこ
たびねこ
実は、これよりもさらに安く移動できる方法があるのにゃよ!

名古屋〜福岡間はLCC(格安航空)がダントツで安い!

上記で比較したのは「一般航空」を利用した場合の価格なのですが、格安航空(LCC)を利用すればさらに交通費を抑えることができるんです!

航空会社の2つの種類

・一般航空会社:ANA(全日空)・JAL(日本航空)など

・格安航空会社:JetStar(ジェットスター)・バニラエアなど

名古屋〜福岡間で就航しているLCC会社は「JetStar(ジェットスター)」の1つのみです。

一般航空会社と比べても、JetStarの安さはダントツです!

一般航空 格安航空(JetStar)
フライト価格 約11,000円〜 約7,000円〜

名古屋〜福岡の場合は格安航空の方が「30%」ほど安いので、確実にジェットスターがオススメです。

格安航空のフライト価格は予約時の空席によって左右されますので、基本的に早めに予約すればするほど、安くチケットを抑えることができますよ!

上記の画像は、航空券比較サイト「ソラハピ」の予約画面なのですが、圧倒的にジェットスターが安いのがお分りいただけるかと思います!

格安航空(LCC)ってなんで安いの?理由を解説!

トゲ太郎
トゲ太郎
格安航空は確かに安いズラ。けど安すぎると事故りそうで怖いズラ…

上記のように心配になってしまう方もいると思います。

しかし、格安航空(LCC)が安いのには以下のような明確な理由があるので、一般航空と安全性は全く変わりありませんよ!

格安航空が安い理由

・滑走路における駐機時間の削減

・窓口予約からオンライン予約への移行(人件費の削減)

・増席による輸送人数の増加

・無料サービスの撤廃・縮小

・有名な空港への就航を避ける

上記のような理由があるからこそ、LCCは格安な航空券を提供することができているんです!

安いのには明確な理由があるので、安心して利用することができますよ。

名古屋〜福岡の航空券予約は「ソラハピ」が最安!

名古屋から福岡までの航空券予約なら「ソラハピ」を利用するのが最もオススメ。

ソラハピには、他の予約サイトにはない以下のようなメリットがあるんです!

ソラハピのメリット一覧

・ネット環境があれば、24時間どこからでもチケット予約できる

・一般航空と格安航空(LCC)の両方に対応してるため、価格差が一目瞭然!

・入金前なら、航空券のキャンセルを手数料無料で行うことができる。

・「業界最安値保証」をしているので、他サイトでソラハピよりも安いサイトがあれば、差額を返金してもらうことが可能で、実質最安!

ソラハピの最も大きなメリットは、業界最安値を保証している点。

仮に他の航空券サイトで、ソラハピよりも安い金額で航空券が発売されていたら、その分の差額を返金してもらうことが可能。

ですのでソラハピを利用すれば、実質最安値で航空券を入手することができるんです!

最近では「エアトリ」なども人気の航空券予約サイトの1つですが、事務手数料を比較すると、若干ソラハピの方が安く設定されています。

安く航空券を入手したいなら、ソラハピでの予約は必須!

格安航空は人気が高くすぐに満席になってしまうので、遅くともフライトの2週間前くらいまでには予約するようにしましょう!

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

→ソラハピの公式サイトをチェック

\業界最安値保証!/
ソラハピで航空券を予約【最安】

名古屋から福岡(博多)までの「5つ」の移動手段!

名古屋から福岡まで移動する場合は、主に以下の4つの移動手段が考えられます!

名古屋〜福岡の移動手段

・飛行機

・新幹線

・フェリー

・在来線

・夜行バス

飛行機に関しては上記ですでにご紹介したので、それ以外の4つの移動手段について、それぞれ見ていきましょう!

名古屋〜福岡(博多)の行き方① 東海道・山陽新幹線

新幹線の所要時間・交通費

乗車券(名古屋〜博多):11,120円

指定席特急券(名古屋〜博多):7,620円

交通費合計:18,740円

所要時間合計:約3時間30分

名古屋から博多までは「東海道・山陽新幹線」が走っていますので、新幹線を使えば一本で行くことが可能です。

新幹線は乗り換えがない反面、所要時間・交通費共に飛行機の倍の金額が必要になってしまいます…。

空港まで移動するのが面倒な方は新幹線もおすすめですが、なるべく安く行きたい方はやはり飛行機(LCC)が最も推せますね!

名古屋〜福岡(博多)の行き方② 長距離フェリー

フェリーの所要時間・交通費

・乗車券(名古屋〜フェリーターミナル):3,670円

・名門大洋フェリー(大阪〜北九州):6,680円

交通費合計:約11,000円

所要時間合計:約14時間30分

あまり知られていない方法ですが、名古屋〜福岡まではフェリー移動もできます!

大阪のフェリーターミナルまでは在来線で移動し、大阪から北九州までは「名門大洋フェリー」で移動することが可能です。

ありきたりじゃなくて、ちょっと違った方法で移動したいな…」という方にはぴったりの移動方法ですね!

ただし、大阪と北九州を結ぶ「名門大洋フェリー」は夜行便ですので、新幹線や飛行機と比較すると「数倍」もの移動時間がかかってしまいます。

手取り早く移動したい方には、あまりおすすめできる移動手段ではありませんね…。

名古屋〜福岡(博多)の行き方③ 在来線(JR線)

在来線の所要時間・交通費

乗車券(名古屋〜博多):11,120円

所要時間合計:約14時間

名古屋〜福岡間は在来線も通っていますので、ローカル線を乗り継いで移動することも可能です。

JR各社が共同で発売している「青春18きっぷ」というフリーパスを使えば、名古屋〜博多間を格安で移動することが可能ですよ!

青春18きっぷって?

・全国のJRが共同で発売する、季節限定(春・夏・冬)のフリーパスのこと。

・5回分1セットで発売され、1セットの値段は11,850円

・1回分につき1日間、全国のJR線の普通列車・快速列車が乗り放題になる

→1回分で換算すると、1日「2,370円」でローカル線が乗り放題!

青春18きっぷは、鉄道ファンや旅人に愛用されているフリーパスです。

フリーパスなので、有効期限内であればどこまででも移動することができ、とっても便利でおトクなんですよ〜!

青春18きっぷをフル活用する場合、始発で名古屋を出発して「東海道線」を乗り継いで福岡を目指しましょう。

名古屋駅を始発で出発したとすると、その日の21時前後には博多駅に到着することが可能。

つまり、青春18きっぷ1回分(2,370円)で名古屋〜福岡間を移動することができてしまうんです!

このように超格安で移動することができる18きっぷですが「季節限定」ですので、利用期間には十分に注意しましょう。

18きっぷの利用&販売期間

(春用)発売期間:2019年2月20日~2019年3月31日
利用期間:2019年3月1日~2019年4月10日

(夏用)発売期間:2019年7月1日~2019年8月31日
利用期間:2019年7月20日~2019年9月10日

(冬用)発売期間:2019年12月1日~2019年12月31日
利用期間:2019年12月10日~2020年1月10日

また、青春18きっぷは1回分、2回分などのバラで購入することはできません。

バラで利用したい場合は、オークションや金券ショップなどを利用するのがオススメです!

青春18きっぷの買い方や使い方、2018年の最新情報を徹底解説します!大学生旅ブロガーのひろき(@guitar_journey_)です。 今年で一人旅歴は9年目になります。 今回の記事で...

名古屋〜福岡(博多)の行き方④ 夜行バス

夜行バスの所要時間・交通費

バス代:8,000円〜12,000円(日によって変動)

所要時間:約11時間

名古屋から博多までは、直通の夜行バスも運行しています。

しかし、夜行バスで名古屋〜博多間を移動するのはあまりおすすめできません。

そもそもバス片道運賃が「最低8,000円〜」と、飛行機(LCC)を利用した場合と比較しても割高に設定されています。

夜行バスは座席での移動になりますし、疲労が圧倒的に蓄積してしまいます。

移動時間・費用面を総合的に判断しても、やはり夜行バスを使うくらいなら飛行機(LCC)で移動する方が良さそうですね!

名古屋〜福岡(博多)の行き方番外編:ヒッチハイク

こちらは余談ですが、名古屋〜福岡(博多)はヒッチハイクで移動することも可能。

筆者自身、大学2年生の頃に「北海道&東日本一周ヒッチハイクの旅」を達成しています!

東京〜西日本方面へもヒッチハイクで移動した経験があるのですが、東京〜大阪間はヒッチハイクで「約24時間」で移動することができました。

ですので、うまくいけば名古屋〜福岡間は「2日前後」でヒッチハイク移動することが可能かと考えられます!

ヒッチハイクでは色々な人と出会うことができますので、特に学生さんなどにはとってもオススメですよ。

ヒッチハイクするメリット

・初対面の人と話す機会が増え、コミュニケーション能力が身につく

・色々な人と出会うことができる

筆者もこれまでにたくさんヒッチハイクをしましたが、「消防士」「警察官」「歯科助手」「社長」など、様々な人とのご縁がありました。

貴重な経験ができるので、気になる方は是非チャレンジしてみて下さいね!

金欠暇人大学生がヒッチハイクをすべき6つの理由【ヒッチ歴5年の大学生が解説】みなさんこんにちは! 夏休みに入りましたが、大学生の皆さんはいかがお過ごしですか? 『飲み会やサークルの合宿などでお...

名古屋〜福岡(博多)の格安な行き方 まとめ

今回の記事では「名古屋〜福岡への格安な行き方」についてご紹介しました。

「安さ」「移動時間の短さ」などを総合的に判断すると、最もおすすめできるのは飛行機。

格安航空(LCC)を利用すれば、どの交通手段よりも安く、そして快適に名古屋〜福岡間を移動することができますよ!

たびねこ
たびねこ
交通費をしっかり抑えて、現地でおトクに旅行するのにゃ!
ABOUT ME
ひろき
ひろき
2018年5月から、東証一部上場企業の子会社で仮想通貨メディアの執筆を開始、その後は仮想通貨メディアの運営・管理にも携わっています。 仮想通貨投資では、10万円の元手を200万円ほどに増やした経験もあり、ブロックチェーンの今後の発展に大きく期待しています。